【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 活動家(アクティビスト)について考えてみた | メイン | 東京都が野宿者女性と愛犬を強制排除しようとしています »


2012年02月06日

緊急院内集会「生活保護“改革”と求職者支援制度を考える ~本当の『自立』って、何だろう?~」(東京・永田町、02-24)

「第2回生活保護制度に関する国と地方の協議会」
第2回生活保護制度に関する国と地方の協議」撮影:中村順


緊急院内集会「生活保護“改革”と求職者支援制度を考える ~本当の『自立』って、何だろう?~」が、2012年02月24日(金)午後3時~5時衆議院第1議員会館・多目的ホールで開催されます。
わたし(喜八=中村順)もぜひ参加したいと思っています。
日本の「ナショナルミニマム」であり「最初で最後のセーフティーネット」ともいわれる生活保護制度改悪”の動きには大いに注目しておりますので…。

ちなみに以下はわたしが01月22日にツイートした文章です。

現在【自立】が福祉政策のキーワードだそうだ。けれども…わたしは思うのだ。「税金が飯のタネ」なる「公務員」は「自立」しているのか? 或いは雇われ人である「会社員」はどうか? そもそも私たち全員は本当の意味で「自立」していると言えるのか?

ほんとうの「自立」とは?
まともに考え出すと、かなりの難問です。
まあ、「世襲政治家」や「世襲企業経営者」(その他もろもろ)が「自立」などしていないことは一目瞭然ですが(そのわりに自己過信の人が多い…)。
そもそも「完全に自立している」者など地球上に1人もいないのかもしれません。
あらゆる人間は他者、社会、究極的には自然によって「生かされている」のですから。


NPO法人 もやい」ウェブサイトから2/24院内集会情報を転載させていただきます。

(★転載開始★)

 生活保護問題対策全国会議では、以下の通りの緊急院内集会を開催します。

 多くの方のご参加をお待ちしております。


緊急院内集会******************
生活保護“改革”と求職者支援制度を考える
  ~本当の「自立」って、何だろう?~
*************************


PDFチラシはこちらからダウンロード

 生活保護受給者が増え続ける中、生活保護制度に関する国と地方の協議審議会は、昨年12月「中間とりまとめ」を発表しました。そこでは、「働ける」とみなされた生活保護受給者に対し、求職者支援制度(※)の利用を義務付け、反した場合には生活保護の打ち切りもあり得るという“改革”案が提案されています。

 しかし、現在の求職者支援制度は、カゼで1日休んだだけで医療機関で受診していなければその月の給付が打ち切られるなど、制度上も運用上も大きな問題を抱えています。こんな制度の利用を義務付けられたのでは、安易な制度利用の強要やこれに基づく保護打ち切りなど、「有期保護」以上に過酷な結果になるのではないでしょうか?

 全国の支援団体等の協力で集めた、稼働年齢層の生活保護利受給者897名のアンケート分析結果の発表をはじめ、この問題の専門家・当事者の声を、ぜひとも聞いてください。
 本当に問題を解決するためにはどうすればいいのか、ともに考えましょう!

求職者支援制度とは
職業訓練の受講を条件に月10万円の生活費が支給される制度で、昨年10月に法制度化されました。

【プログラム】(敬称略・順不同)
1.リレー講演(各30分)

 稼働年齢層受給者897名のアンケート分析結果から見えるもの
    by木下武徳さん(北星学園大学准教授)
→全国の支援団体の協力を得て集めた、稼働年齢層の生活保護受給者
アンケートを気鋭の研究者が分析。その結果を発表します。
  897名もの当事者の声の分析は、おそらく日本初であり圧巻!

 求職者支援法の制度上・運用上の問題点について
    by河村直樹さん(全労働省労働組合 中央副執行委員長)
 →「第2のセーフティネット」として発展が期待される求職者支援制度。
   しかし、その運用実態には様々な問題が・・・。
   現場に詳しい専門家が最新情報を報告!

 求職者支援制度の利用を義務付けることの問題点について
    by布川日佐史さん
     (静岡大学教授、生活保護制度の在り方に関する専門委員会委員)
 →「働くこと」だけが「自立」ではない。制度利用をづけることは、
理論上も実際上も問題あり。ベテラン研究者が一刀両断!

2.生活保護・求職者支援制度利用当事者の方々の声

【開催概要】

日時 2012年2月24日(金)15:00~17:00
場所 衆議院第1議員会館 多目的ホール
  一般参加の方は14時45分から上記会館1階ロビーで通行証を配布します。

【主催】生活保護問題対策全国会議
  (連絡先)〒530-0047 大阪市北区西天満3-14-16西天満パークビル3号館7階
      あかり法律事務所
       弁護士 小久保哲郎(TEL 06-6363-3310 FAX 06-6363-3320)


もやい〉 を 資金カンパで ご支援ください。オンラインで簡単にできます(「VISAカード」、「Masterカード」)。

(★転載終了★)



小宮山洋子厚生労働大臣。撮影:中村順


スポンサードリンク


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


Amazon : 生活保護


投稿者 kihachin : 2012年02月06日 12:00

« 活動家(アクティビスト)について考えてみた | メイン | 東京都が野宿者女性と愛犬を強制排除しようとしています »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4556