【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 緊急院内集会「生活保護“改革”と求職者支援制度を考える ~本当の『自立』って、何だろう?~」(東京・永田町、02-24) | メイン | 「路上の猫たち」写真展示@「もやい」こもれび荘(東京・飯田橋) »


2012年02月08日

東京都が野宿者女性と愛犬を強制排除しようとしています

カレーライス調理、準備中
(※野宿女性主催のお祭りでご馳走していただいたときの写真です…)


都内の公園でテント暮らしをしている女性愛犬東京都により無理やり追い出されそうになっています(※詳しくは下記の情報をお読みください)。
管理事務所側は女性に対して「犬を保険所に引き渡せ」と言い放ったそうです。
これは事実上「殺せ」とおなじことです。
仔犬のころから9年間もいっしょに暮したワンコを「殺せ」とは、言語道断な人権侵害だとわたし(喜八=中村順)は思います。
相手が「ホームレス」状態の人だったら何を言ってもいい、という感覚が行政側にはあるのでしょうか…?

わたしは、公園内ブルーテント村の人たちにはたびたびご馳走になるなどお世話になっておりますので、排除されそうになっている女性と犬さんを断固応援させていただきます。

以下は関係者からのお知らせです。
少し古い情報となっておりますが、拡散協力します。

(★転載開始★)

以下転送可
***************************
 代々木公園にテントで暮らしているUさんが、出火を理由にして東京都から、明日7日に退去するよう迫られています。退去の通告を受けたのは《2012年》2月1日。Uさんは「他にどこも行くところはないのに、何処へ行けというのですか!」と、東京都に何度も応じられないと伝えました。それを全く受けとめず、東京都は2月8日に強制撤去するとUさんに言っています。
 明日7日14時から代々木公園管理センターで、強制撤去の撤回を求めて東京都公園緑地部と交渉します。

 みなさん、明日7日午前中までに、東京都建設局公園緑地部へ抗議のファックス・電話をしてください。
FAX 0353881532
TEL 0353205363
担当者 公園緑地部適正化推進担当課長 後藤謙二

 Uさんの退去期限は明日7日、撤去は8日の予定と緊迫しています。明日の交渉次第では、8日朝の集結を広く呼びかけさせていただくかもしれません。その時はよろしくお願いします。(堅川のテント村、荒川のテント村も大変な時ですが、、)


~~今までの経過~~~
 U さんは、現在、テント村で愛犬と共に一人暮らしをしている女性です。1月29日にUさんのテント外から出火し、火事は幸い、周りの人の協力もあり、テントの 一部を焼失しただけで鎮火しました。その際、Uさんは、手と足の裏に火傷を負いました。また、公園外から火が見えたらしく、近隣住民の通報により、消防車 が数台来て、鎮火作業(すでに弱火になっていたそうですが)をしました。出火の原因は、不明です。
 2月1日に管理センター側が、Uさんに対し、火事を理由に2月7日までに公園からの退去を求める文書を持ってきました。(添付あり)
 2006年秋、アパート移行事業後にまばらに点在しているテント小屋を管理センター側が一か所にまとめるために代替地を用意しました。代替地に移る時には誓約書に 署名を強要させられました。(添付あり)今回の退去・撤去勧告は、その誓約書に基づいている、というのが相手側の主張です。しかし強要されて署名させられ た誓約書の法的根拠はきわめて曖昧です。また、誓約書には 「自主的な退去」とは書かれていますが、今回のような強制退去を示す文言はありません。

 Uさんは大型犬(元々捨てられた子犬だった)と9年共に暮らしてきましたが、その犬に対して、事務所側は「保険所に引き渡せ」と言ったそうです。Uさんは犬と共にこのままテントで暮らすことを強く望んでいて、このような要求は、とうてい応じられるものではありません。
 火事という弱み(負い目や精神的肉体的なショック)につけこむ許しがたいやり方です。
 Uさんは、2月4日に、渋谷の野良猫や犬の世話をしている人と、同じテント村の私たちと共に、管理センターで、この件について話し合いを持ちました。話し合いでは、代々木公園管理センター管理係長(渡辺) は、自分には何も権限がない、と言うばかりだったため、事案を決定したという、東京都建設局緑地部適正化推進担当課長(後藤)に、渡辺係長からこちらの考えをきちんと伝えてくれ、という形になりました。
 しかし本日、後藤課長の返答を渡辺係長に聞きにいったところ、こちらの状況や主張を全く受け止めていない以下の内容でした。
「警告書(通告書のこと)のとおり2月7日までに退去して下さい。福祉事務所に充分相談して下さい。2月8日に最後通告をして撤去します。所有物はサービスセンターで保管します。」
  Uさんは、話し合いの間中顔を手で覆い「死ぬしかないのですか」と言っていました。渡辺係長に、現場を知るものとしてUさんの状況や気持ちをきちんと後藤課長に伝えるように求めました。Uさんは、本日、渋谷区福祉事務所に行きましたが、犬と一緒に入れるようなところはない、と断られました。

 明日、14時から管理センターで後藤課長との話し合いを持つことになりました。Uさんへの退去、撤去の撤回を求めていきたいと思います。
~~~~~~~

明日の話し合いに向けて、抗議のFAXを東京都建設局公園緑地部に送ってください。よろしくお願いします!

~~~~~~
2012年2月6日

転送以上

(★転載終了★)


(※以下ふたたび喜八=中村順)
このところ行政による強圧的・暴力的な「野宿者排除」が多発しています。
あきらかに異常事態です。
これに対して「彼らは『ホームレス』だから、排除されてもしかたない」などと考えるのは完全に間違いでしょう。
「明日は我が身(が弾圧されるかもしれない?)」という想像力が必要な時代だと思うのです…。


スポンサードリンク


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンをよろしくお願いします。

(※上の猫画像は「ImageChef イメージクリエーター」で製作しました)


Amazon : 原子力発電


投稿者 kihachin : 2012年02月08日 12:00

« 緊急院内集会「生活保護“改革”と求職者支援制度を考える ~本当の『自立』って、何だろう?~」(東京・永田町、02-24) | メイン | 「路上の猫たち」写真展示@「もやい」こもれび荘(東京・飯田橋) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4558

このリストは、次のエントリーを参照しています: 東京都が野宿者女性と愛犬を強制排除しようとしています:

» 再臨界防止で硼酸水注入と空白の送電線地図 from 逝きし世の面影
『2号機温度、68.5度と高止まり続く−再臨界防止で未明にホウ酸水』 東京電力の福島第一原子力発電所2号機原子炉の温度が再上昇した問題で、東電は7日注水量... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2012年02月09日 10:37