【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 東京・高円寺「猫の額」「猫ちぐら」を写真入りで紹介! | メイン | 「求職者支援制度の問題点を探る 生活保護との連動に危惧」「社会新報」2012年3月28日号掲載記事の紹介 »


2012年03月26日

「路上の猫たち」写真(前期展示16枚)

わたし(喜八=中村順)が撮影した「路上の猫たち」写真を「NPO法人 もやい」が運営する「サロン・ド・カフェ こもれび」(東京都新宿区新小川町8-20/JR飯田橋駅より徒歩10分/地図)で展示していただいています。
今後は2012年04月14日(土)04月21日(土)04月28日(土)午前11時~午後5時のあいだ展示されます。
これ以外の日時には入場できませんので、ご注意ください。

下に掲載する写真16枚は「前期(02/25、03/03、03/10、03/17)」に公開したものです。
04月は「後期」展示期間として、全て別の写真に入れ替える予定です。

サロンで「路上の猫たち」写真展(撮影:喜八さん)を開催します!
(特定非営利活動法人 自立生活サポートセンター・もやい)


以下の16枚は「前期」に展示していた「路上の猫たち」写真です。
写真はクリックすると大きくなります。

三匹

陽だまりでくつろぐ三匹。
おそらく親子(三毛母、縞白こども×2)で地域猫。
三匹ともに耳のはしっこがカットされています。
「避妊手術済み」のしるしでしょう。


おきつね三毛

「おきつね三毛」さん。
最初のころはキツネのようなキツイ表情だったので命名しました。
慣れてくるにしたがって、写真のような柔らかい表情を見せてくれるように…。


ビー

「ビー」さん。おきつね三毛さんのこども。
期間をかけて仲よくなり近くに行けるようになりました。
でも最近はビーさんとおきつね三毛さんの姿が見えません…。


エー

「エー」たん。おきつね三毛さんのこども。
なぜかこの子だけ「さん」でも「くん」でもなくて「たん」づけ。
それだけ可愛いということですね。
この頃は独りぼっちのエーたん…。 


スル、マサムネ

植え込みの中に黒白猫「マサムネ」くんを発見!
よくよく見ると奥にスルドイ目つきの三毛「スル」ちゃんもいました。
いわゆる「猫の恋」シーズン最中のできごと。


フワ

用心深い「フワ」ちゃん。
自転車置場近くや植込みの中にいる時だけ撮影できます。
フェンスの向こう側、駐車中のクルマの下といった場所も路上の猫撮影ポイントです。


ヒデヨシ

迫力の「ヒデヨシ」くん。
ますむらひろしの漫画シリーズ「アタゴオル物語」主人公「ヒデヨシ」にちなんで命名。
意外にも多くの人たちの人気を集めています。


アイ

アンニュイで哀愁ただよう「アイ」ちゃん。
繁華街にある小公園の植え込みでよく日向ぼっこをしている。
きまった時間帯に誰かからご飯をもらっているらしい印象。


チャトラン

多摩川河川敷に小屋掛けして暮らすKさん(60代男性)のもとには10匹前後の猫がいます。
その中のリーダー格が「チャトラン」です。
優しくて頭のいい女の子。


多摩ネコ

多摩川Kさんと共に暮らす猫。
野良猫ではないのだけれど、とってもワイルドな雰囲気。
実際、Kさんの猫さんたちはハンティングも得意で鳥や小動物を獲ります。


ストレッチ

初対面にもかかわらず何故かとっても人懐こく、目の前の路上でフルストレッチをしてくれた若猫さん。
わたしも路上にへばりつくようにしてローアングル撮影。


にゃんぎらす三毛

年季の入った野良の「にゃんぎらす」三毛さん。
至近距離でマクロモードを使って撮影。
その後、この子は優しい女性に引き取られ、一緒に暮らしているそうです。


上品な三毛

上品な三毛をアパート外階段の裏側から撮影。
このように猫とヒトのあいだに物体があると、近づきやすいように思います。
路上の猫撮影は「まず近づくこと」から。


親子

ふだんは通らない路地に「もしかしたら猫に会えるかも?」と勘が働いて入ってみた。
勘が的中! 親子猫に遭遇しました。
わたしの「ネコ勘」も冴えてきた!


親猫

小柄なまだ若い親猫。
仔猫の時期を脱したくらいの年齢に見える。
「初対面」にもかかわらず撮影成功したのは、植込みの中、フェンスの向こう側という条件があったから?


仔猫

仔猫は2匹いたけれど、そのうちの1匹だけ撮影成功。
人をあまり怖がらないのは「飼い猫」だからという可能性もある。
その後は見かけない。家の中にいるのかな?


もう一度。(=^・^=)
わたしが撮影した「路上の猫たち」写真を「NPO法人 もやい」が運営する「サロン・ド・カフェ こもれび」(東京都新宿区新小川町8-20/JR飯田橋駅より徒歩10分/地図)で展示していただいています。
今後は2012年04月14日(土)04月21日(土)04月28日(土)午前11時~午後5時のあいだ展示されます。
これ以外の日時には入場できませんので、ご注意ください。

上に掲載した写真16枚は「前期(02/25、03/03、03/10、03/17)」に公開したものです。
04月は「後期」展示期間として、全て別の写真に入れ替える予定です。

なお「サロン・ド・カフェ こもれび」には週替わりランチ(飲み物付き350円)、おやつ(飲み物付き200円)、自家焙煎コーヒーなど各種飲み物(100円/2杯目からは50円)が用意されています。
わたしのつたないシロウト写真はともかく…。
サロン・ド・カフェ こもれび」は素敵なコミュニティカフェですので、どうぞお気軽にお越しください~。

サロンで「路上の猫たち」写真展(撮影:喜八さん)を開催します!
(特定非営利活動法人 自立生活サポートセンター・もやい)


スポンサードリンク


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。どうぞ、お気楽にご参加ください。


Amazon : 枝元なほみ


投稿者 kihachin : 2012年03月26日 12:00

« 東京・高円寺「猫の額」「猫ちぐら」を写真入りで紹介! | メイン | 「求職者支援制度の問題点を探る 生活保護との連動に危惧」「社会新報」2012年3月28日号掲載記事の紹介 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4593

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「路上の猫たち」写真(前期展示16枚):

» 京都妖怪探訪(169):お別れ地蔵 from 小路のヲタク草紙
[画像]  3月ももうすぐ終わりです。  日本ではこの時期、多くの別れがあります。  今回はそんな時期にふさわしそうなスポットを紹介します。  その名も「... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2012年03月28日 17:50