【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「多摩川に生きる猫 二人展 ~いのちの時間~」(東京・高円寺、03月16日~20日) | メイン | 北村年子『「ホームレス」襲撃事件と子どもたち いじめの連鎖を断つために』 »


2012年03月18日

「サロン・ド・カフェこもれび」訪問、新宿西口スタンディング(写真)

2012年03月17日(土)に「NPO法人 もやい」が運営するコミュニティカフェ「サロン・ド・カフェ こもれび」を訪れ、そのあと新宿西口での「反戦・平和・脱原発意思表示」に参加しました。
その際に撮影した写真をゆるりとアップロードします。


以下4枚の写真撮影は喜八(中村順)です。
写真はクリックしても大きくなりません(※関連するウェブページにリンクが張ってあります)。

路上の猫たち

わたし撮影の「路上の猫たち」写真を「サロン・ド・カフェ こもれび」(東京都新宿区新小川町8-20/JR飯田橋駅より徒歩10分)で展示していただいてます。
今後の展示は04月14日(土)・21(土)・28日(土)午前11時~午後5時です。
上記以外の日時には入場できませんので、ご注意ください。
猫写真を見るのはもちろん!無料です。
サロン・ド・カフェ こもれび」には週替わりランチ(飲み物付き350円)、おやつ(飲み物付き200円)、自家焙煎コーヒーなど各種飲み物(100円/2杯目からは50円)が用意されています。
なお、03月17日まで展示していた猫写真(16枚)は、後期(04/14、04/21、04/28)は全て別の写真に入れ替えます。
前期(02/25、03/03、03/10、03/17)に公開した写真は近日中に当ブログにて紹介する予定です。

サロンで「路上の猫たち」写真展(撮影:喜八さん)を開催します!
(特定非営利活動法人 自立生活サポートセンター・もやい)


サロン・ド・カフェ こもれび

サロン・ド・カフェ こもれび」の禁煙・お座敷ルームでくつろぎ中(※猫写真展示は隣りの「喫煙可・テーブル&椅子ルーム」で行なわれています)。
この日(03/17)は冷たい雨が降る中、大木晴子さん・「新宿西口スタンディング」なかまのA子さんとGさん、東京・山谷(さんや)で生活困窮者を支援する「ほしのいえ」に関わられている牧師の中沢譲(なかざわ ゆずる)さん、カトリックのUさん、山口静子(やまぐち しずこ)さん、Sさん(社会学研究者)、Oさん(作家)など少なからぬ知り合いの方々が「もやい・こもれび荘」にいらっしゃいました。
以上の人たちの多くが「こもれび荘に来てみたかったけれど、これまで機会がなかった」ということでした。
わたしのシロウト写真がきっかけで、友人知人の皆さまと「もやい」に、ささやかな「つながり」ができたなら、嬉しい限りです…。


サロン・ド・カフェ こもれび

サロン・ド・カフェ こもれび」の「喫煙可・テーブル&椅子ルーム」で歓談されていた方たちの写真を(お顔を写さずに)撮らせていただきました。
その中に、つい先ごろ「新宿西口スタンディング」に参加された方もいらっしゃいました。
それで大木晴子さん・A子さんが「ここでお目にかかれるとは! 奇遇!」と驚いていました。
わたしも「先々週の土曜日、新宿西口地下でお見かけした方だな~」とぼんやり思いました…。
それぞれの人が思いを持って、さまざまな場所に足を運ぶ。
「偶然」もしくは「縁」によって、人々がつながってゆく。
きわめて玄妙な、不思議な世界の在り方だなあと、改めて思います。


喜八

夕方からは新宿に移動して、西口の雑踏に立ち、反戦・平和・脱原発の意思表示をしました。
写真は《すくえ! 福島》アピールをするわたしです(字がヘタですね…汗)。
例によって大木晴子さんに撮影していただきました。
大木さん! いつもいつもお世話になりっぱなしです。
感謝しております~。ありがとうございます!
ちなみに大木晴子さんのウェブサイト「明日も晴れ!」は最近アクセス数がウナギ上りに急増中だそうです。
それだけ「原発」や「平和」問題への関心が高まっているということなのでしょうね。
これまで「デモ」や「運動」に縁がなかった方たちが新規に大木晴子さんホームページの読者になっているようです。
それも、かなりの人数が…。
社会は、世界は、きっと変えられる。よい方向に
そんな実感を抱きつつ、当エントリを終わります。


スポンサードリンク


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンをよろしくお願いします。

(※上の猫画像は「ImageChef イメージクリエーター」で製作しました)


Amazon : 原子力発電


投稿者 kihachin : 2012年03月18日 12:00

« 「多摩川に生きる猫 二人展 ~いのちの時間~」(東京・高円寺、03月16日~20日) | メイン | 北村年子『「ホームレス」襲撃事件と子どもたち いじめの連鎖を断つために』 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4586

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「サロン・ド・カフェこもれび」訪問、新宿西口スタンディング(写真):

» 京都妖怪探訪(167):管公命日の天満宮2011年(前編) from 小路のヲタク草紙
[画像]  この冬は寒く例年よりも少し遅くなったようですが、今年もそろそろ梅の時期になりました。  そして梅と言えば、菅原道真さんです。  本シリーズでは... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2012年03月19日 18:55

» 「日本人とは何か」加藤周一と吉本隆明 from 逝きし世の面影
加藤周一1919年〜2008年(大正8年〜平成20年) 日本人を『一言』で説明すれば、『国学』の本居宣長以来『日本人とは何か』との問いを、しきりに発して倦... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2012年03月21日 10:11