【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 【猫の写真】フワフワさん | メイン | 「路上の猫」写真展示@「もやい」こもれび荘が終了しました。ありがとうございました! »


2012年04月26日

【転載】『第32軍首里司令部壕の説明板から削除された「慰安婦」の記述復活を求めます!!』(「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクション・センター)

たんぽぽ
(※写真はクリックすると大きくなります。本文とは関係ありません)


沖縄県が、那覇市・首里城公園の「第32軍司令部壕」説明板から、「慰安婦」「住民虐殺」を削除した問題に関するシンポジウムが2012年04月22日開催されました。

32軍壕「慰安婦は史実」検討委が反論
(「沖縄タイムズ」2012年04月23日)

この問題について『「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクション・センター(通称: VAWW RAC/バウラック)』(※)は4月11日仲井真弘多(なかいま ひろかず)沖縄県知事に抗議文を郵送しました。

《※VAWW RAC について: 「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクション・センター(Violence Against Women in War Research Action Center)、通称VAWW RAC(バウラック)は、1998年6月に発足して以来、13年間活動を続けた「戦争と女性への暴力」日本ネットワーク(VAWW-NETジャパン)を発展改称して、2011年9月に新たな第一歩を踏み出しました》

民間人を含む多大な犠牲者をだした沖縄戦を説明する文章から「慰安婦」「住民虐殺」を削除した。
そこには「今後もおなじような間違い(戦争犯罪)を繰り返す」という意図があるのか? と疑いたくなります。
これは「些細なこと」ではけっしてなく、安易に見逃してはいけない問題です。
慰安婦」や「住民虐殺」は、今後「絶対に繰り返してはならないこと」であり、そのためにも「『なかったこと』にしてはいけない」とわたし(中村順)は思うのです。


「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクション・センター」の方から送っていただいた抗議文(最終版 2012.4.22)を転載させていただきます。

(★転載開始★)

沖縄県知事  仲井真 弘多 様

第32軍首里司令部壕の説明板から削除された
「慰安婦」の記述復活を求めます!!
 
 沖縄県は、那覇市の首里城公園に設置した第32軍司令部壕説明板から「慰安婦」の文言を削った。日本軍が残した陣中日誌や米軍資料、住民の証言からも、第32軍司令部壕に「慰安婦」がいたことは明らかであり、「明確にそこに慰安婦がいたという事実を証明する文献、書類がない」という削除理由は全くの嘘である。

第32軍の司令部は、「天ノ巌戸戦闘司令部」とも言い、「天ノ巌戸戦闘司令所取締ニ関スル規定」昭和20年5月(沖縄県公文書館で「日々命令綴」として公開)には、第32軍参謀本部が出していた会報「球軍日々命令」が記される。

 5月10日付け球軍日々命令107號には、5月10日に壕内の女性の撤退が開始されたとあるが、これは、米軍の攻撃を受け、司令部壕を放棄し摩文仁に撤退する命令であった。
撤退はグループごとに時間差をつけて行っている。第一梯団は「筆生及打字手(タイピスト)」の平敷町子以下20名、第二梯団は「筆生及雑使」の高江洲カメ以下16名、第三梯団は徳田カメ以下26名、第四梯団は偕行社の水石一登以下13名とある。この第三梯団の女性たちは「若藤及病院」とあるが、「若藤」こそ「若藤楼」であり、「慰安婦」にされた女性たちである。彼女たちのことは、『沖縄決戦』にも、「洞窟内には・・・辻町の料亭若藤の遊女十数名が収容されていた」と記されている。彼女たちは第四坑道から出発し、輿座の第24師団(山部隊)へ移動し、引き継がれた。

 この資料からも、第32軍司令部壕に「慰安婦」がいたことは明らかであり、「明確にそこに慰安婦がいたという事実を証明する文献、書類がない」というのは明らかな嘘である。

 第32軍は沖縄に多くの慰安所を設置し、そこに多くの朝鮮人女性や日本人女性が「慰安婦」として入れられた。これらの事実は多くの戦記や資料で記録されているばかりか、当事者の証言もあり、否定できるものではない。

 慰安所とは、「一般女性」たちを守るとの理由をあげ、いわゆる「性」の「防波堤」として用いられたものである。そもそも沖縄戦当時、沖縄県は、強くこれらの組織の受け入れを強く拒否してきた。にもかかわらず、日本軍は、沖縄県の辻遊廓の女性たちの廃業を禁止し、130か所を上回る慰安所を組織的に設置した。
 慰安所は、沖縄差別を象徴する組織でもあったのである。と同時に、植民地からの女性たちを巻き込む形で強行されたアジア蔑視システムであった。沖縄差別・アジア差別の考え方を持った日本軍が沖縄で何を行ってきたのかは、他ならない、沖縄県の市町村の取り組みで明らかとなった数々の証言でも明らかである。
「慰安婦」及び「住民虐殺」の文言削除は、これまで「平和」と「人権」を掲げて沖縄県が取り組んできた努力を無にすることだ。

「慰安婦」にされた女性たちが尊厳の回復を求めて立ち上がって20年以上の歳月が流れたが、今、このような事態が沖縄で起こることは実に情けない限りである。沖縄県は一刻も早く元の説明に戻すよう、私たちは強く要望する。


  2012年4月11日  

   「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクション・センター
   (VAWW RAC/バウラック)   
  連絡先:〒112-0003 東京都文京区文京春日郵便局局留
      Tel/fax:03-3818-5903

(★転載終了★)


スポンサードリンク


関連ページ


Amazon : VAWW-NETジャパン


投稿者 kihachin : 2012年04月26日 12:00

« 【猫の写真】フワフワさん | メイン | 「路上の猫」写真展示@「もやい」こもれび荘が終了しました。ありがとうございました! »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4612

このリストは、次のエントリーを参照しています: 【転載】『第32軍首里司令部壕の説明板から削除された「慰安婦」の記述復活を求めます!!』(「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクション・センター):

» 2012年:円山公園の夜桜 from 小路のヲタク草紙
[画像]  どうも。  またオフが多忙になりまして、ブログ記事が更新できずにおりました。  今日はとりあえず、半月ほど前に撮影した京都・祇園の円山公園の... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2012年04月26日 21:26

» 「小沢無罪」強制起訴は特捜部の捜査報告書偽造が原因と断罪 from 逝きし世の面影
『小沢無罪=東京地検特捜部の有罪』 陸山会事件で政治資金規正法違反(虚偽記入)に問われた小沢一郎民主党元代表(69)に対し、東京地裁は26日午前、無罪(求... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2012年04月27日 10:02

» 京都妖怪探訪(177):千本釈迦堂とおかめ伝説(前編) from 小路のヲタク草紙
[画像]  このところまた多忙が重なって更新が滞りがちになりましたが、再開します。  更新が遅くなりがちということもありまして、桜の散ってしまった今頃でも... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2012年04月29日 08:56

» 日本独立(単独講和)60周年 from 逝きし世の面影
『60年前の独立記念日』 国家も国民も、誰も祝うものが無い(誰もが忘れて仕舞いたい国辱的痛恨事の)不思議な独立記念日が今年もやって来た。 60年前の195... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2012年04月29日 09:45