【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 【再掲】NPO法人もやい『貧困待ったなし! とっちらかりの10年間』出版記念イベント(東京・四谷、03-31) | メイン | 「もやい」10周年記念出版『貧困待ったなし! とっちらかりの10年間』発刊イベント(写真) »


2012年04月01日

園良太さんの声明(東京拘置所から)

SONO Ryota
SONO Ryota (1981-) Activist. Writer. Editor.


園良太さん(その りょうた/ライター、アクティビスト)が、2012年02月09日、東京都江東区による野宿者排除への抗議中に逮捕され、その後「威力業務妨害」で起訴され、現在も長期拘束され続けています。

 「.2.9 竪川弾圧救援会

わたし(喜八=中村順)よりずっと年下の園良太さんが惨い目に遭っているのが悲しくてなりません。
園良太さんとわたしは様々な点で考え方は異なりますが(※もちろん共通するところもあります)、ともあれ今回のような人権蹂躙・政治的弾圧を許してはいけないと強く感じています。
けして大袈裟ではなく、これは園さんの「命にかかわる」ことだと思います。
わたしは正義感もそれほど強くないし、なにより臆病者です。
なので「賛同・激励メッセージ」を書くにあたっても、正直に言ってビビりました。
けれども「とにかく園さんを励まそう」「自分にできることをしよう」と思って、本名でメッセージを送りました。

個人を狙い撃ちにした卑劣な弾圧に激しい怒りを覚えます。社会を毀損しているのは職権を濫用する「公務員」の皆さんのほうでしょう。関係する「公務員」の皆さんは大いに反省してください。Aさん、わたしはあなたを応援しますよ! (中村順)


園良太さんの声明を転載させていただきます。

(★転載開始★)

.2.9 竪川弾圧救援会

[声明]起訴後の声明

3月 31, 2012

声明

こんにちは、ついに東京拘置所まで来てしまいました。薄暗く、職員は厳しく、より「牢屋」らしい場所で怒りが増します。今は、部屋のラジオから一方的にNHKニュースが流れるだけなので、原発再稼働や「大連立」を目指す日本政治がいかにファシズム化したかや、それがきちんと伝わっていない事を痛感しています。

 卒業シーズンですね。この状勢で獄中に入れられた自分は、卒業式での日の丸・君が代に反対して東京都や大阪府の「強制」や「戒告処分」と闘っている教師の人たちと同じではないかと感じます。自分が圧政に屈するか・闘うかや、内面を変えるか・変えないかが24時間問われているからです。反対闘争の映画『“私”を生きる』に登場する教師の根津公子さんは、僕が「“私”を生きるために1年前に仲間と始めた東京電力前抗議のアピールを現場で「深く共感した」と、言ってくれました。3.11直後の権力者の責任逃れと私たちの無力化、戦争・貧困・差別の拡大は戦前と同じだと言う内容でした。今、それは極限状態です。ひとりひとりが諦めず、同化せず、「“私”を生きる」ことが求められています。

 国会は財界や戦争のためならどんな悪法でも成立させ、メディアは問題を系統立てて伝える意志や力を全く失っています。今回の竪川不当起訴のように、問題に気付き始めた人を潰す法案も続々登場し、権力者と金持ちの力ばかりが強められています。問題が明確にされないため、震災被害への「祈り」や支援は増えても、福島の原発と放射能はスル―され、責任者は生き延び、私たちの生と変革への道が閉ざされています。

 かつて、友人は僕の力を“社会を見つめる鋭い視線とフットワークの軽いアクション”と言ってくれました。それを失わないように僕も頑張るので、未来は自分たちの手の中にあると信じて、みんなで頑張りましょう。

              2012.3.22 @東京拘置所 園良太

(★転載終了★)


スポンサードリンク


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンをよろしくお願いします。

(※上の猫画像は「ImageChef イメージクリエーター」で製作しました)


Amazon : 園良太


投稿者 kihachin : 2012年04月01日 12:00

« 【再掲】NPO法人もやい『貧困待ったなし! とっちらかりの10年間』出版記念イベント(東京・四谷、03-31) | メイン | 「もやい」10周年記念出版『貧困待ったなし! とっちらかりの10年間』発刊イベント(写真) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4597

このリストは、次のエントリーを参照しています: 園良太さんの声明(東京拘置所から):

» 北朝鮮を変える日本の役割は何か from 逝きし世の面影
『山田厚史の「世界かわら版」』  『刻々と迫るミサイル発射』 日本から見れば、大した軍事技術でもないし、周辺国との緊張を煽るバカげたことに映るが、彼の国で... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2012年04月02日 09:58

» 京都妖怪探訪(171):北野天満宮・その2 from 小路のヲタク草紙
[画像]  前回の続きで、北野天満宮の話をします。  今回は、北野天満宮の梅苑と御土居(おどい)についてです。    天満宮、菅原道真を象徴するものが2つ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2012年04月02日 17:06