【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「ダメもとで告(こく)る生活保護利用者の会」バナー製作者のコメント | メイン | わたしもまた「差別者」である »


2012年05月19日

【転載】早川由美子監督のドキュメンタリー映画上映情報

早川由美子監督のドキュメンタリー映画『ブライアンと仲間たち』と『さようならUR』の上映情報を転載させていただきます。
なお『さようならUR』は初めての劇場公開(大阪)が決定したそうです。
早川監督、おめでとうございます!

(★転載開始★)

ブライアン、各地の追悼上映会情報

映画"ブライアンと仲間たち パーラメント・スクエアSW1"予告編

早いもので、昨年《2011年》6月18日にイギリスの平和活動家、ブライアン・ホウが亡くなって、1年になろうとしています。平和を求め、10年以上イギリスの国会前の広場、パーラメント・スクエアで抗議の声をあげ続けたブライアンの遺志を語り継ぐため、6月~7月にかけて各地で追悼上映会が予定されています。追悼上映会では、「ブライアンと仲間たち」本編の上映のほか、会場によっては特別映像の上映や監督トークなどが予定されています。ぜひ、お近くの会場にいらしてください。

<各地の追悼上映会(開催日順)>
[1] 《2012年》6月9日(土)18:30~
会場:小金井市公民館本館4F視聴覚室(東京・小金井市)
[2] 6月16日(土)18:00開場、18:30開映
会場:路地と人(東京・千代田区)
[3] 6月18日(月)ブライアンの命日 19:00開場、19:30開映
会場:from Earth Cafe OHANA(東京・世田谷区)
[4] 6月24日(日)開場:12:30~、開映13:00~
会場:space & gallery rikka(愛知・名古屋市)
[5] 7月14日(土)19:00~
会場:福岡市NPOボランティア交流センター・あすみん(福岡・福岡市)

その他の地域の追悼上映会は、決定次第ウェブサイトに掲載します。各上映会について、詳しい内容はウェブサイトをご覧ください。


「さようならUR」、大阪劇場公開決定!

『さようならUR』予告編

これまで約1年間、各地で上映していただいた「さようならUR」ですが、おかげ様でこの度、初めての劇場公開が決定しました!大阪のシネ・ヌーヴォXにて、6月23日~7月6日までの2週間上映されます。関西圏では初めての上映、そして映画館での上映も初めてです。

ぜひ、多くの方に映画をご覧頂きたいと思っています。関西方面にお知り合いがいらっしゃる方は、ぜひ上映についてお知らせください! メーリングリスト、ブログ、ツイッター、ウェブサイト、新聞、雑誌などでの情報掲載・拡散にもご協力くださいませ。

大阪での劇場公開情報を印刷したチラシを大量に印刷しましたので、もし関西方面で、住宅・貧困・高齢者・まちづくりなどに関わる方、団体、大学の先生などいらっしゃいましたら、映画のチラシ配布・設置にもご協力ください。(「この団体に連絡してはどうか?」などの情報も歓迎です)

劇場公開の情報については以下です。
================
上映期間:2012年6月23日(土)~7月6日(金)
映画館:シネ・ヌーヴォX(大阪市西区九条1-20-24)
上映開始時間:
[1] 6/23(土)~6/29(金)15:30/19:30の2回上映
[2] 6/30(土)~7/6(金)11:00/17:25の2回上映
なお、公開初日から6月26日までは、監督も大阪に行きます!
映画のウェブサイト
================
普段、なかなか関西に行ける機会がないので、映画の上映、そして大阪への訪問をとても楽しみにしています。関西方面にお住まいの方がいましたら、現地で会いましょう!!(ワタシは釜ヶ崎に宿泊予定です^^)

また、大阪でも住宅・社会問題などについて色々見聞きしたいと思っています。情報やアドバイスもお待ちしています!

初めての劇場公開、がんばります~!!
今回のメールマガジンは以上です。どうぞよろしくお願いします。
(早川由美子)

本メールマガジンは転送・転載歓迎です。
お知り合いなどに広めていただけるとうれしいです。

□発行責任者:Petite Adventure Films
公式ウェブサイト
□お問い合わせ:info@petiteadventurefilms.com
□Petite Adventure Films メールマガジン登録・解除
◎Petite Adventure Films メールマガジン
のバックナンバー・配信停止はこちら

(★転載終了★)


【早川由美子監督プロフィール】

早川由美子さん
早川由美子監督@「自由と生存の家」 撮影:中村順

 1975年東京都出身。成蹊大学法学部、London School of Journalism 卒業。公務員、会社員を経て2007年に渡英。ロンドンでジャーナリズムを学ぶ傍ら、独学で映像制作を始める。
初監督作品『ブライアンと仲間たち パーラメント・スクエアSW1』(2009年)にて、日本ジャーナリスト会議・黒田清JCJ新人賞を受賞。日本各地、イギリス、トルコなどで上映された。
 2011年06月に完成した第2作『さようならUR』は、日本の公共住宅をテーマにした作品。耐震不足を理由に取り壊し予定となっている「UR(旧住宅公団)」の高幡台団地73号棟(東京・日野市)を取り上げた。2011年01月には、立ち退きを拒否する7世帯の住民らを相手にURが立ち退き訴訟を起こし、その行方に注目が集まっている。


スポンサードリンク


関連ページ


Amazon : 原子力発電


投稿者 kihachin : 2012年05月19日 12:00

« 「ダメもとで告(こく)る生活保護利用者の会」バナー製作者のコメント | メイン | わたしもまた「差別者」である »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4628