【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「生活保護叩き」は「憎悪の政治」、そんなことをしても誰も幸せにはならない | メイン | 【お勧め動画】『大阪市「子どもの家」を守れ!~橋下行革プランで危機』(OurPlanetTV製作) »


2012年06月14日

東京都国立市谷保「たべ・のみ・スペース かけこみ亭」を訪れました

先日、東京都国立市谷保の「たべ・のみ・スペース かけこみ亭」を訪れました。
その際に撮影した写真をアップロードします。


以下5枚の写真撮影は喜八です。
今回は写真をクリックしても大きくなりません。

JR谷保駅北口

たべ・のみ・スペース かけこみ亭」の最寄り駅・JR南武線「谷保」駅北口です。
わたしはここで電車を降りるのも「かけこみ亭」を訪れるのも初めてでした。


「かけこみ亭」入口

かけこみ亭」は「谷保」駅北口より徒歩2分のこのビル地下1階にあります。
このたび「北限のジュゴンを見守る会」代表・鈴木雅子さんが沖縄から所用のため上京されました。
それで、鈴木さんの主催で「かけこみ亭」にて会議(飲み会?)が開かれることをわたしも聞きつけ、これを好機として馳せ参じたのでした。


階段踊り場

地下1階に下る階段の踊り場。
「なんとも良い雰囲気!」と思ったので、すかさず撮影しました。
実はわたしは20代~30代の頃「飲み会」をやり過ぎて今は飽きてしまっています。
それで最近は外で飲むことも滅多にないのですが…。
結論から言いますと、この日は非常に充実した楽しいひとときを過ごさせていただきました。
貴重なお話をいろいろ伺うことができました。
皆さま、ありがとうございました。


「かけこみ亭」店内(1)

店内に入ってすぐ。
何人かお姿が見えるのは、鈴木さんほか当日同席のメンバーです。
わたしも初めて訪れたので、よく分かっていないのですが、「かけこみ亭」は普通の居酒屋というよりはコミュニティスペース風かもしれません。
この日もわたしたちの隣りのテーブルでは脱原発デモの会議(+飲み会)をしている人たちがいました。


「かけこみ亭」店内(2)

かけこみ亭」店内。
これから、わたしたちの会議(?)が始まるところです。
話題は多岐にわたりました。
沖縄県議選(06月10日投開票)における鈴木雅子さんが応援していた候補の勝利と「ネコ作戦」。
沖縄のストリート猫事情。
オオカミ、ジュゴン、クジラ、イルカ、自然保護。
スキューバダイビング。
沖縄の自然、米軍基地、利権、労働事情。
沖縄に電車を走らせる問題。
「公共」とは「市場(しじょう)」とはなにか?
生活保護バッシングと吉本興業。
キリスト教と牧師さんたち事情。
さまざまな「運動」におけるさまざまな困難、問題。
東電原発事故、広域汚染。
「人類の発祥は海から」説。
などなど…。
非常に刺激的でおもしろい「会議」でありました。
鈴木雅子さん始め同席いただきました皆さまに感謝します。
また「かけこみ亭」マスター・ぼけ丸さん始めスタッフの方々にも大変にお世話になりました。
ご馳走さまでした。
ありがとうございます!


スポンサードリンク


関連ページ


Amazon : 原子力発電


投稿者 kihachin : 2012年06月14日 12:00

« 「生活保護叩き」は「憎悪の政治」、そんなことをしても誰も幸せにはならない | メイン | 【お勧め動画】『大阪市「子どもの家」を守れ!~橋下行革プランで危機』(OurPlanetTV製作) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4647

このリストは、次のエントリーを参照しています: 東京都国立市谷保「たべ・のみ・スペース かけこみ亭」を訪れました:

» 人間は月に行ってない 大学生の2/3 from 逝きし世の面影
『早川由紀夫の火山ブログ』 勤務先の教育学部で、必修授業「子どもと世界」を分担しています。1年生220人を前期110人、後期110人に分割して授業します。... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2012年06月15日 15:14

» 京都妖怪探訪(184):宇治平等院(前編) from 小路のヲタク草紙
[画像]  シリーズ前々回と前回の続きで、宇治の妖怪伝説の地を訪れます。  今回は、京都・宇治で最も有名な文化財のひとつである平等院を訪れます。  平... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2012年06月19日 13:50

» 京都妖怪探訪(185):宇治平等院(前編) from 小路のヲタク草紙
[画像]  シリーズ前々回と前回の続きで、宇治の妖怪伝説の地を訪れます。  今回は、京都・宇治で最も有名な文化財のひとつである平等院を訪れます。  平... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2012年06月21日 19:02