【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 【緊急告知】反貧困ネットワーク「バッシングを利用した生活保護制度の改悪を許さない声明」発表と記者会見(東京・霞が関、06-11) | メイン | 東京都国立市谷保「たべ・のみ・スペース かけこみ亭」を訪れました »


2012年06月12日

「生活保護叩き」は「憎悪の政治」、そんなことをしても誰も幸せにはならない

「命の問題だ」生活保護バッシングに緊急会見


世耕弘成議員・片山さつき議員(ともに自民党所属参議院議員)らが主導する「生活保護叩き」。これは政治家が標的を定め「ここに悪い奴がいる。皆でやっつけろ!」と憎悪を煽(あお)る「憎悪の政治」であると思う。その目的は「人気取り」、あからさまなポピュリズム?

けれども「生活保護叩き」で自民党の支持率は上がるのだろうか。端的に言って、選挙に勝てるか? 近づきつつある次期国政選挙で「集票効果」を望めるだろうか? キレイゴト抜きで冷徹に考えてみた。

答えは「否」だ。生活保護叩きでは大した集票効果は望めないし、選挙にも勝てないと予言しておく。

弱いものいじめ」に拍手喝采し、賛成投票するような有権者はそれほど多くはないだろう。多数派日本人はそれほど下劣ではない。「生活保護叩き」という「憎悪の政治」に手を染めた政治家たちにはその点が見えていないのだ。彼らは有権者を侮(あなど)っているのだろうか?

ところで「保護」という言葉について、ふと思った。そもそも政治家や官僚は、国民および国家によって、「保護」されている存在ではないのか?「保護」される代償として、国民および国家のために役に立たなければならないのが政治家・官僚だ。でなければ存在価値はないだろう。

惨(むご)く無益な「弱いものいじめ工作」に熱中している国会議員たち。はたして彼らに存在価値はあるだろうか?


世耕弘成議員・片山さつき議員(ともに自民党所属)に「アドバイス」します。
「生活保護叩き」のような「憎悪の政治」は即刻やめなさい
「憎悪の政治」によって社会・国家は良くならないし、誰も幸せにはなれません。
あなたがた自身も政治家として──および1人の人間としても──「良い人生」は望めないでしょう。
憎悪に対して帰ってくるのは憎悪、それが冷厳な法則、因果応報というものです。
以上、ムダとは思いますが、お伝えしておきます。


以下、HTML(ul・li)生成は「Twilog」の「ソース取得」機能を利用しました。
各つぶやきの表記は上から順に「古→新」です。


スポンサードリンク


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンをよろしくお願いします。

(※上の猫画像は「ImageChef イメージクリエーター」で製作しました)


Amazon : 稲葉剛


投稿者 kihachin : 2012年06月12日 12:00

« 【緊急告知】反貧困ネットワーク「バッシングを利用した生活保護制度の改悪を許さない声明」発表と記者会見(東京・霞が関、06-11) | メイン | 東京都国立市谷保「たべ・のみ・スペース かけこみ亭」を訪れました »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4645

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「生活保護叩き」は「憎悪の政治」、そんなことをしても誰も幸せにはならない:

» 京都妖怪探訪(183):宇治橋と橋姫伝説 from 小路のヲタク草紙
[画像]  今回は宇治まで行ってきました。  その目的はふたつ。ひとつは、平安時代の有名な妖怪「橋姫」の伝説ゆかりの地を訪れるため。もうひとつは、日本史上... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2012年06月12日 20:28

» 「原発は安全」と福井県(科学)専門委 from 逝きし世の面影
『繰り返される(科学)専門委の「原発の安全宣言」の不思議』 6月10日、関西電力大飯原発3、4号機の安全性を技術面で検証する福井県原子力安全専門委員会(委... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2012年06月13日 10:42