【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 【お知らせ】ドキュメンタリー映画『終わらない戦争』(金東元監督)上映とちょうちんデモ(東京・日比谷、08-15) | メイン | 『わが指のオーケストラ』山本おさむ »


2012年08月16日

【猫の写真】仔猫さんたち

ふだん撮影している「猫写真」をアップロードします。
今回は「仔猫さんたち」。

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)


以下7枚(+2枚)の撮影はわたし(喜八)です。
写真はクリックすると大きくなります。

茶トラの仔猫とフミさん

(※以下、猫さんたちの名前はわたし(たち)が勝手に名づけています。「本名」は別にある場合が多いでしょう…)

チャトラの仔猫がフミさん(黒白茶の風変わりな三毛)にもたれかかっているの図。
ちなみにフミさんは男子ネコです。
数メートル離れて待機していたスル三毛姉妹(鋭い目つきの三毛姉妹/写真)のどちらかがチャトラの母親だったのかも、しれません?


茶トラの仔猫とスル三毛

とある屋外駐車場で。
チャトラの仔猫とスル三毛姉妹のかたわれ。
(スル三毛姉妹はよく似ているので、1匹だけのときは判別がなかなかむずかしい…)
近くにはほかにも何匹かの猫さんたちがゆるーく集まっていました。


スシさんの子ども×2

某回転寿司チェーン店裏側をなわばりとするスシさん(写真)の子どもたち。
母猫スシさんがわたし(喜八)のほうに「なにかご飯をくれー」と寄ってきたため、仔猫たちは取り残されてしまいました。
それでビクビクしていたせいでしょうか「写真映り」がちょっと悪いようです(特に手前の子)。


スミちゃんと黒白仔猫×2

2枚目の写真とおなじ屋外駐車場で。
スミちゃん(向かって左)と2匹の仔猫。
ただし、手前の仔猫はスミちゃんの子どもではないかもしれません。
もしかしたら、ここに捨てられた子かも?
なんとなく、そんな気がしました…。


黒白仔猫とスル三毛さん

黒白の仔猫が一匹「びーびー」鳴いていました。
「おや? これはこまったぞ」とわたし。
そこにスル三毛姉妹(写真)のかたほうがやってきて、仔猫をケアしました。
スル三毛姉妹はよく似ているので、判別がむずかしいのですが、たぶん2枚目の写真とおなじ三毛だと思います。


仔猫×2

小さな公園の古びたベンチで眠る仔猫さんたち。
野良猫の子のようです。
チャトラの子は元気そうでしたが、縞の子は目ヤニくちゃくちゃでした。
正直なところ、こういったノラ仔猫さんたちが大人になれる可能性は低いのです…。


仔猫と白黒母さん

小柄な白黒母さんと縞白の仔猫。
ある集合住宅敷地内の植え込みに潜んでいるのを発見しました。
おそらく家あり猫(飼い猫)さんたちだと思います。
その後パタッと姿が見えなくなりましたが、きっとどこかのおうちの中でノンビリ暮らしているのでしょう。
そうわたしは思っています。(=^・^=)

仔猫さんたち・その2に続く。


スポンサードリンク


関連ページ


Amazon : 猫の写真集

ふだん撮影している「猫写真」をアップロードしました。今回のテーマは「仔猫さんたち」。


投稿者 kihachin : 2012年08月16日 18:00

« 【お知らせ】ドキュメンタリー映画『終わらない戦争』(金東元監督)上映とちょうちんデモ(東京・日比谷、08-15) | メイン | 『わが指のオーケストラ』山本おさむ »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4695

このリストは、次のエントリーを参照しています: 【猫の写真】仔猫さんたち:

» 京都妖怪探訪(202):妖怪絵師・葛城トオル、京都の葬送地・松原を語る from 小路のヲタク草紙
[画像]  シリーズ前々回と前回の続きで、京都の妖怪絵師にして妖怪伝道師の葛城トオル氏による講座です。  シリーズ第32回などでも取り上げたことがありま... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2012年08月20日 20:23