【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 『わが指のオーケストラ』山本おさむ | メイン | 【お知らせ】「2012都市再開発と排除に抗する 渋谷納涼集会」(東京・渋谷、08-25) »


2012年08月20日

多摩川花火大会と猫の写真

先週末(2012年08月18日)多摩川のほとりに暮らす友人のKさんを訪ね、花火大会(※東京都世田谷区・神奈川県川崎市共催)を見物してきました。
そのとき撮影した花火と猫の写真をアップロードします。


以下11枚の写真撮影はわたし(喜八)です。
写真はクリックすると大きくなります。

草深い多摩川河川敷

草深い草むらの奥に踏み入り、川べりで宴会をしつつ、まったりと花火見物というプランです。


宴会準備中

宴会の準備中。
見ての通り「猫だらけ」状態です(笑)。
この猫さんたちはみんなKさん(写真中央上)の「飼い猫」です。
「ノラ猫」さんではありません。


縞猫さん

バーベキューグリル脇のチェアで悠然とくつろぐ縞猫さん。


黒猫さん

すでに何かを食べたのか、舌なめずりをする黒猫さん。


仔猫さん

ちょこんと、なんとも可愛い仔猫さん。(=^・^=)


ライオン風縞猫さん

テーブルの上でのさばるライオン風縞猫さん。
長毛がちょっと暑そう。
できるものなら、カットしてあげたい…。


縞猫さん

釣り用の網の陰にひそむ縞猫さん。
Kさんのところの猫さんたちはみんな活動的で野性的です。


Kさんとわたし(中村)

友人のKさんとわたし(中村/黒シャツ)。
撮影はたまごかけ ご飯さん。
この日もKさん・たまごかけ ご飯さんに大変にお世話になりました。
いつもありがとうございます~!


小西修さん(後姿)

フォトグラファーの小西修さん。
花火写真撮影のセッティング中です。
小西修さん・美智子さんは、多摩川河川敷に暮らす猫・犬・ヒトなどの支援活動を20年以上にわたって、続けられています。

TAMA猫基金

TAMA猫基金について
(「小西修の動物ドキュメンタリーBLOG」2009-03-06)

TAMA猫 Shop

野良猫グッズの売上は多摩川の河川敷で暮らす猫・犬・うさぎ・人たちの支援に使われます(※アフィリエイトではありません)。


花火大会(1)

花火大会。
コンパクトデジカメでは、花火はほとんど撮れませんね。(^^;


花火大会(2)

引き続き花火大会の様子。
しつこく何枚も写真撮影して、その中で比較的「まし」なものを選びました。
花火を撮るためには、もっとレンズの明るい(速いシャッター速度が可能な)カメラが必要なんですね。
いまはコンパクトデジカメでも(一眼レフでなくても)いいカメラはあるようです。
一眼レフは重いので、たぶんわたしの性格では持ち歩くのがイヤになってしまうでしょう(フィルムカメラの時代に経験済み)。
次に購入する時も、コンパクトデジカメになるかな~。


以上ゆるーく写真をアップロードしました。
お粗末でした…。

(※「多摩川河川敷の猫たち」に続く)


スポンサードリンク


関連ページ


Amazon : 猫の写真集


投稿者 kihachin : 2012年08月20日 12:00

« 『わが指のオーケストラ』山本おさむ | メイン | 【お知らせ】「2012都市再開発と排除に抗する 渋谷納涼集会」(東京・渋谷、08-25) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4698

このリストは、次のエントリーを参照しています: 多摩川花火大会と猫の写真:

» 尖閣、竹島、北方領土 67年経っても戦後処理が出来ない日本の不幸 from 逝きし世の面影
『東方の蓬莱島に向かった紀元前3世紀の徐福の伝承』 秦の始皇帝の時代に、現在の江蘇省連雲港市徐福村出身の方士・徐福が紀元前210年に不老不死の霊薬を求めて... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2012年08月21日 12:24

» 京都妖怪探訪(203):妖怪絵師・葛城トオル、西福寺で地獄絵を語る from 小路のヲタク草紙
[画像]  京都の松原通り、鴨川東岸側の地域は、平安時代の京都の葬送地のひとつでした。  毎年、お盆の時期(8月7日〜10日)になりますと、亡くなった先祖の... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2012年08月21日 18:50