【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 《わたしを 大切に 生きる》《わたしは 私と 生きていく》メッセージ・クロス(写真) | メイン | 東国原英夫氏の《徴兵制があってしかるべき》発言(「朝日新聞」2007年11月28日記事から) »


2012年09月18日

【猫の写真】おきつね三毛さん

日々ゆるゆると撮影している猫写真の中から「お気に入り」をセレクトして、ぼちぼちアップロードしています。
今回は「おきつね三毛さん」です。

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)


以下6枚の写真撮影はわたし(喜八)です。
写真はクリックすると大きくなります。

おきつね三毛さん(1)

おきつね三毛さん」と路上で知り合って間もないころの写真です。
おきつね三毛さんはとても用心深い子でした。
写真撮影ができるくらいの距離に行けるまで、わりと日数がかかりました。
おきつねさんに遭遇するたび、「こんにちは」とわたしが挨拶する。
三毛さんがササッと逃げる。
これを何度も繰り返すうちに、だんだん近くに行けるようになりました。
が、上の写真ではまだまだ緊張が強く、身体がこわばっています。
その姿が「きつね」を彷彿(ほうふつ)させるので「おきつね三毛さん」という名がつけられました。


おきつね三毛さん(2)

おきつね三毛さんが生垣の向こう側にいるところを発見!
静かに近寄って、写真を撮らせてもらいました。
このように、猫さんとわたしのあいだに生垣・草むら・フェンスなどの障害物があると、比較的写真は撮りやすいのです。
ということを、このころ気づきました。


おきつね三毛さん(3)

三毛さんが植込みの中で寝ているところを撮影。
よく見ると、左耳のはしっこがカットされていることが分かりました。
これは「避妊手術済み」のしるしです。
おきつねさんはおそらく「地域猫」だったのでしょう。


おきつね三毛さん(4)

とても用心深いおきつね三毛さんにもある程度近くまで寄せてもらえるようになりました。
そのころに撮影した写真です。
1枚目に比べると、表情が柔らかくなっていることに気づきます。
猫さんたちを写真撮影していると、徐々に「いい顔」になっていくように思います。
「さて、ヒトの場合は?」なんてことを考えてしまいます。


おきつね三毛さん(5)

4枚目撮影の直後のおきつね三毛さん。
この後「どうも居心地が悪いにゃー」と感じたのか、フェンスの向こう側に、静かに去っていきました…。


おきつね三毛さん(6)

おきつね三毛さんと2人の子ども、ではないかと思います。
縞白猫手前が「ビーさん」、奥が「エーたん」。
おきつね三毛さん・エーたん・ビーさんの写真は、以下の弊ブログエントリにも収録されています。

エーたん・ビーさんも耳のはしがカットされている「地域猫」のようです。
ところで、おきつね三毛さんとビーさんは、あるときを境にふっと姿が見えなくなりました。
消息は分かりません。
おきつね三毛さん・ビーさんが姿を消した後も、エーたんは1人でのんびりくつろいでいる姿をときどき見かけました。
が、エーたんとも最近は出会えなくなりました。
きっと近所の人のおうちに引き取られたのだろう。
と、わたしは思っています。
路上の猫さんに少なからぬ費用をかけて避妊手術をする心優しい人たちの家で、おきつね三毛さん・エーたん・ビーさんはぬくぬくと暮らしているのでしょう…。

(※弊ブログの猫写真エントリ・リストはこの下のほうにあります)


スポンサードリンク


猫写真エントリのリスト


Amazon : 鐸木能光


投稿者 kihachin : 2012年09月18日 12:00

« 《わたしを 大切に 生きる》《わたしは 私と 生きていく》メッセージ・クロス(写真) | メイン | 東国原英夫氏の《徴兵制があってしかるべき》発言(「朝日新聞」2007年11月28日記事から) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4714

このリストは、次のエントリーを参照しています: 【猫の写真】おきつね三毛さん:

» 沼津市キャバクラ嬢と地域猫をシャメ from 脳挫傷による見えない障害と闘いながら
野良猫出身の子猫の兄妹も大きくなり、キャットタワーで同じ寝方で寝てる二匹猫をデジカメ写真画像を先日撮りましたが、二匹とも大きくなった。過去にシャメした地域猫のノ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2012年09月27日 14:10