【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 【猫の写真】ビーさん | メイン | 魂の脱奴隷化 »


2012年10月08日

「生活保護改悪反対」と「脱原発」の意思表示、いのちを守ろう!(報告)

2012年10月05日、東京都内で「生活保護改悪反対」と「脱原発」の意思表示に参加しました。
その報告エントリです。


以下6枚の写真撮影はわたし(中村順)です。
写真はクリックしても大きくなりません。

厚生労働省前アクション

10月05日、厚生労働省生活保護制度「改悪」を進める(との疑いが濃厚な)「社会保障審議会生活保護基準部会」が行なわれました。
これに合わせて「首都圏生活保護利用者有志と仲間」が厚労省前で「改悪」反対意思表示のアクションを実行しました。
同時に、10月11日に弁護士会館で行なわれる緊急学習会「生活保護バッシング 国の責任放棄の真相」のビラ配布も行ないました。
1枚目の写真は「生存権裁判を支援する全国連絡会」による抗議行動です。
「首都圏生活保護利用者有志と仲間」も一緒にビラ配りを行なっています。
午後3時の「基準部会」開始に合わせて、「全国連絡会」の人たちは傍聴のため厚労省の中へ。
わたしたち「有志と仲間」は門前でのアクションを続行しました。


厚労省前でマイクアピール

2枚目の写真はマイクアピール中のKさん(生存権行使者・労働生存組合員)です。
これから午後5時過ぎまで、みんなで代わる代わる抗議の声を上げました。
生活保護「改悪」は餓死・病死・自死・自暴自棄による犯罪の激増を招くと、多くの当事者・支援者・NPO関係者・法曹関係者・学識者などから指摘されている。
生活保護を現在利用している人以外にも、市民社会に大きな「負の効果」があると危惧されている。
つまり、これは「みんなの問題」である。
「生活保護バッシング」を主導した自民党国会議員や主要メディア(特にテレビ)に「無知」「無責任」が目立つ。
間違った知識や無理解に基づいて、差別的な言説・報道がなされた。「生存権」は憲法で保障された、全ての人に認められた権利である。
「生存権」を行使するのは「恥」などではない。
生活保護利用者は「二級市民」ではない。
一人ひとりの「いのち」と「暮らし」を大切にしない社会で、わたしたちはほんとうに幸せになることはできない。
などなどアピールしました。
わたし(中村)も少しだけ話させていただきました。


守る 伝える 生活保護 本当の意味を

アクション参加者「M」さんが手縫いで制作したメッセージクロスです(ただし持っているのはKさん)。
守る 伝える 生活保護 本当の意味を
「M」さんも自分の体験に基づいて、生活保護は「いのち」を守る、とても大切な制度であること、生活保護があるおかげで多くの人の「いのち」が救われていることをお話しされました。


経産省前テントひろば

午後5時過ぎに、厚労省前アクションを終わり、わたしたちは徒歩で「経産省前テントひろば」に移動しました。
写真は「テントひろば」午後6時前ごろの様子です。
写真手前のショートヘアの女性は松元千枝さん(まつもと ちえ/ジャーナリスト)です。
この日、松元さんがキャスターをつとめるテントひろば前からのUST放送で、10/11生活保護学習会の宣伝をしてくれると仰っていたのですが…。
わたし(中村)が「16時開始」を「午後6時」と間違えたため、この話はナシになってしまいました!(汗)
松元千枝さん、「首都圏生活保護利用者有志と仲間」の皆さま、大変に失礼しました。
わたしはこういうボンクラなミスが多いです。
反省…。

この後わたしは、前もって予定した通りに、単独行動をとりました。
「有志と仲間」は周辺で、緊急学習会「生活保護バッシング」(10月11日、弁護士会館)のビラ配り。
わたしは徒歩で溜池山王(首相官邸「裏」)に向かいます。


首相官邸「裏」からの抗議行動

脱原発を訴える《首相官邸「裏」からの抗議行動》、午後7時ごろです。
首相官邸の裏(溜池山王)側から、原子力発電反対欠陥軍用機オスプレイ強制配備反対などの意思表示が、毎週金曜日午後6時半~7時半を目安に、行なわれています。
なお「裏」は主に地理的なことを指しているようです。
「非合法」「アングラ」という意味ではないと思います(笑)。
ここでの脱原発意思表示はそれぞれの参加者によるマイクアピールが中心で、ときおりシュプレヒコールも行われます。
落ち着いた大人(おとな)の雰囲気のアクションです。


首相官邸「裏」からの抗議行動

実際にこの地点に立ってみると、裏(溜池山王)側からのほうが、首相官邸の建物をより近くに臨むことができるのが分かります。
野田首相および政府の人たちに、声も届きやすいかもしれません。
わたしは、この日が初めての《首相官邸「裏」からの抗議行動》参加だったのですが、ある意味で「穴場かも?」と思いました。
また機会を得て参加させていただきたいと思います。


というわけで、10月05日は「生活保護改悪反対」と「脱原発」の意思表示行動に参加し、「いのちを守ろう!」と訴えてきたわたし(中村順)でした。
じつはこういう行動は結構苦手なのですが(そもそもヒトと接するのが苦手なので…)、今後も無理せずボチボチと実行していくことにします。


スポンサードリンク


関連ページ


Amazon : 原子力発電


投稿者 kihachin : 2012年10月08日 12:00

« 【猫の写真】ビーさん | メイン | 魂の脱奴隷化 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4729

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「生活保護改悪反対」と「脱原発」の意思表示、いのちを守ろう!(報告):

» 京都妖怪探訪(217):甲良・北落の「おはな踊り」 from 小路のヲタク草紙
[画像]  8月21日。  京都から少し離れて、隣県の滋賀犬上郡・甲良町北落(きたおち)まで行ってきました。  何故ならこの地には、本シリーズでとりあげ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2012年10月10日 09:27