【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 【猫の写真】アイちゃん | メイン | 【再掲】シンポジウム「99%を貧困にする政治 ~生活保護基準引下げで人々の暮らしは良くなるのか?~」(東京・永田町、11-06) »


2012年11月03日

【再掲】「いま、ハンセン病療養所のいのちと向き合う! ~実態を告発する市民集会~」(東京・北の丸公園、11-05)

いま、ハンセン病療養所のいのちと向き合う! ~実態を告発する市民集会~」が、2012年11月05日(月)午後6時~8時、東京・北の丸公園の科学技術館・サイエンスホール《地図》で行なわれます。
主催はハンセン病療養所の将来構想をすすめる会、全療協、全原協、全弁連、全医労、市民学会、支援する市民の会。
入場無料です。

(※画像はクリックすると大きくなります)


(★転載開始★)

いま、ハンセン病療養所のいのちと向き合う!
~実態を告発する市民集会~

 強制隔離され、ふる里も、家族も、人生のすべてを奪われた人々は、国の行政改革により、ふたたび人としての尊厳や人権が脅かされています。
 医療も、看護も介護も、施設ではたらく職員の定員削減により、療養所の使命は失われつつあります。平均年齢が82歳を超えた当事者たちは、実態を明らかにするために、最後のたたかいに立ち上がろうとしています。
2012年11月5日(月)
午後5 時半開場、6 時スタート、8 時終了
報告
・神美知宏全療協会長 「ハンセン病療養所における介護の実態」
・青木美憲医師 「ハンセン病の後遺障害と必要な介護」
・谺雄二氏 「入所者の立場から、必要な介護と現状の告発」
・職員から 「介護職員の介護労働の現状」
・玉城シゲさん、上野正子さん 「ハンストの決意表明」
・徳田靖之弁護士 「まとめと闘いに向けた要請」

 
場所:科学技術館・サイエンスホール(皇居わきの北の丸公園内)
東京都千代田区北の丸公園2-1      会場の地図
主催:ハンセン病療養所の将来構想をすすめる会
全療協、全原協、全弁連、全医労、市民学会、支援する市民の会
会場までのアクセス
・ 東京メトロ東西線 竹橋駅下車(1b出口) 九段下駅下車(2番出口)
・ 東京メトロ半蔵門線 九段下駅下車(2番出口)
・都営地下鉄新宿線 九段下駅下車(2番出口)

(★転載終了★)


スポンサードリンク


関連ページ


Amazon : ハンセン病


投稿者 kihachin : 2012年11月03日 12:00

« 【猫の写真】アイちゃん | メイン | 【再掲】シンポジウム「99%を貧困にする政治 ~生活保護基準引下げで人々の暮らしは良くなるのか?~」(東京・永田町、11-06) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4751