【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 猪瀬直樹氏の粗暴で幼稚な《蹴りを入れれば一発》《ケンカのイロハ》発言 | メイン | 辛淑玉さん《宇都宮健児さんはぜんぜん派手じゃない。華もない。申し訳ないけれども、口もあまり上手くない》 »


2012年12月15日

自民党「原発ファイブ」、「原発ゼロ」を目指さない男たち

2012年09月に行なわれた「自由民主党総裁選挙」候補者5人組。
原発ファイブ」、「原発ゼロ」を目指さない男たちです。
写真向かって右から、安部晋三石破茂町村信孝石原伸晃林芳正(※敬称略)。

(※画像はクリックすると大きくなります)

《Q:最終的には「原発ゼロ」を目指す?》 安部晋三・石破茂・町村信孝・石原伸晃・林芳正 「×」
自民党「原発ファイブ」、「原発ゼロ」を目指さない男たち(全員世襲議員)

一目瞭然。
解説の必要はないでしょう。
最終的には「原発ゼロ」を目指す?》という設問に対して、5人全員が躊躇(ためら)いもなく【×】と回答しています。
これが安部晋三総裁始め自民党「主流派」のホンネなのです。


もしも自民党が政権復帰したならば?──現時点ではあくまで「仮」の話ですが──。
彼らは「国民の信任を得た!」とばかりに、原子炉再稼動・新原発建設・外国への原子炉輸出を大推進します。
それはもう間違いありません。
そして、その先にあるものは…。
想像したくもありませんが、「現実」から眼を背(そむ)けるわけにはいきません。
「地震大国」日本で、老朽化した原子炉を無理やり稼動させるなら、「第二、第三のフクシマ事故」が起きる可能性はけして低くないでしょう。

いま現在も多くの人たちが塗炭(とたん)の苦しみに耐えています。
突然すべてが断絶され、暮らしと故郷を根こそぎ奪われ、終わりの見えない避難生活に苦しむ無数の人々がいます。
それなのに、あなた方は原子炉再稼動・新原発建設・外国への原子炉輸出を推進し、「原発利権体制」の維持を図るのですか?


そこで、自民党「原発ファイブ」(安部晋三石破茂町村信孝石原伸晃林芳正)の皆さまに単刀直入にお聞きします。
もしかしたら、あなた方は「日本列島を誰も住めない地」にしたいのですか?
あなた方は「人々のいのちと生活を見下し、破壊することが使命」というドグマ(教義)を持つ、カルト宗教信者のたぐいなのでしょうか?

上の質問はレトリック(修辞技法)などではありません。
わたし(中村順)は本気で疑い始めています。
おなじような疑惑を抱く人は徐々に確実に増えています。
そして、今後も減ることはないでしょう。


スポンサードリンク


関連ページ


Amazon : 原子力発電


投稿者 kihachin : 2012年12月15日 12:00

« 猪瀬直樹氏の粗暴で幼稚な《蹴りを入れれば一発》《ケンカのイロハ》発言 | メイン | 辛淑玉さん《宇都宮健児さんはぜんぜん派手じゃない。華もない。申し訳ないけれども、口もあまり上手くない》 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4800