【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 辛淑玉さん《宇都宮健児さんはぜんぜん派手じゃない。華もない。申し訳ないけれども、口もあまり上手くない》 | メイン | 「M」さんの新作メッセージ・クロス《わたしの心の 感情を 抱え 愛おしみ 生きていく》 »


2012年12月17日

「いのち」「暮らし」「ご縁」「人」を大切にして、しっかり生きていく

猫のアイちゃん
アイちゃん(※写真はクリックすると大きくなります。本文とは関係ありません)


今朝のわたし(中村)の気分は「最暗黒の日本」でした。
この国のかなりの人数の人たちが、自分の頭で考えることをせず、ただ「空気」のみを読み、付和雷同する光景を目の当たりに見せられ、呆然としました。

けれども、「絶望」はありません。
自分の頭で考え、多数派が醸成する「空気」に流されることなく、付和雷同することもない人たちもまた膨大な数におよぶことが分かっているからです。


自民党議員・維新の会議員らによる「国防軍」「核シュミレーション」「天賦人権論をとるのはやめる」「生活保護利用は『恥』」そのほかの発言により、「生きづらさ」を抱えた多くの人たちが不安を募らせています。
安倍晋三氏・石原慎太郎氏らが企図する「国家」において、「生きづらさ」を持った自分、「弱い」とされた自分の居場所はないかもしれない。
「人権」を制限され、さらには「生存権」すら否定されるかもしれない。
そのような不安を口にする人たちが、わたしが直接知る限りでも、何人もいます。

心配する必要はありません。
人権」そして「生存権」は、人類が長い歴史──度重なる殺戮と戦争を含む──から得た、もっとも尊ぶべき、不朽の思想です。
ただ一時の「風」を得たというに過ぎない為政者たちが「人権」「生存権」を否定することは、この地球上では許されないのです。
もしも「人権に条件をつけよう」「制限をかけよう」などという者が現れたとしたら、彼女/彼らは「人類に対する罪」を犯す大罪人だといえるでしょう。


いまは強大に見える勢力もその内実はボロボロだろうと思います。
そもそも彼らには日本が置かれた難局を乗り切る力はありません。 
力不足の者たちだからこそ、精一杯強がってみせているのです。
そして不安にかられた多くの人たちが、「虚勢のリーダー」たちにすがろうとしているのです。
いまは有頂天になっているであろう自民党議員らも、近い将来きっと「袋小路」に突き当たるでしょう。
大切なのは、彼らによる破れかぶれの「暴発」を許さないこと、これ以上の「犠牲者」を出さないことです。
あえて言うまでもないことですが、ひとたび失われた「いのち」は、なにをどうしたって、取り戻すことはできません。


死にたい」と言ったあなたへ。
いまは、とにかくお互いに生き延びましょう。
短慮に走らず、「いのち」「暮らし」「人」を大切にして、生き延びる。
どんなことがあっても、生きているあいだは、生きることができます。
なんて、わたしはごく当たり前のことを言っていますが(笑)。
当たり前に淡々と生きていきましょう。

わたしは、なにがあっても、くさらず、メゲず、できること、やりたいことを、ただ実行し続けます。
それがわたしにとって「生きる」ことそのものだからです。

わたしたちは、けして1人ではありません。
自分の頭で考え、多数派が醸成する「空気」に流されることなく、付和雷同することもない人たちが大勢いるのです。
わたしたちはみんな「なかま」であり「同志」です。
いのち」「暮らし」「ご縁」「」を大切にして、しっかり生きていきましょう。

(※12月18日付記。上では《しっかり》と書きましたが…。よくよく考えたら、わたしはヘナヘナした人間です。へなへなと、でもしぶとく生きていこうと思います。「人権」を侵害する者たちに対しても、ヘナヘナと抵抗し続けます)


スポンサードリンク


関連ページ


Amazon : 生活保護


投稿者 kihachin : 2012年12月17日 12:00

« 辛淑玉さん《宇都宮健児さんはぜんぜん派手じゃない。華もない。申し訳ないけれども、口もあまり上手くない》 | メイン | 「M」さんの新作メッセージ・クロス《わたしの心の 感情を 抱え 愛おしみ 生きていく》 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4802