【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 緊急院内集会「生活保護の引き下げは何をもたらすのか」(写真) | メイン | 亀のゆるぽん箱《ゆっくりと一歩一歩自分のペースでたくましく生きています》 »


2013年02月06日

Necco カフェ(東京・西早稲田)を訪問しました

02月01日午後、「大人(成人)発達障害のための就労支援施設 Necco(ネッコ)」のカフェにお邪魔しました。

以下2枚の写真撮影はわたし(中村)です。
写真はクリックすると大きくなります。

Necco カフェの立て看板

Necco は東京・高田馬場と早稲田の中間くらいにあります《地図》。
ここのカフェスペースで03月~04月頃、「I」さんとわたしで写真展示をさせていただくことになり、その打ち合わせのため訪れたのでした。

写真は表の早稲田通り歩道に出された立て看板です。
中華料理店「東北餃子房」脇の階段を上り、2階の奥が Necco カフェ。
カフェの営業は《12:00~18:00(ラストオーダー 17:30)》。
定休日はありませんが、イベント等の関係で不定休があります。


Necco カフェ店内(本棚)

Necco カフェは「ブックカフェ」でもあります。
発達障害関連の本など良書が多数揃っています。
店内で自由に読むことができます(※店外への持ち出しは不可)。
わたしもそのうち本を読みにふらりとお邪魔させていただこうと思っています。

Iさんとの写真展示期間中、わたしは「ときおりカフェに顔を出す」感じになると思います。
なにしろ「人と話すのが苦手」「人が集まっている空間が苦手」な自分ですから、カフェに詰めっきりということはできません。(^^;

なお、Iさんとわたしはもともと知り合いではありません。
顔を合わせたのは、02月01日が初めてでした。
Necco」代表の金子磨矢子さんが「ふたりで写真展をしてみたら?」とお勧めしてくれて、Iさんもわたしも「金子さん(※Iさんは《まやこママ》と呼びます)がそういうなら、やるしかないです」と、有難く承(うけたまわ)ったのでした。

というわけで、2人写真展@ Necco を近く開催します。
詳細が決まりましたら、ブログ等で告知させていただきます。
よろしくお願いします。m(__)m


スポンサードリンク


関連ページ


Amazon : 上岡陽江


投稿者 kihachin : 2013年02月06日 12:00

« 緊急院内集会「生活保護の引き下げは何をもたらすのか」(写真) | メイン | 亀のゆるぽん箱《ゆっくりと一歩一歩自分のペースでたくましく生きています》 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4843

このリストは、次のエントリーを参照しています: Necco カフェ(東京・西早稲田)を訪問しました:

» 京都妖怪探訪(260):大阪・天満天神えびす祭 from 小路のヲタク草紙
[画像]  こんにちは。  シリーズ第253回からの、異形の神であるエビスと、その祭礼である「十日エビス」の特集は、今回もまた続きます。  今回は、本シリ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2013年02月06日 19:21