【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 映画『犬と猫と人間と2 動物たちの大震災』プレミアム上映会(東京・新宿、03-27 ※招待あり) | メイン | 【お知らせ】シンポジウム「生活保護基準引き下げは、すべての子どもの命と育ちと学びにどう影響するの?」(東京・四谷、3-30) »


2013年03月19日

「いのちとくらしを守ろう ハートフル・フェスティバル」(写真10枚)

いのちとくらしを守ろう ハートフル・フェスティバル」が、2013年03月17日、東京・石神井公園「ふれあい広場」で開催されました。
わたし(中村)もお邪魔させていただきました。
とても楽しい集いでした。
皆さま、ありがとうございました! m(__)m

いのちとくらしを守ろう ハートフルフェスティバル
生活保護は、すべての人が人間らしい生活を安心しておくるための、大切な制度 生活保護費を削減する予算案、なぜいま? いのちとくらしを守るための大切な制度について、みんなで考えてみませんか?
日時 : 3月17日(日) 10時~18時
場所 : 「みんなのふれあい広場」
(西武池袋線:石神井公園駅:南口商店街から徒歩3分)
主催:「ハートフルフェスティバル実行委員会」


以下10枚の写真撮影は中村です。
写真はクリックしても大きくなりません。

ハートフルフェスティバル

会場の「ふれあい広場」は西武池袋線「石神井公園」駅南口から徒歩3分。
わたしは午後2時前に到着しました。
会場外側に「M」さん制作の最新(第16作)メッセージクロスが展示されています。
今回の「ハートフルフェスティバル」で中心となるのがメッセージクロス展示だそうです。
会場内の壁にも「M」さんの作品の数々が展示されていました。
これらのクロスは、生活保護基準引き下げ反対デモ厚生労働省前抗議水曜夕暮れ官邸前アクション院内集会、シンポジウムなどの場で掲げられてきました。
STOP!生活保護基準引き下げ」アクションの象徴だということができると思います。
メッセージクロス写真は当エントリ末尾の関連ページリンク先でも見ることができます。


ふれあい広場

外側の通りから会場内を眺めます。
右正面で「わたがし」(100円)が実演販売されていました。
入口の上にかけられている黄色い布には《いのち》《“人が人として生きられる”社会に いのち守れ!!》《消費税増税ゆるさない!! いのちと暮らし守る連帯を》などのメッセージが書き込まれています。


受付

ここが受付です。
会場内で使用できる金券を購入します。
手前に見える亀さんは「M」さんの「ゆるぽん箱」です。
カンパ入れとして活用されていました。
レディース ハンドマッサージ 10分100円」も「M」さんの担当です。


ハンドマッサージ

マッサージ(女性限定)を行なう「M」さん(向かって左)。
施術を受けているのは永瀬ユキ(ながせ ゆき)さんです。
次々とお客さんが来て、「M」さんはフル回転のようでした。
たいへんだったと思います。
お疲れさまでした~。


手芸

こちらは「手芸のワークショップ」です。
さまざまな色とりどりの材料・器具が用意されています。
「わたしも参加しようかな~?」と思っていたのですが、つい気が臆してしまいました(汗)。

手芸のワークショップ
(1)花束を描いたメッセージクロスに(事前に主催者の方で用意します)、ハート型に切った布にペンでメッセージを書いてもらいます(水曜日の「生活保護」官邸前アクションの趣旨にあったメッセージ)
(2)自分で好きな作品を作って、お持ち帰りもできます。何を作ったらいいのかわからないという方も、大丈夫! 見本も用意してあります。


戸田和博さん

手芸(1)に挑戦中の戸田和博さん(とだ かずひろ/寛《くつろぎ》の会)。
戸田さんも貧困問題にとりくむ仲間です。
意外といえば失礼になりますが…、器用ですね!

戸田「写真? べつに撮らなくていいよ~」
中村「絵になるから(笑)」

戸田さん、ありがとうございました。


参加者みんなで共同作成中の大型メッセージクロス。
1枚前の写真で戸田和博さんが作っていた作品(ハートマークの花びら)も後に追加されました。
この大型メッセージクロスは今後水曜夕暮れ官邸前アクション(このまますすむと困っちゃう!!)・イベント・デモ・シンポジウムなどで活躍します!


創作折り紙

創作折り紙ワークショップ担当の方が作られた作品です
これらは会場外側、「M」さんのメッセージクロスの前付近に展示されていました。
このほかにも「北海道」や「フェスティバルスタッフのTさん」など様々な創作折り紙アートが、この日創られました。


バロンさん

ボードビリアン「バロン」さんのライブ・パフォーマンスが行なわれました。
写真は「ちゃんちきドラム」演奏中のバロンさん。
ちゃんちきドラム」は、バロンさんが湯たんぽ・シンバル・郵便屋さんのベル・カウベルなどを組み合わせて、自作さました(費用は2万円ほどかかったそうです)。
バロンさんウクレレ演奏弾き語り、タップダンス、帽子のアクションなどなど、とても楽しいライブでした。
バロンさん、ありがとうございました!

(※ジョニー・Hさんの弾き語りライブがお昼過ぎに行なわれたそうですが、わたしは聞きそびれてしまいました)


ハートフルフェスティバル

会場には「M」さんメッセージクロスの数々がぐるりと展示されています。
まさしく結界のよう。世の中の悪しきものから、みんなを守ってくれている」とわたし(中村)は感じたのです。
この日わたしはじつは「なんだか調子わるい~」感じで「参加をとりやめようかな? うじうじ…」と惑ったりもしたのですが…。
フェスティバルに参加して、気持ちが「少し」いや「かなり」軽くなりました。
顔なじみの人たち、この日初めてお目にかかった人たちともあれこれお話させていただきました。
あらためて「やはり、人と話すのはだいじだな~」と思いました。
これはわたし1人だけのことではなくて、苦しい状況にある人たちは「どこか」「誰か」とつながることが、ときには死活的に重要になります。
ともあれ。
いのちとくらしを守ろう ハートフルフェスティバル」に行ってよかった!
参加された全ての皆さまに感謝します。
ありがとうございます。
またどこかでお目にかかりましょう。(^^


スポンサードリンク


関連ページ


Amazon : 生活保護


投稿者 kihachin : 2013年03月19日 12:00

« 映画『犬と猫と人間と2 動物たちの大震災』プレミアム上映会(東京・新宿、03-27 ※招待あり) | メイン | 【お知らせ】シンポジウム「生活保護基準引き下げは、すべての子どもの命と育ちと学びにどう影響するの?」(東京・四谷、3-30) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4865

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「いのちとくらしを守ろう ハートフル・フェスティバル」(写真10枚):

» 政府マスコミが流言飛語を流す恐ろしさ from 逝きし世の面影
『Dr.中川のがんの時代を暮らす』 3月18日の毎日新聞コラム、福島県の3万8千人中で小児甲状腺癌3人発症(7人が9割の疑い)の異常事態に対して、中川恵... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2013年03月19日 16:53

» 円山公園の白鳥 from 小路のヲタク草紙
[画像]  先日、京都の円山公園内の池で見かけた白鳥です。  2羽で仲良く昼寝中のようです。  可愛いと思ったので撮りましたが、いかがでしょうか。 ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2013年03月19日 20:05

» 出町枡形商店街 @ 「うさぎ山商店街」のモデル!?(前編) from 小路のヲタク草紙
[画像]  今年1月から放映中のアニメ『たまこまーけっと』。  「うさぎ山商店街」という商店街を舞台に、その商店街の餅屋「たまや」の娘「北白川たまこ」とい... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2013年03月20日 19:09

» 出町枡形商店街 @ 「うさぎ山商店街」のモデル!?(後編) from 小路のヲタク草紙
[画像]  今年1月から放映中のアニメ『たまこまーけっと』の舞台「うさぎ山商店街」。  そのモデルになっていると思われる、京都の出町枡形商店街。  前編に... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2013年03月21日 18:55

» 京都妖怪探訪(263):下鴨神社のひな祭り from 小路のヲタク草紙
[画像]  こんにちは。  この妖怪探訪シリーズも前回(262回)から一ヶ月以上も間が開いてしまいました。  オフが公私供に多忙だったのと、他に書きたいネ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2013年03月22日 23:42

» 世界中大笑い、日本の恥さらし from 逝きし世の面影
(仮設配電盤を2年間積んだままの東電提供のトラックのピンボケ写真) 『苦心惨憺の東電の隠蔽工作』 世界最初の人類の偉業を写したNASAのアポロ11号のア... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2013年03月23日 10:02