【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「38.4°C -ツナガルイノチ-」展示写真(17枚) | メイン | 【緊急告知】「水際作戦」を合法化し、親族扶養を事実上保護の要件とする「生活保護法改正法案」の撤回・廃案を求める緊急記者会見(厚生労働記者会、2013-05-15) »


2013年05月13日

【お知らせ】「全国奨学金返済問題ホットライン」(2013-05-18)

全国奨学金返済問題ホットライン」が、2013年05月18日(土)10時~18時、実施されます。
全国共通ダイヤル「0570-050015」。
主催は「奨学金問題対策全国会議」です。

エントリ後半にはわたし(中村)の「学生・若者を借金漬け、債権化するような醜悪な行為は止めましょうよ」小論を加えました。


「STOP!生活保護基準引き下げ」アクションのなかま徳武聡子さん(とくたけ さとこ/司法書士)からの「全国奨学金返済問題ホットライン」お知らせを転載させていただきます。

(★転載開始★)

(※ビラ画像はクリックすると大きくなります)
全国奨学金返済問題ホットライン(2013年05月18日)

【拡散希望】
--------------------------
 全国奨学金返済問題ホットライン
    ・返済方法の相談に応じてくれない
    ・これから借りたいが返済が不安
    ・裁判を起こされた  などお気軽にご相談ください!
--------------------------
《2013年》5月18日(土)10時~18時
全国共通ダイヤル 0570-050015
開催地:釧路・栃木・埼玉・東京・名古屋・大阪・佐賀・沖縄 他
主催:奨学金問題対策全国会議

(★終了★)


以下蛇足ながらわたし(中村)の思いをつらつら述べました。

************

学生・若者を借金漬け、債権化するような醜悪な行為は止めましょうよ

  中村 順

日本の《奨学金》制度はおおかたが実質的な「学生ローン」と化しているんですね。
子どものいないわたしは昨年(2012)くらいからようやく知り始めました。

日本は先進諸国の中では例外的と言ってもいい「学費が高い」国です。
そのため学費捻出に苦しむ学生・保護者が多く存在します。
加えて、いま日本で「奨学金」と呼ばれるものは原則的に「給付」ではなく「貸与」です。
平たく言えば「学生ローン」「借金」ということです。
わたしが直接知っている若い人でも数百万円~1000万円以上の「借金」があるケースが少なくないのです。
返済については…きびしい人が多いのではないかと思います。
いっぽう諸外国で「scholarship」といわれる制度は「給付」です。
これは返さなくていいのです。

つまり、日本は「学生を借金漬けにする国」「学生を債権化する国」なのです(ちなみにアメリカ合衆国もその傾向が強くあるそうです)。
さらには「借金返済には教育効果がある」などと、貸し手の側が自画自賛する。
「奨学金=学生ローン」の返済が滞るようなら(不景気と就職難の影響でとても多い)、「サラ金」並みの取立て・追い込みをかける。
こういった行為も横行しているそうです。
わたしの感覚では「大人(おとな)が決してしてはいけない醜悪な所業」だとしか思えません。
けれども、そういった醜悪な行為が近年やたらにはびこっているようです…。

ここで、大人(おとな)の世代の皆さんにお聞きしたい。
あなたがたは(わたし自身も含めて)、上の世代から「若者を借金漬け、債権化して、過酷な追い込みをかける」ような仕打ちを一般に受けたのでしょうか?
そうではなかっただろう、とわたしは思います(一部ではあったでしょうけれど)。
むしろ「若者を育てる気風」が社会に広くあったと感じています。
社会に育てられた我々大人(おとな)世代が、次世代の若者を育てようとせず、むしろ敵視し搾取するようなことをする。
これはきわめて自己中心的・幼児的な振る舞いではないではりませんか?
学生・若者を借金漬けにするような醜悪で愚劣な振る舞いはやめましょうよ。
そんなことをしても、誰も幸せにはなれませんし、社会も良くはなりません。
むしろ、そのような社会はただ退嬰(たいえい)してゆくばかりでしょう。
つくづく「いまの日本は、子どもや若者を育てようとしない、守ろうとしない国」に思えてなりません。
そんな社会に「未来」はありますか?

なお、学生が借金漬けにされるのは堤未果さん(つつみ みか/ジャーナリスト)も『ルポ 貧困大国アメリカ II』岩波新書(2010)第1章「公教育が借金地獄に変わる」で報告されています。
日本において「なんでもかんでもアメリカ追従」の新自由(ネオリベ)バカ人間(※)がいかにのさばっているか。
そして人々と社会に甚大な害をなしているか。
奨学金・学生ローン問題にもよく現れているとわたしは思います。

(※わたしは「新自由主義(ネオリベラリズム)」と呼ばれるものの本質は「抑制が効かなくなった、限度のない強欲」「ほとんど病的といえる自己中心性」ではないかと以前から考えています。平たくいうと「他人を踏みつけにし、たとえ他者の生命を犠牲にしようとも、とにかくカネが欲しい」奴ら。こういった「なんでもかんでもアメリカ追従」新自由バカたちこそが、いま日本で最大の反社会的勢力になっているのではないか? とも…)


スポンサードリンク


関連ページ



投稿者 kihachin : 2013年05月13日 12:00

« 「38.4°C -ツナガルイノチ-」展示写真(17枚) | メイン | 【緊急告知】「水際作戦」を合法化し、親族扶養を事実上保護の要件とする「生活保護法改正法案」の撤回・廃案を求める緊急記者会見(厚生労働記者会、2013-05-15) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4900

このリストは、次のエントリーを参照しています: 【お知らせ】「全国奨学金返済問題ホットライン」(2013-05-18):

» 原発事故と放射能災害の情報公開ゼロで世界「報道の自由度」日本が22位→53位に急落 from 逝きし世の面影
『5月3日は世界報道の自由の日(ユネスコ)』 『国連教育科学文化機関』ユネスコ(UNESCO)により加盟国に報道の自由を促進し言論の自由の保障を義務付ける... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2013年05月14日 10:28