【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「M」さんのメッセージクロス(第19作)《愛あふれる あたたかな 生活保護 引き下げSTOP》 | メイン | 緊急院内集会《生活保護引き下げのトリックは見破られた! ~「社会保障生計調査」を隠すのは誰?~》(写真12枚) »


2013年05月02日

「STOP!生活保護基準引き下げ」公式サイトを更新しました:みんなで書いたメッセージカード

2013年04月25日に開催された緊急院内集会《生活保護引き下げのトリックは見破られた! ~「社会保障生計調査」を隠すのは誰?~》で披露された「メッセージカード」の写真6枚を「STOP!生活保護基準引き下げ」アクション公式サイトにアップロードしました。

みんなで書いたメッセージカード(緊急院内集会第3弾、2013年4月25日)
(「STOP!生活保護基準引き下げ」アクション)

※院内集会の内容は会場から連続実況ツイートをしてくれた徳武聡子さんのツイートまとめを参照ください。



さまざまなメッセージカード(撮影:野神健次郎さん)

04/25院内集会では、田尻敦子さん(大東文化大学文学部教育学科・准教授/画面向かって左端)により、「メッセージカード」の書き方が説明されました。

なお、上の写真で掲げられたメッセージカードは3/30シンポジウム「生活保護基準引き下げは、すべての子どもの命と育ちと学びにどう影響するの?」で参加者により書かれたものです。


このようなメッセージカード方式は、一人ひとりが「参加した」という実感を得やすいと感じました。
ある程度以上大きな規模の集会では「ただ人の話を聞いて帰るだけ」で「参加」した感じがしない、なんだか「お客さん」のようだ、と感じてしまうことがわたし(個人)自身の体験としても少なくありません。
メッセージカードを書く(手を動かす)、集会のあいだにも掲げる、皆の前で発表する、最後に記念撮影(これが楽しい! クセになりそうです)というやり方は「とてもよくできている」と思いました。
メッセージカードを提唱し指導してくれた田尻敦子さん、参加された全ての皆さま、ありがとうございました。
メッセージカードは、今後も「STOP!生活保護基準引き下げ」アクションの中で、さらに多くの人々により書かれることになりそうです。


みんなで書いたメッセージカード」ページに掲載した写真の撮影者は徳武聡子さん・野神健次郎さん・わたし(中村順)です。
徳武さん、野神さん、ありがとうございます。


話題は変わりまして…。
生活保護基準引き下げに反対する署名」を募集しています。
これまでの署名総数は20万筆以上に達しました。
ありがとうございます!
現在も署名募集中です。
人々の「いのち」と「尊厳」を大切にしない悪政を放置するのはきわめて危険です。
そういった悪政は社会に大きな災厄(虐殺・戦争など)をもたらしかねないからです。
生活保護基準引き下げに反対する署名」にご協力をお願いします。


スポンサードリンク


関連ページ


Amazon : 雨宮処凛


投稿者 kihachin : 2013年05月02日 12:00

« 「M」さんのメッセージクロス(第19作)《愛あふれる あたたかな 生活保護 引き下げSTOP》 | メイン | 緊急院内集会《生活保護引き下げのトリックは見破られた! ~「社会保障生計調査」を隠すのは誰?~》(写真12枚) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4892

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「STOP!生活保護基準引き下げ」公式サイトを更新しました:みんなで書いたメッセージカード:

» サンフランシスコ講和条約61周年、4月28日は日本国の終戦の日 from 逝きし世の面影
(壇上の9名中バンザイと両手を挙げているのは安倍晋三など半数以下の少数) バンザイと両手を挙げると目立つので多いように見えるが、実数は『主権回復の日』の参... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2013年05月03日 08:26