【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 生活保護問題の動画(3本) | メイン | 生活保護改悪反対は「いのちと尊厳を守る運動」であり、わたしたちは皆「いのちの当事者」 »


2013年05月27日

【お知らせ】もやい「サロン・ド・カフェこもれび」で写真展示をさせていただきます(6/1~7/20)

長毛縞猫・フワフワさんのアップ  茶トラ猫・コガネさん
フワフワさん(縞)・コガネさん(茶トラ)


わたし(喜八=中村順)が撮影した猫と花の写真を「特定非営利活動法人 自立生活サポートセンター・もやい」の「サロン・ド・カフェ こもれび」(東京都新宿区新小川町8-20/地図)で展示していただきます。

展示期間は2013年06月01日(土)・06月08日(土)・06月15日(土)・07月06日(土)・07月13日(土)・07月20日(土)午前11時~午後5時です。

ゆるゆるノンビリとした写真展示です。
どうぞ、お気軽にお越しください~。

※写真を観るのはもちろん無料です。
サロン」メニューは飲み物1杯100円からとなっていますので、(できれば)ご注文をお願いします。
100円を払うのもたいへん」という方は、見学のみもOKだと思います。


このたびは「サロン・ド・カフェ こもれび」の皆さまのご厚意に甘えての開催となりました。
サロンにお寄りの際にチラッとでも一瞥していただければ嬉しく思います。
一瞬なりとも心なごんでいただければ本望です。

展示写真を選ぶため、過去約2年間に自分が撮影した写真を全部見直してみました。
それで、わたしは同じニャンコさんたちを飽きることなく延々と撮り続けている(!)ことを改めて悟りました。
上の写真の「フミ」さんなどは数百枚以上撮っています(そのわりに「良い写真」は少ないのですが…)。

さらに気づいたのは「自分の写真は『猫さんたちとわたしの関係性』を写しているのだなあ」ということでした。
ごくごくささやかな、儚(はかな)くもある関係性。
そういった「いのち」「いのち」の記録です。
今後も記録写真を撮り続けたいと思います。

写真展示を観ていただく(であろう)全ての皆さま、「もやい」関係者の皆さまに感謝します。
ありがとうございます


クルマいすユーザの方へ

サロン・ド・カフェ こもれび」は、電動でないクルマいすであれば、テーブル&椅子室(喫煙可室)への入室が可能だそうです(もうひとつの部屋・卓袱台/禁煙室には入れません)。
電動クルマいすの場合、入室は困難かもしれません。
天候がよければ卓袱台/禁煙室の外側デッキ(屋根・テーブルあり)でのカフェ利用ができます。
が、「その場合、写真を観るのはどうしよう?」の点、考慮中です…。
なお、カフェのトイレは手狭なので、「つたい歩き」ができる方でないと使用は難しいそうです。
トイレは近くの施設のものを借用できないか、ただいま調査中です。
以下はカフェスタッフ「G」さんからです。
バリアフリーでなく、申し訳ありません》。


喜八(中村順)の猫関連ウェブページです。


スポンサードリンク


関連ページ


Amazon : たくき よしみつ


投稿者 kihachin : 2013年05月27日 12:00

« 生活保護問題の動画(3本) | メイン | 生活保護改悪反対は「いのちと尊厳を守る運動」であり、わたしたちは皆「いのちの当事者」 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4914