【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「M」さんの新作オブジェ《改悪STOP 堂々と 胸を張って 生きていく》 | メイン | 《要請文「園良太さんへの執拗な任意出頭呼び出しを即刻中止せよ」および、連名のお願い》にわたしも連名しました »


2013年06月20日

【転載】「生活保護法の改悪に反対する研究者の緊急共同声明運動」

生活保護 改悪 基準引き下げ 反対 わたしたちは 一人の 人間として 生きている


生活保護法の改悪に反対する研究者の緊急共同声明運動」(2013年6月14日)を全文転載させていただきます。

賛同者 24日13時現在 約400名

※ご縁のある研究者の方たちも多く参加されています…。

(★転載開始★)

2013年6月14日金曜日

緊急共同声明の呼びかけ

生活保護法の改悪に反対する研究者の緊急共同声明にご賛同下さい。
このメールをご存知の方に転送して下さい。

今、参議院では生活保護法改正案や生活困窮者自立支援法案が審議されています。これは社会保障制度改革推進法(昨年8月成立)が打ち出した「自助・共助」を社会保障に優先させる方向にそって生活保護制度の根底を覆す内容を含んでいます。

もしこれらの法案が通れば、これまでにも増して生活困窮者は生活保護を利用できなくなり、餓死者、自殺者が増える悲惨な事態が広がることは明白です。

残念ながら、今の国会の勢力関係ではこれら改悪法案の成立が阻まれることは極めて難しいと思われます。生活保護はごく少数の貧乏人の問題で、選挙にも影響がないから削っても問題ないというのが現政権や官僚、議員の多数派の考え方であるようです。言うまでもなく生活困窮者は社会的な声を上げにくい弱者です。しかし、「貧乏人は政治に口出しするな」がまかり通れば民主主義は成立ちません。

いま新たな高まりを見せている改憲の動きも、排外的ナショナリズムと共に、社会的弱者の排除抑圧とワンセットになっています。

生活保護基準の切り下げなどに反対し、生存権を守る運動はこれから新しい局面を迎えます。国会の力関係からして法案は通るとしても、どれほどの社会的反対の中で通るかは、いのちと人間らしい暮らしを守る今後の運動にも大きく影響します。

私たち研究者はどの立場に立つのか、その良心がこの問題でも問われているのではないでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この緊急声明にご賛同下さると共に、お知り合いに広めて下さるようお願い致します。終盤国会の日程が押しているため、この声明は随時公にしていきたいと考えています。その際には声明の最終段落は適宜改めることを予めご了承下さい。

お名前と共に、所属・専門など identify する事項を添えて下さい(但し発表に当たっては何らかの調整をすることがあります)。

一刻も早いご賛同をお待ちします!
このメールの拡散もお願いします!

2013年6月14日
井上英夫(金沢大学名誉教授、社会保障法)
木下秀雄(大阪市立大学、社会保障法)
後藤道夫(都留文科大学名誉教授、社会哲学・現代社会論)
笹沼弘志(静岡大学、憲法学)
布川日佐史(法政大学、社会保障論)
三輪 隆(埼玉大学、憲法学)
村田尚紀(関西大学、憲法学)
森 英樹(名古屋大学名誉教授、憲法学)

取りまとめ・連絡先 ===========

takm*mail.saitama-u.ac.jp
(*の部分を@に換えて送信して下さい)

(★転載終了★)


スポンサードリンク


関連ページ


Amazon : 生活保護


投稿者 kihachin : 2013年06月20日 12:00

« 「M」さんの新作オブジェ《改悪STOP 堂々と 胸を張って 生きていく》 | メイン | 《要請文「園良太さんへの執拗な任意出頭呼び出しを即刻中止せよ」および、連名のお願い》にわたしも連名しました »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4931