【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「市民の意見」2013年6月号(発行:市民の意見30の会・東京)にわたしの小論を掲載させていただきました | メイン | 【転載】「生活保護法の改悪に反対する研究者の緊急共同声明運動」 »


2013年06月19日

「M」さんの新作オブジェ《改悪STOP 堂々と 胸を張って 生きていく》

生活保護問題に取り組むなかま「M」さんから新作オブジェ《改悪STOP 堂々と 胸を張って 生きていく》の写真を送っていただきました。
ありがとうございます!

以下3枚の写真撮影は「M」さんです。
写真はクリックすると大きくなります。

改悪STOP 堂々と 胸を張って 生きていく(表)

改悪STOP 堂々と 胸を張って 生きていく(裏)

改悪STOP 堂々と 胸を張って 生きていく(部分)


M」さんによる作品解説とメッセージです。

(★転載開始★)

今回はこんなのを作ってみました~♪
           
    「改悪STOP 堂々と 胸を張って 生きていく
 
       制作期間 4日

なんと、かめの「ゆるぽん」に羽がはえ「生活保護改悪STOP」を訴えながら、仲間と共に伝えています。
短冊には、「堂々と 胸を張って 生きていく」というメッセージを描きました。
鳥かごは、「今の生活保護の現状」を表しています。
本当は、柔軟な緩やかな制度でありながら、がんじがらめにされ、窮屈に閉じ込められている今の生活保護制度。。。それを鳥かごで表現しました。

でも、いつか必ず私たちの思いが届き、鳥かごの扉が開き、本当の「生活保護制度」の意味を取り戻して、自由に飛び立つ日がくる。。。という希望の意味も込めています。

(★転載終了★)


最後の1枚は2013年06月14日に行なわれた首相官邸前スタンディングアクション(主催:「STOP!生活保護基準引き下げ」アクション)に登場した新作オブジェです。
撮影はわたし(中村)です。
こちらの写真もクリックすると大きくなります。

改悪STOP 堂々と 胸を張って 生きていく(首相官邸前で)

”骨太は弱いものイジメだ!”生活保護改悪反対のスタンディングアクション&緊急院内集会(写真12枚)
(「STOP!生活保護基準引き下げ」アクション)


スポンサードリンク


関連ページ


Amazon : 稲葉剛


投稿者 kihachin : 2013年06月19日 20:00

« 「市民の意見」2013年6月号(発行:市民の意見30の会・東京)にわたしの小論を掲載させていただきました | メイン | 【転載】「生活保護法の改悪に反対する研究者の緊急共同声明運動」 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4930