【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 山本太郎議員、生活保護問題に取り組む! | メイン | 麻生太郎「憲法改正の手口はナチスに学んだらどうか」発言 »


2013年07月29日

「ゆるゆる写真展」の撤収、某公園の猫さんたち(写真10枚)

2013年07月26日に撮影した,
「ゆるゆる写真展@もやい・こもれび荘」の撤収、某公園の猫・雌狼・乳児・アオサギさんたち写真10枚をアップロードします。
今回は写真をクリックしても大きくなりません。

NPOもやい・こもれび荘

ゆるゆる写真展」(07月20日終了)の後片付けをするため、NPOもやい・こもれび荘にやってきました。
「ゆるゆる写真展」ポスターは、もやいスタッフの方が作成してくれたものです(ありがとうございました)。
写真のニャンコは「コガネ」さんです。


ぐりさん

サロン・ド・カフェ こもれび」責任者「ぐり」さんにも写真の撤収を手伝っていただきました。
ありがとうございます!
お蔭でとても助かりました。

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)


公園・広場

写真展の撤収を終えた後に、1人で某大型公園を訪れました。
(「この光景は日本ではないみたい?」「シンガポール?」といった声もどこかから…)
とある会議に出席する予定ですが、時間が少しあるので、公園内に生息する猫さんたちの写真撮影を試みます。


雌狼と幼子2人の銅像&白黒猫

公園内で白黒猫さん・雌狼さん・2人の乳児に遭遇!
「ローマの雌狼」と題された銅像は「狼に育てられたロムルスとレムスの兄弟が祖父の仇を討ち全ローマを統一した」というローマ建国神話をテーマとしています。
昭和13年イタリアから東京市に寄贈されたものということですから、ムッソリーニによるファシズム全盛期、日独伊防共協定の頃の話ですね…。


白黒猫さん

雌狼と幼子2人の像越しに、白黒猫さんを撮影。
かわいいお顔ですにゃ。


チャトラ猫さん

蒸し暑さにも負けず、公園内を散策します。
池の近くで、チャトラ猫さんに遭遇。
ちょっと「怖い系」の風貌ですが、フレンドリーな子でした。


チャトラ猫さん

チャトラさん。
にゃんだか勇ましいっぽいポーズ。


アオサギ

石垣の前の池で、アオサギさんにも遭遇。
(この時期はなかなか姿をお見かけしない?)


首輪のチャトラ猫さん

先に登場した子とは別のチャトラさんです。
フェンスに囲まれた安全地帯(変電設備?)の中で悠然と昼寝していました。


首輪のチャトラ猫さん

フェンスの合間にカメラを差し込んで、チャトラさんを撮影。
写真では見えませんが、鈴付きの首輪をしています。
近くにおうちがあるのかもしれません…。


さて、この後は都内某所での生活保護問題に関する勉強会&会議に出席。
なんと! 山本太郎さんがふいに姿を現しました!
この件については以下の弊ブログエントリで書かせてもらっています。

山本太郎議員、生活保護問題に取り組む!
(「喜八ログ」2013年07月28日)


スポンサードリンク


関連ページ


Amazon : 猫の写真集


投稿者 kihachin : 2013年07月29日 20:00

« 山本太郎議員、生活保護問題に取り組む! | メイン | 麻生太郎「憲法改正の手口はナチスに学んだらどうか」発言 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4958

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「ゆるゆる写真展」の撤収、某公園の猫さんたち(写真10枚):

» 歴史を忘れた民族に未来はない from 逝きし世の面影
ソウルで28日行われたサッカー東アジア・カップ男子日韓戦で、韓国の応援団が日本の応援席に向け「歴史を忘却した民族に未来はない」との巨大な横断幕を掲げた。応援... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2013年07月30日 09:37