【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 本仕込みの猿まわし「猿舞座」 | メイン | 《選挙に行こう 一票を活かそう》《強者優先の政治 戦争に突き進む政権 ひっくり返そう》 »


2013年07月19日

新作メッセージクロス(第22作)《ゆっくりと わたしは わたしに なる》

おともだちで運動のなかま「M」さんからメッセージクロス第22作《ゆっくりと わたしは わたしに なる》の写真を送っていただきました。
M」さん、ありがとうございます。
今後も作品の写真をどんどん掲載させていただきたいと思います(わたしはワリとしつこい性格…笑)。
よろしくお願いします~!m(__)m

(※クロス画像はクリックすると大きくなります)

ゆっくりと わたしは わたしに なる

M」さんによる作品解説とメッセージです。

(★転載開始★)

「ゆっくりと わたしは わたしに なる」
2013年 7月12日制作  制作期間 2週間
横110㎝ × 縦120㎝

今回の作品は、夏らしく「イルカ」の「クイール」(右)と「スマイリー」(左)&「人魚」の登場です。ビーズとスパンコールをたくさん使った、今までの作品の中で一番細かく、特に今回は人魚のうろこの部分と髪型にこだわった、ゴージャスな作品となりました。

「真珠は砂粒から作られ、砂粒は貝殻の中でずっと刺激し続け、その過程であの美しいものを貝殻の中で作り上げます。貝殻はグレーで平凡に見えますが、丈夫で成長する間の安全を守ってくれます。私たちも美しさと、いろいろな可能性を兼ね備えた貝殻の中の真珠であり、あらゆる人生の痛みと、涙を通して成長しているのです。」

この言葉は、私が昔落ちこんでいる時に読んだ、心理本の中に書いてあった一節です。今でも私の心の支えにしているこの一節を、作品にしてみたいと思い描きました。

右下の絵は、貝殻の中に小さな人魚がみんなに見守られながら、ゆっくりと成長していく様子を描きました。
一方左下の絵は、金魚鉢の中にいる人魚がうつむいています。その金魚鉢を優しく抱きしめるもう一人の人魚。。。この金魚鉢は人魚の心の中を表しており、金魚鉢から出たいけれども、なかなか出ることができずに、もがいています。でも、そいう自分自身も大切にしながら生きていくという様子を描きました。
そしていつか、そのような苦しいことを経て、焦らずゆっくりと時間をかけながら、「自分になっていく」「自分自身を取り戻していく」ということを真ん中の人魚で表現しました。

(★転載終了★)


スポンサードリンク


関連ページ


Amazon : アジア女性資料センター


投稿者 kihachin : 2013年07月19日 12:00

« 本仕込みの猿まわし「猿舞座」 | メイン | 《選挙に行こう 一票を活かそう》《強者優先の政治 戦争に突き進む政権 ひっくり返そう》 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4949

このリストは、次のエントリーを参照しています: 新作メッセージクロス(第22作)《ゆっくりと わたしは わたしに なる》:

» 京都妖怪探訪(294)2013年祇園祭・山鉾巡行(前編) from 小路のヲタク草紙
[画像]  どうも、こんにちは。  2013年(平成25年)の京都・祇園祭の特集記事の第4回目です。  祇園祭のハイライトとも言われている「山鉾巡行」の様... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2013年07月19日 20:38