【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 麻生太郎氏が「ナチス」発言の言い抜けを試みるものの、はたして逃げ切れるだろうか? | メイン | 自分では気づかないで… »


2013年08月03日

「ゆるゆる写真展」猫の写真(10枚)

ゆるゆる写真展 猫と花と」@サロン・ド・カフェ こもれび(東京・飯田橋/2013年06月01日~07月20日)で展示した猫の写真10枚をアップロードします。
各写真はクリックすると大きくなります。

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)

フワフワさん

フワフワさんのアップ。まるで「フワフワ観音」と言いたくなるような、ありがたい雰囲気です。私(中村)が日頃ささやかにお付き合いいただいている猫さん(およびヒトさん)の中でも最も美形!?


コガネさん

コガネさん。「ネコ専用小公園」で日向ぼっこ。《ネコ専用》とは私(中村)が勝手に決めました。実際には設備が古くて手入れがあまりされていないので、ヒトがあまり利用しない公園です。


コガネさん、フワフワさん

フワフワさん(縞/母)とコガネさん(茶トラ白)の親子。ともに長毛で、とっても器量よしさん。この近所のヒトに手厚く保護されている半野良(半飼い猫?)さんたちです。


ミニカさん

ミニカさん。フワフワさんのお子さまで、コガネさん、スーフィさんとは同胞(はらから)です。2メートルくらいの高さがあるフェンス上にちょこなんと留まっていました。


スーフィさん

スーフィさん。フワフワさんのお子さまで、コガネさん、ミニカさんとは同胞です。お名前の由来は「スフィンクスのよう」だから。草むらの中に潜んでいました。なんとも野生的な絵柄…。


2匹の仔猫さんたち(縞・チャトラ)

「ネコ専用小公園」のベンチで身体を寄せ合う仔猫さんたち。このベンチはかなり古いものらしく、ヒトはあまり使わなくなっていますが、猫さんたちには使い心地が良いようです。


3匹の猫(チャトラ・縞・サビ)

「ネコ専用小公園」で3匹がベンチを占拠中。とても用心深いニャンコさんたちです。私も何度も顔を合わせているうちに、ようやく(比較的)近くに寄らせてもらえるようになりました。


ジャックくん、スル三毛さん

ジャックくん(茶トラ白)とスル三毛さんの親子。集合住宅の屋外駐車場で。この写真撮影時はいたいけな仔猫だったジャックくんも現在はすっかり大きくなり、単独行動をすることも多くなりました


フミさん(黒白茶)に甘えるジャックくん(茶トラ白)。画面右端草むらの中にスル三毛さん(ジャックくんのお母さん)もいます。3匹はいまも変わらず仲良しで、よく一緒にいます。


フミさん

フミさん。「賢人」の雰囲気を漂わせています。この公園と隣接した集合住宅地・屋外駐車場あたりをテリトリーとする野良猫さんです。この付近には心優しい猫好きのヒトが多いようです。

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)


スポンサードリンク


関連ページ


Amazon : 岩合光昭


投稿者 kihachin : 2013年08月03日 12:00

« 麻生太郎氏が「ナチス」発言の言い抜けを試みるものの、はたして逃げ切れるだろうか? | メイン | 自分では気づかないで… »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4963