【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 『本を読んだら、自分を読め』小飼弾 | メイン | 【猫の写真】コマさん »


2013年09月07日

【お知らせ】「差別撤廃 東京大行進」(東京・新宿、2013-09-22)

二十年ほど前からの友人「K」さんが「差別撤廃 東京大更新」(東京・新宿、2013年09月22日〈日〉)の実行委員会に入っています。
それでフライヤー(いくばくか)を送ってくれるとのことです。
今後知りあいの皆さまに直接手渡しさせていただきたいと思います。
よろしくお願いします。

(※公式プラカード画像はクリックすると大きくなります)

差別撤廃 東京大行進

差別撤廃 東京大行進 The March on Tokyo for Freedom
2013年9月22日(日) 新宿中央公園 水の広場 12時半集合 13時出発


以下は蛇足ながら。
K」さんとは彼が十代の終わり、わたしが三十代初めのころ土木作業の現場で知りあいました。
近年ではじっくり話す機会も少ないのですが…。
この頃は脱原発・反差別・反TPPなどアクションの現場でときどき顔を合わせます。
どうやら、お互い「生き方」はこの20年間のあいだブレていないようです。

ところで。
アンチレイシズム運動の人たち(主にわたしより年少の男性)を見ていると「にゃんとも『マッチョ』だなあ」と感じます(笑)。
とはいえ、我が身を振り返るなら…。
わたしも以前は相当なマッチョスタイルをとっていたのでした。
折々には人を怒鳴りつける。
ときには殴る(殴り合いの喧嘩になる)。
職場の先輩や上司を怒鳴りつけるなども何度か(も)…。
K」さんはわたしの「マッチョぶりっこ時代」にもっとも親しく付き合った友人です。
ただし、当時でもわたしは怒鳴る・殴るの対象を「戦闘力があって且つ戦闘的な男性」に限っていました。
女性や「戦闘的ではない男性」に対してはそういう態度はとりません、いまも昔も。

その後、40代でウエイトトレーニング(バーベルやダンベルを使用する「筋トレ」)に凝っているとき。
ふと「攻撃的でマッチョな言動(行動)は自分には合わないかも?」と気づきました。
それと、やたらに攻撃的なのは「自分の弱さの現われ」だと自覚し…。
いまは意識的に「おとなしい、やさしい」スタイルを心がけています。
やっぱり、こちらのほう(おとなしい、やさしい)が自分には合っていそうです。

でも正直にいうと、内面は死ぬまで「とんがった」ままかもしれません。
わたしは「成熟」とは無縁の人間だろうと思います…。


差別撤廃 東京大行進 The March on Tokyo for Freedom
2013年9月22日(日) 新宿中央公園 水の広場 12時半集合 13時出発


スポンサードリンク


関連ページ


Amazon : テッサ・モーリス-スズキ


投稿者 kihachin : 2013年09月07日 12:00

« 『本を読んだら、自分を読め』小飼弾 | メイン | 【猫の写真】コマさん »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4985

このリストは、次のエントリーを参照しています: 【お知らせ】「差別撤廃 東京大行進」(東京・新宿、2013-09-22):

» レッドラインを踏み超えた日本、1941年12月8日と2013年9月8日 from 逝きし世の面影
(1年前の2012年09月07日『悲劇の絶滅動物』に掲載した、最後の一頭だったタスマニアタイガーのベンジャミンの映像 メスなのにベンジャミンとういオス名前が... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2013年09月09日 10:52