【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 【猫の写真】スーフィさん | メイン | 【猫の写真】ナイトーさん »


2013年09月24日

生活保護関連のデモ・アクション・学習会情報(2013年09月下旬~10月)

改悪 STOP みんな 生活保護に 守られている
メッセージクロス《改悪 STOP みんな 生活保護に 守られている》 by 「M」さん


生活保護制度に関するデモ・アクション・学習会などの情報(2013年09月下旬~10月)です。
わたし(中村)が個人的に把握している情報を時系列順にまとめました。
新たな報せが入りましたら加筆・修正します(※情報募集中です!)。


北京JAC定例学習会 シリーズ「女性と貧困」 生活保護抑制政策と「絆」原理主義
2013年09月27日(金)18時半~20時半
東京都文京区男女平等センター
講師: 稲葉剛(NPOもやい)
資料代: 500円
主催: 北京JAC(世界女性会議ロビイングネットワーク)


第2回 シンポジウム <生活保護と扶養義務>
09月28日(土)13時半~17時
東京・御茶ノ水 明治大学リバティタワー1022教室
1. 家族制度と生活保護
蓑輪明子(一橋大学特別研究員)
2. 生保における扶養義務と民法
吉永純(花園大学教授)
3. 扶養義務と生活保護行政 -生保改革二法案と「特別部会報告」
稲葉剛(NPOもやい)
資料代: 500円
主催: 生活保護法改悪に反対する研究者の共同声明
(※第3回は10月20日に専修大学神田校舎で開催予定)


いのちの切り捨てを許さない!!新宿アルタ前アクション&パレード
09月29日(日)
15時、新宿駅東口・アルタ前(斜め前)集合
16時半、新宿区立柏木公園(新宿駅西口)集合、その後、パレード出発
主催:「いのちの切り捨てを許さない!新宿アルタ前アクション&パレード」実行委員会
【問い合わせ】大西連(080-3253-0209)


白井記者のCPI道場 デタラメ指標にもとづく生活保護基準大幅引き下げのカラクリ
09月30日(月)18時半~21時
埼佛会館2階(埼玉県さいたま市浦和区高砂4?13?18)
講師: 白井康彦さん(中日新聞)
参加無料
主催: 埼玉弁護士会


水曜夕暮れ官邸前。 《このまますすむと困っちゃう!!》アクション
10月02日(水)18時~20時(雨天中止)
首相官邸前(地下鉄丸ノ内線国会議事堂前駅すぐ)
消費税増税・生活保護改悪・社会保障切り捨てに突き進む安倍政権の暴走を止めよう!
年内は毎月第一水曜日に実施予定です。
呼びかけ団体: このまますすむと困っちゃう人々の会


第14回社会保障審議会生活保護基準部会(厚生労働省)》
10月04日(金)15時~17時
東京・霞ヶ関 中央合同庁舎5号館6階 専用第23会議室(国会側)
(東京都千代田区霞が関1丁目2番2号)
※傍聴を希望される方はこちらの募集要領によりお申し込みください。
《申込締切: 10月02日(水)15時必着》
当日午後2時より厚生労働省前でアクション(要求・宣伝行動)を行ないます。マイクアピール・ビラ配り・プラカード掲示などが予定されています。参加される方は中央合同庁舎5号館・東玄関前(日比谷公園側)に直接お越しください。【アクションの呼びかけ文


「1万人審査請求」の達成をふまえ生活保護基準引き下げの撤回等を求める会見
10月11日(金)13時30分~
厚生労働記者会(東京都千代田区霞が関1丁目2番2号)
1 「1万件審査請求運動」の達成状況報告
2 厚生労働省・基準部会に対する申入内容
【発言者】
○ 吉田 雄大(弁護士・生活保護基準引き下げにNO!全国争訟ネット)
○ 安形 義弘(全国生活と健康を守る会連合会会長)
○ 田川 英信(自治体職員・元生活保護ケースワーカー)
○ 宇都宮 健児(弁護士・STOP!生活保護基準引き下げアクション)
○ 尾藤 廣喜(弁護士)
○ 山口 一秀(中央社会保障推進協議会事務局長


<審査請求フォローアップ相談会>
10月11日(金)15時~19時
東京・四谷 司法書士会館9階ラウンジ(東京都新宿区本塩町9-3/アクセス
※裁判の闘い方については、全力で検討しているところですが、どんな場合に、どんな裁判ができるのかなど、今のところ分かっている範囲で、みなさまにお伝えしたいと思っています。
審査請求を行った方は、審査請求書の写し、裁決書(あれば)をご持参ください。
主催: はっさく応援団


生活保護法改悪案の廃案を求める国会前座り込み行動
10月16日(水)17日(木)~廃案まで連日 13時~15時 ※10/16は台風のため中止です!
衆議院第2議員会館前
※社会保障大改悪の日程を押し付けるプログラム法案は《10月》15日閣議決定、生活保護大改革二法案は18日閣議決定の予定で、全生連は生活保護基準引き下げの撤回とあわせて、16日から連日の座り込みをおこないます。みなさん、支援の参加、激励、差し入れをお願いいたします。
主催: 全国生活と健康を守る会連合会(全生連)


いのちの切り捨てを許さない!緊急院内集会~生活保護法改正法案&生活困窮者自立支援法にNO!~
10月17日(木)15時~18時(14時40分~参議院議員会館ロビーにて通行証を配布)
参議院議員会館講堂(周辺図
登壇者: 布川日佐史(法政大学教授)・稲葉剛(NPOもやい/住まいの貧困に取り組むネットワーク)・竹信三恵子(和光大学教授/元朝日新聞記者)・森川清(弁護士)
☆当事者のリレートーク・支援現場からの報告 等
司会: 雨宮処凛(作家)・大西連(NPOもやい)
主催: いのちの切り捨てを許さない!緊急アクション
問い合わせ: 東京都新宿区新小川町8-20こもれび荘 もやい気付(担当: 大西連) no.kirisute@gmail.com


「M」さんの「メッセージクロス展」第2弾
10/19、11/2、11/9、11/16、12/7、12/14 各土曜日 11時~17時
「NPOもやい」こもれび荘(東京都新宿区新小川町8-20/アクセス
M」さんより: 昨年の10月に「もやい」で「メッセージクロス展」をやらせて頂き、あれから1年。。。
今年も作品展をやらせて頂くことになりました。
今回は、私の「心の内面を表現した作品」、4枚のクロスを展示させて頂く予定です。
作品自体は、明るくポップな感じですが、これまでの抑圧してきた感情や、心の葛藤を作品の中では描いています。
自分自身を大切にできなかった私が、この「メッセージクロス」の表現を通して、ようやく自分自身を肯定できるようになりました。
メッセージクロスを見て何かを感じて頂ければ、嬉しいです。


基準引下げ問題勉強会
10月19日(土)14時~17時15分
東京・四谷 日司連ホール(司法書士会館地下1階/アクセス
会場費・資料代1000円
基調報告「生活保護基準引き下げ問題について」 岩永理恵さん(神奈川県立保健福祉大学講師)
報告「CPI分析について」 白井康彦さん(中日新聞)
生活保護制度利用者からの報告生活保護利用当事者
老齢加算に関する最高裁判決の分析
一斉審査請求と訴訟について
ホームレス総合相談ネットワーク


いのちとくらしを守ろう・ハートフルフェスティバル in 青年大集会2013
10月20日(日)11時~12時半
明治公園(東京都渋谷区千駄ヶ谷1丁目/アクセス
青年大集会2013に「ハートフルフェスティバル」がブースを出します。
生活保護改悪に対して願いのこもったメッセージクロスやオブジェを展示しています。
弁護士とケースワーカーによる「無料生活相談」や「10分100円レディースハンドマッサージ」「アルミ缶で手作りマラカス」コーナーもあります。
また、集会後のアピールウォーク(15時~)で、生活保護改悪反対を一緒にコールしませんか。


第3回シンポジウム <生活保護と就労支援>
10月20日(日)13時半~17時
専修大学神田校舎7号館3F 731教室《アクセス
1 生活保護法改正と生活困窮者自立支援法 布川日佐史(法政大学教授)
2 生活保護の就労支援の変質-2013年5月「基本方針」 小川洋(全労働省労働組合中央執行委員)
3 生活困窮者自立支援法と就労支援 渡辺寛人(仙台 POSSE)
4 就労支援と労働市場 丸谷浩介(佐賀大学教授)
資料代: 500円
主催: 生活保護法の改悪に反対する研究者の共同声明


全国一斉生活保護「水際作戦」ホットライン
10月23日(水)10時~22時
【通話無料】0120-158-794(ひんこんはなくす)
※フリーダイヤルにおかけいただきますと、お近くの弁護士会につながります。なお、上記時間内は、話中時でも他の地域の弁護士会につながるように設定されています。
主催: 日本弁護士連合会・各地の弁護士会など


健康で文化的な最低限度の生活とは?連続学習会
第1回 <私の生活保護はどうなるの?>
10月24日(木)18時半~
三鷹市市民協働センター第2会議室
報告: 谷村明子さん(弁護士、西東京共同法律事務所)
主催:「びよんどネット


スポンサードリンク


関連ページ


Amazon : 生活保護


投稿者 kihachin : 2013年09月24日 12:00

« 【猫の写真】スーフィさん | メイン | 【猫の写真】ナイトーさん »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4997

このリストは、次のエントリーを参照しています: 生活保護関連のデモ・アクション・学習会情報(2013年09月下旬~10月):

» 「この国は恐ろしい国だ」気が付かないの間に日本国の姿が変わって来ている from 逝きし世の面影
『日本は恐ろしい国である』 『この国は恐ろしい国だ 連休の間に考えるべき国の姿』と題した日刊ゲンダイ2013/9/21記事が、寺島実郎(月刊世界10月号『... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2013年09月25日 09:03