【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 【猫の写真】スル三毛姉妹 | メイン | 「軍隊」とは「官僚機構」そのもの。「軍国主義化」とは社会と国家が「卑劣化」することです »


2013年10月26日

『生活保護で生きちゃおう!』2013年11月01日刊行!

生活保護で生きちゃおう! ―崖っぷちのあなた! 死んだらダメです。』が2013年11月01日「あけび書房」から刊行されます(定価1200円+税)。
生活保護改悪に反対する運動のなかま和久井みちるさん(「生活保護問題対策全国会議」幹事)と雨宮処凛さん(作家)が文章、さいきまこさん(漫画家)が漫画を担当されています。

(※本の表紙画像はクリックすると大きくなります)
生活保護で生きちゃおう!

著者のひとり和久井みちるさんからのお知らせです。

(★転載開始★)

☆~新しい本のお知らせ~☆

この夏、生活保護費は削減されてしまいましたが、
でも、これほど大事な制度は他にないんだよー!
ということで、このたび、また生活保護に関する本を
作家の雨宮処凛さん、漫画家のさいきまこさん、
そして生活保護利用中の仲間たちの力を借りて、
一緒に出版することになりました。

『生活保護で生きちゃおう!』(あけび書房)という
必要な人はどんどん利用しちゃいましょう~!と
明るく呼びかけるための一冊です。

この夏に、長編漫画で
陽の当たる家 生活保護に支えられて』を発表された
さいきまこさんが、今回はショートストーリーで、軽快に、
ニヤリとしたり、ほろりとしたりさせながらも核心をついて
いく、ワクワクするような素敵な漫画を描いてくださって
います。(ネコ好きの方にもうれしい漫画です。うふふ)

雨宮処凛さんの書き下ろし、
『今、改めて「生きさせろ!」』は雲がすーっと晴れて
いくような、新しい力が湧き出てくるような迫力です。
ファンの方にはたまらないことと思います。

そして何よりも、何よりも、
生活保護利用中の仲間の座談会は、是非ご一読
いただきたい内容です。

虐待、障がい、依存症、精神疾患などさまざまに
背負ってきたものを、それぞれがごく普通にさらりと
語りながら、生活保護で生きるということの意味を
考えさせてくれると思います。

今、生活保護をめぐっては様々な動きがありますが、
であればこそ、生活保護は生きるための制度なんだと
生活保護の利用をためらっている多くの方々や、根強い
偏見を持っている方に改めて伝えられたらと思います。

11月1日にアマゾン、大手書店に並ぶ予定です。

まだ何の支援にもたどり着けない、迷っている方々や
生活保護利用中の方の手にも届くよう、地域の図書館
へのリクエストも、どうぞよろしくお願いいたします。

(★転載終了★)


生活保護で生きちゃおう! ―崖っぷちのあなた! 死んだらダメです。
雨宮処凛・和久井みちる/文 さいきまこ/漫画
あけび書房(2013年11月01日発売予定)


スポンサードリンク


関連ページ


Amazon : 雨宮処凛


投稿者 kihachin : 2013年10月26日 08:00

« 【猫の写真】スル三毛姉妹 | メイン | 「軍隊」とは「官僚機構」そのもの。「軍国主義化」とは社会と国家が「卑劣化」することです »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/5027

このリストは、次のエントリーを参照しています: 『生活保護で生きちゃおう!』2013年11月01日刊行!:

» 「半沢直樹」と「あまちゃん」人気から見えてくる日本 from 逝きし世の面影
『42年続いた「水戸黄門」としての半沢直樹』 『やられたらやり返す。倍返しだ』の決め台詞が大フィーバーしたドラマ半沢直樹ですが、内容的には実にシンプルで分... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2013年10月28日 09:31