【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 【猫の写真】コジマさん | メイン | 【お知らせ】「STOP!生活保護基準引き下げ」更新: 11/13院内集会の写真 »


2013年11月10日

山本太郎議員に嫉妬し恐れる、石破・世耕氏ら「田舎の世襲ボス」さんたち

4人の国会議員の選挙得票数を比較していただきたい。

☆第23回(2013)参議院議員通常選挙
・和歌山県選挙区世耕弘成氏(自由民主党)の得票数【337,477票
・東京都選挙区山本太郎氏(無所属)の得票数【666,684票

☆第46回(2012)衆議院議員総選挙
・鳥取県第1区石破茂氏(自由民主党)の得票数【124,746票
・山口県第4区安倍晋三氏(自由民主党)の得票数【118,696票

こうした数字からは、「田舎の世襲ボス」さんたちが日本政府の中枢を占めている、ということが言えるのではないだろうか。

また、石破茂自民党幹事長・世耕弘成内閣官房副長官は「山本太郎氏は議員を辞めるべきだ!」と主張する強硬派の代表格でもある。

山本太郎議員に自発的辞職求める 世耕官房副長官(「朝日新聞デジタル」2013-11-02)
 世耕弘成官房副長官は2日の読売テレビの番組で、山本太郎参院議員(無所属)が10月31日の秋の園遊会で天皇陛下に手紙を渡したことを批判し、「自ら出処進退を明らかにするべきだ」と自発的な議員辞職を求めた。
 山本氏が「立場や身分は一度横に置いて思いを伝えたかった」と主張していることについて、世耕氏は「参議院を代表して(園遊会に)出ていたことは間違いない。私人ではない」と指摘。「誰でもわかる、やってはいけないこと。議員の資格はない」と述べた。
石破幹事長が山本太郎議員批判 「あれをあのままにしていいと思わない」(「J-CASTニュース」2013-11-03)
自民党の石破幹事長は2013年11月2日、北海道・札幌市で講演し、山本太郎参議院議員(無所属)が園遊会で天皇陛下に手紙を手渡した問題について、「あれを、あのままにしていいと、私は思いません。参議院の秩序というものはどうなるのだ。これが、何の問題にもならないということが、あってはならない」「テレビや新聞に大きく取り上げられることで、自分の存在感を大きくしようと思ったのではないか。天皇陛下の政治利用と言われても仕方ない」などと述べ、厳しく批判した。

彼らのような「田舎の世襲ボス」さんたち──運命のイタズラで国政の中枢に入ってしまった人たち──が山本太郎氏を恐れる理由は分かるような気がする。

自分たちには絶対にできないこと──非世襲かつ無所属で多数有権者の支持を得て国政選挙において当選すること──を山本氏がやり遂げているから。
これは石破・世耕両氏には逆立ちしても絶対に不可能なことだ。

本人たちにはその事実を認めることはできないかもしれないが…。
誰の目にもはっきりと分かる冷酷な事実だろう。

ゆえに彼ら「田舎の世襲ボス」さんたちは山本太郎氏に猛烈に嫉妬する。
法的根拠も欠いたまま「山本議員を追放するべきだ!」と息巻く(彼らは「法のプロフェッショナル」であるべき国会議員なのに)。

それは「恐れ」に基づく「身も蓋もない」正直な反応なのだろう。
「哀れ」を誘われる光景ではあるが、それこそ許されるべきことではない。


スポンサードリンク


関連ページ


Amazon : 原子力発電


投稿者 kihachin : 2013年11月10日 09:00

« 【猫の写真】コジマさん | メイン | 【お知らせ】「STOP!生活保護基準引き下げ」更新: 11/13院内集会の写真 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/5040

このリストは、次のエントリーを参照しています: 山本太郎議員に嫉妬し恐れる、石破・世耕氏ら「田舎の世襲ボス」さんたち:

» 朱雀門跡 @ 京都妖怪探訪(312) from 小路のヲタク草紙
[画像]  どうも、こんにちは。  このシリーズ記事を書くのは久しぶりなような気もする今日この頃ですが。    今回は、このシリーズにふさわしく、鬼の伝説... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2013年11月15日 12:23