【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「差別問題の社会学 被差別部落出身の当事者を迎えてお話を聞く会」埼玉大学(写真5枚) | メイン | 「必敗の政治家」安倍晋三は今回も必ず負ける(首相宛のツイートまとめ2) »


2013年12月09日

「第20回 ほしのいえ 講演とミニライブ」(写真8枚)

2013年12月06日《星にみちびかれて 遠い道を歩き続ける 第20回 ほしのいえ 講演とミニライブ 「99%を犠牲にする社会を考える」》が東京「ムーブ町屋」で開催されました(主催「ほしのいえ」)。
トーンチャイム・講演・報告・ライブと、ほんとうに素敵な集いでした。
皆さま、ありがとうございました!


以下8枚の写真撮影はわたし(中村)です。
写真はクリックしても大きくなりません。

菅野眞子さんとシルベスタークワイヤー

菅野眞子さん指揮「シルベスタークワイヤー」のトーンチャイム演奏。
20回にわたって続けられてきた、ほしのいえ 講演とミニライブは毎年トーンチャイムで開始されるそうです。
素晴らしい音色の合奏・合唱に、雑駁なわたしもこころ癒されました。
写真は演奏終了後に花束を贈呈されたところです。


シスター中村

ほしのいえ」創設者のシスター中村ベリス・メルセス宣教修道女会)による挨拶。
「ほしのいえ」は東京・山谷(さんや)地区での炊き出し・作業場・生活相談・福祉活動などの活動を20年以上にわたって実践しています。
たまたまご縁がありまして、わたしはベリス・メルセス宣教修道女会に所属されていた故・シスター小林(2011年07月28日永眠)と新宿西口反戦意思表示でのなかまでした。

小林登喜和シスターのご冥福を祈ります
(「喜八ログ」2011年07月30日)

シスター中村は先輩であったシスター小林から「厳しく指導された」こともあったそうです。
そのほか故シスター小林を偲んで、少しだけお話をさせていただきました…。

シスター中村の挨拶の後は、和久井みちるさん(元生活保護利用者/「生活保護問題対策全国会議」幹事/『生活保護とあたし』著者)の講演が行なわれました。
が、和久井さんの希望により写真はアップロードしません。
和久井みちるさんとわたしは「STOP!生活保護基準引き下げ」アクションのなかまです。いつもお世話になっています。


山本英夫さん

山本英夫さん(フォトグラファー/自然写真・報道写真)による報告。
山本さんは10月から沖縄に在住されています。
沖縄に押し付けられる米軍基地、拙速に進められる秘密保護法の問題を舌鋒鋭く語りました。
山本英夫さんとも新宿西口反戦意思表示で何度かご一緒させていただいたことがあります。


参加者の皆さま

山本英夫さんによる報告の後、休憩時間。
ロビーにさまざまなブース(キリスト者のグループ・NPO・貧困支援団体・出版社・中川五郎さん・山本英夫さんなど)が出ています。

画面向かって左奥に「ほしのいえ」スタッフの中沢譲牧師(日本基督教団)の横顔も見えます(ベージュ色のジャケットの男性)。
中沢牧師とは生活保護「改悪」に反対する運動(デモ・アクション・集会・学習会など)でたびたびご一緒させていただいています。お世話になっています。


NPO法人自立生活サポートセンター・もやいのメンバー

NPO法人自立生活サポートセンター・もやい」のブース。
普段わたしがお世話になっている方たちのお顔がいくつも。
画面向かって右端に座っている男性(白いシャツにベスト)は「こもれび荘のパパ」こと小野寺猛さんです。こもれび荘のメインテナンス全般・「サロン・ド・カフェ こもれび」週替わりランチの調理など様々な業務を担当されています。


小林美穂子さんと稲葉剛さん

NPOもやい」の小林美穂子さんと稲葉剛さん。
いつもお世話になっております。
稲葉剛さんが手にしている本は本人が執筆された『生活保護から考える』岩波新書(2013.11.20)です。
以下は関連する弊ブログエントリです。

稲葉剛『生活保護から考える』岩波新書(2013)
(「喜八ログ」2013年12月03日)


中川五郎さん(バンジョー)

この日の「トリ」は中川五郎さん(シンガーソングライター/小説家/翻訳家)のライブ。
端的に「素晴らしい!」と思いました。
わたしも共に「We shall overcome(大きな壁が崩れる)」や「手のひらに太陽を」を歌わせていただきました。


中川五郎さん(ギター)

これまでも中川五郎さんの歌と演奏はさまざまな場所で聴かせていただいています。
12/6ほしのいえイベントでは最前列に陣取り(※写真撮影係だったため)、存分に堪能させていただきました。
熱気に溢れた、素晴らしいライブでした!
中川五郎さん、ありがとうございました。

************

 星にみちびかれて 遠い道を歩き続ける 第20回 ほしのいえ 講演とミニライブ 「99%を犠牲にする社会を考える」
2013年12月6日(金)18時半~20時半(開場18時)
東京・町屋「ムーブ町屋」3Fホール(地下鉄千代田線・京成線「町屋」駅下車1分)
集会協力券2千円
☆トーンチャイム:菅野眞子さん指揮「シルベスタークワイヤー
☆講演:和久井みちる(「生活保護問題対策全国会議」幹事/『生活保護とあたし』著者)
☆報告:山本英夫(フォトグラファー/自然写真・報道写真/10月から沖縄在住)
☆ライブ:中川五郎(シンガーソングライター/小説家/翻訳家)
主催: 「ほしのいえの集い」実行委員会
問い合わせ先
「ほしのいえ」TEL/FAX:03-3805-6237(火・木・土 13時~16時)
携帯:090-4396-7446(三上)
振替口座
番号:00170-2-556971 口座名:ほしのいえ
ホームページ http://hosinoie.net/
メールアドレス info@hosinoie.net

************


スポンサードリンク


関連ページ


Amazon : 和久井みちる


投稿者 kihachin : 2013年12月09日 12:00

« 「差別問題の社会学 被差別部落出身の当事者を迎えてお話を聞く会」埼玉大学(写真5枚) | メイン | 「必敗の政治家」安倍晋三は今回も必ず負ける(首相宛のツイートまとめ2) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/5070

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「第20回 ほしのいえ 講演とミニライブ」(写真8枚):

» 韓国に飛び火した防空識別圏(ADIZ)騒動 from 逝きし世の面影
『離於島(イオド)馬羅島(マラド)鴻島(ホンド)を入れた韓国の新防空識別圏(KADIZ)』 11月末に中国軍が日本の防空識別圏と重なる形の中国独自の防空... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2013年12月11日 11:18