【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 【特定秘密保護法案】海渡雄一弁護士からの呼びかけ | メイン | 「第20回 ほしのいえ 講演とミニライブ」(写真8枚) »


2013年12月08日

「差別問題の社会学 被差別部落出身の当事者を迎えてお話を聞く会」埼玉大学(写真5枚)

2013年12月05日、埼玉大学経済学部で行なわれた公開授業「差別問題の社会学 被差別部落出身の当事者を迎えてお話を聞く会」を聴講してきました。
その際撮影した写真5枚をアップロードします(※今回は写真をクリックしても大きくなりません)。

埼玉大学

埼玉大学を訪れるのは、文字通り今回が「生まれて初めて」です(「最後」になる可能性も…)。
最寄駅の埼京線「南与野」から2km半くらいはあるでしょうか。
バスには乗らず、ノンビリと歩いてやってきました。


黒坂愛衣さん

黒坂愛衣さん(くろさか あい/埼玉大学非常勤講師・東京外国語大学非常勤講師)。
今回の「被差別部落出身の当事者を迎えてお話を聞く会」を主催されています。
このような公開授業に参加して、ブログなどに紹介記事をアップロードするのも、ささやかながらわたし(中村)なりの「差別に抗(あらが)う」実践かな?
と、これは後になってから思いました(つまり「後知恵」ですが…)。


戸田眞さん

語り手の戸田眞さん(とだ まこと/「部落解放同盟栃木県連合会」事務局長)。
黒坂愛衣さんのご本『とちぎ発部落と人権のエスノグラフィ〈Part1〉 〈Part2〉 〈Part3〉』創土社(2003、2004)を通じて、戸田眞さんについては「予習」充分のわたしでした。
ただし、戸田さんも仰っていましたが、黒坂さんの本を読んだ人は「がっちりと固太りしたオヤブン風の人」を連想することが多いようです。
じつはわたしもそう思っていました(笑)。
実際には瀟洒な感じの紳士でした。
この日も戸田さんはみっちりと70分間語ってくれました。
部落差別に対する「世間」の意識・意見。
被差別部落の源流と歴史。
「同和対策事業」。
部落差別の現実(現在)。
たった今も残る「結婚差別」。
落書き・手紙・インターネット・身元調査・情報屋などの差別。
「週刊朝日」による橋下徹氏への差別事件。
わたしたちはどのようにして人権侵害に抗(あらが)っていくか?
などなど…。
戸田さんの巧みな話術により、あっという間に終わってしまったという感じでした。
お話の中では特に次の2つの言葉が強く印象に残りました。

差別や人権侵害はおろかで醜い行為。
幸福な人間は他者を差別するようなことはしない。

わたしもわたしなりに差別や人権侵害に対して地道に確実に自分のできること・したいことを実践し続けていきたいと思います。


埼玉大学(夜景)

埼玉大学夜景。
「今日は遠路はるばる(?)来てよかった!」と思いつつ、帰路につきました。
黒坂愛衣さん・戸田眞さん・皆さま、ありがとうございました。


三毛猫さん

おまけの三毛猫さん写真です。
さいたま市内某所で出合った…というか前もって、黒坂さんに猫スポット情報をお聞きしていました。
よく似た4匹のニャンコさんたちが、近所の人たちに可愛がられているらしいご様子でした…。


スポンサードリンク


関連ページ


Amazon : 黒坂愛衣


投稿者 kihachin : 2013年12月08日 12:00

« 【特定秘密保護法案】海渡雄一弁護士からの呼びかけ | メイン | 「第20回 ほしのいえ 講演とミニライブ」(写真8枚) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/5068