【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« さいき まこ『陽のあたる家~生活保護に支えられて~』秋田書店(2013.12.16) | メイン | 山口静子さん主催の忘年会@高円寺素人の乱12号店に参加しました »


2013年12月18日

【猫の写真】公園クァルテット

わたし(喜八=中村順)が撮影した猫写真をぼちぼちとアップロードしています。
今回は「公園クァルテット」さんたちを紹介します。

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)


以下9枚の写真はクリックすると大きくなります。

ウッシーさん

とある公園付近をテリトリーとする四人(猫)組の「公園クァルテット」さんたち。

1枚目の写真はウッシーさんでした。


パンチさん

2枚目はパンチさん。
「公園クァルテット」さんたちは全員男性。
猫ボランティアさんの負担により避妊手術を受けている「地域猫」さんたちです。
耳の先っちょがカットされているのが、そのしるしです。


シジマさん

お次はシジマさん。
驚いたような顔をしていますが、これは実際に驚いていたのでした。
この公園は街中にあるため、「公園クァルテット」さんたちはヒトから脅されるようなことも多く、皆さん用心深いのです。


ミシマさん

クァルテットの最後はミシマさん。
四人(猫)組の中ではいちばん若いそうです(猫ボランティアの方からお聞きした話)。
お名前の由来は「三島由紀夫」とは全然関係なくて、「ミックス縞」さんの略です。
ちなみに「シジマ」さんは「シンプルな縞」さん…。


ミシマさん、ウッシーさん

ミシマさん(向かって左側)とウッシーさん。
彼らがいるのはフェンスで囲ってあって、普通のヒトは入れないゾーンです。
いわば「猫のサンクチュアリ」…といえば大げさですが。


パンチさん(向かって左側)とシジマさん。
このお2人は仲が良いようです。
ウッシーさん・パンチさん・シジマさんの関係も良好。
ただ、シジマさんとミシマさんは仲が悪く、というかシジマさんがいちばん年下のミシマさんを苛めることが多いそうです(猫ボランティアの方による)。


シジマさん、ウッシーさん

シジマさん(上)とパンチさん(下)。
公園に設置されたステンレス流し台の下で(流し台には《猫による迷惑をなくしましょう!》のステッカーが…)。
おなじような写真はこちらにも。


パンチさん・ウッシーさん・シジマさん

パンチさん(手前向かって左)・ウッシーさん(奥)・シジマさんの揃い踏み。
夕闇迫る公園のステンレス流し台の下で。
こういうとき、ミシマさんはちょっと離れたところから様子を伺っていることが多いのです。


ウッシーさん

最後にもう一度ウッシーさんの雄姿を。
なんだか「浮世絵(うきよえ)」に登場する猫のような味のあるお顔をしていますね(笑)。

ウッシーさん・パンチさん・シジマさん・ミシマさんの「公園クァルテット」は今日も元気で、街中の公園・駐車場・各種のお店のバックヤード・ビルとビルの合間を、忍者のように縦横無尽に行きかっています。


スポンサードリンク


当ブログの猫関連記事


Amazon : Nikon


投稿者 kihachin : 2013年12月18日 08:00

« さいき まこ『陽のあたる家~生活保護に支えられて~』秋田書店(2013.12.16) | メイン | 山口静子さん主催の忘年会@高円寺素人の乱12号店に参加しました »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/5079

このリストは、次のエントリーを参照しています: 【猫の写真】公園クァルテット:

» 2013年愛宕道・厭離庵の紅葉、再び! @ 京都妖怪探訪(323) from 小路のヲタク草紙
[画像]  どうも、こんにちは。  再び霊場魔所の紅葉シリーズ。  今回は、シリーズ第316回でもとりあげました厭離庵の、紅葉に染まった光景をお届けしま... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2013年12月18日 20:00

» 2013年・祇王寺の紅葉 @ 京都妖怪探訪(324) from 小路のヲタク草紙
[画像]  どうも、こんにちは。  またまた霊場魔所の紅葉シリーズ。  今回はシリーズ第318回でもとりあげました祇王寺の、紅葉に染まった光景をお届けし... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2013年12月20日 13:51