【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「正しい人」や「善人」にはなろうと思わず、ただ「いのちと尊厳を大切にする人」でありたい | メイン | 【お知らせ】「NPOもやい」が新宿区で発生した「水際作戦」に関して申し入れと話し合いを行ないます »


2014年01月28日

【猫の写真】二階堂レオさん(その2)

おりおり撮影している猫写真をボチボチと公開しています。
今回は「二階堂レオ」さん(その2)です(その1はこちら)。

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)


以下6枚の写真撮影はわたし(中村順=喜八)です。
写真はクリックすると大きくなります。

レオさん

01月20日午前10時ごろ。
レオさん、生まれ育った公園で、日向ぼっこ。
敷いてある段ボールは、この公園付近で野宿しているヒトがレオさん&二階堂(母)さん(※当エントリ6枚目の写真)のために敷いてあげたものです。
公園時代のレオさん(と二階堂さん)には複数のヒトのサポーターがいました。


レオさん

植栽の外に出てきたレオさん。
この後わたしによって連れ去れれるとも知らず、のんびりモード。
途中で動物病院に寄り、健康診断(問題なし。年齢約5ヵ月。体重3.9kg)
この日から、レオさんはウチの子になりました(※二階堂レオさん、うちの子になる)。
とにかくこれで「レオさんがクルマに轢かれる」心配がなくなりました…。


レオさん

うちに来た直後のレオさん。
いきなり知らない場所に連れてこられたためでしょう。
ナーバスになっています。


レオさん

うちに来て2日めのレオさん。
すでにリラックスモードに。
レオさん、公園にいたときと、うちにいるときで、まるで「別猫」さんのように見える時があります。


レオさん

レオさん、いまはもうこんな感じでのさばっています


二階堂さん

レオさんのお母さんの二階堂さん。
木登りが得意です(低木ですが)。
樹上で、キリッ!

二階堂レオさん(その3)」に続きます。


スポンサードリンク


当ブログの猫関連記事


Amazon : 岩合光昭


投稿者 kihachin : 2014年01月28日 08:00

« 「正しい人」や「善人」にはなろうと思わず、ただ「いのちと尊厳を大切にする人」でありたい | メイン | 【お知らせ】「NPOもやい」が新宿区で発生した「水際作戦」に関して申し入れと話し合いを行ないます »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/5119