【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 【お知らせ/時間変更あり】「宇都宮けんじ 都知事選 スーツ街宣」(東京・新橋、2014年01月16日) | メイン | 【猫の写真】ハルさんファミリー »


2014年01月16日

松竹伸幸さんのブログ記事「細川さん出馬の意味」


松竹伸幸さん(ジャーナリスト・研究者・編集者)


松竹伸幸さん(まつたけ のぶゆき/ジャーナリスト・日本平和学会会員[外交・安全保障]・かもがわ出版編集長)のブログ記事を2つ──都知事選における細川護熙氏(元首相)出馬の意味の考察──を紹介します。

細川さん出馬の意味(2014年1月14日)

再び細川さん出馬の意味(2014年1月15日)


最初にお断りしておきますと、わたし(中村順)は2014年都知事選で宇都宮けんじさん(弁護士・前「日本弁護士連合会」会長)を応援しています。
そのため、細川護熙氏と小泉純一郎氏に対する視線はいささか厳しいものになりがちです。
特に小泉氏のことはまったく信用していません──到底できません。

その上で、松竹伸幸さんの《左翼陣営による細川さんへの批判を見ていると、違和感を感じることも多い》《社民主要打撃論がそうであったように、結局、矛先は打撃を与える側に向いてくる。批判すればするほど少数になっていく》という指摘は貴重だと感じました。

宇都宮けんじサポーターであるわたしたちが、細川氏に対して「打撃」を実行すると、むしろ味方が少数になっていくのではないかと危惧します。
細川氏を批判するな」と言っているわけではありません。
細川陣営に対して異論を唱える際は、細心の注意が必要だろうと思うのです。
そうでないと、結果的に宇都宮けんじさんの選挙選にも悪影響を及ぼすのではないかと恐れます。

(※舛添要一氏や田母神俊雄氏に関しては、容赦なく正面から批判すればいいと思います)


以下は松竹伸幸さんに関して。
わたしは2007年にたまたま松竹さんと知りあい、その後ご本をよく読ませていただいています。
お酒をいっしょに呑んだこともたしか2度ばかり。
ほとんどヒト付き合いをしない自分としては結構珍しいことです(笑)。

わたしはたぶん「左翼」ではありません。
左翼政党・党派に属したことは一度もなく、かねてより「反革命」を標榜しています。
敢えて言えば左右両方を持つ「両翼」かな、と思っています。

そして松竹伸幸さんは自他ともに認める「左翼」です。
以前、松竹さんに直接「松竹さんは左翼ですよね?」とお聞きしたところ、間髪をいれず「もちろん、そうです」という言葉が返ってきました。

(※もっとも松竹さんは文字通り「左右両方から」批判されることも多いので、彼もまた「両翼」なのかもしれません…/「左と右からの批判」)

そんな松竹さんとわたしは意見が異なることも少なくありません。
けれども彼の意見を聞いておいてソンはないと、2007年以降の個人的体験を基にして、そう思っているのです。

なお「意見を聞く」は「相手の意見を鵜呑みにする」ということではありません。
自分とは異なる意見を虚心坦懐にお聞きし、その上で是々非々に対応するということです。
それは当たり前のことですが、誤解する人もいそうですから、付言しておきます。

最近もわたしは松竹伸幸さんの『集団的自衛権の深層』平凡社新書(2013)を拝読しました。
そうだったのか!」と眼からウロコ的な感銘を覚えました。
これは皆様にもぜひお勧めした1冊です。
弊ブログでも紹介させていただこうと思いつつ、つい先延ばしになっています(怠惰なもので…汗)。


2014都知事選ではさまざまな動きがありますが、宇都宮けんじさんは徹底的に戦われる覚悟を決めているようです。
言うまでもなく、宇都宮さんは長年にわたり消費者金融被害・オウム真理教被害・貧困などの分野で戦い続けてきた人です。
おそらくそれらの厳しい戦いの中で「諦めたらそこで終わりだ」という哲学を身につけたのでしょう。

わたし(中村)も宇都宮けんじさんを徹底応援したいと思います。
政党にも組織にも属さない「一人勝手連」として。
また、宇都宮さんの「家来」でも「信者」でもなく、対等な人間同士の「水平」のつながりにおいて断固応援します。


スポンサードリンク


関連ページ


Amazon : 宇都宮健児


投稿者 kihachin : 2014年01月16日 12:00

« 【お知らせ/時間変更あり】「宇都宮けんじ 都知事選 スーツ街宣」(東京・新橋、2014年01月16日) | メイン | 【猫の写真】ハルさんファミリー »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/5108

このリストは、次のエントリーを参照しています: 松竹伸幸さんのブログ記事「細川さん出馬の意味」:

» 当然「あるべきもの」が、何処にも無い from 逝きし世の面影
『極悪プロパガンダ』 1月16日付け毎日新聞コラム 『Dr.中川のがんの時代を暮らす』/83では『期待大きい「がん登録制度」』と題して、『昨年12月6日、... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2014年01月17日 11:00

» 岩屋山志明院(その1) @ 京都妖怪探訪(329) from 小路のヲタク草紙
[画像]  どうも、こんにちは。  最近、オフが公私供に多忙で、ネットに関わっていられる時間がほとんどなかったため、前回から間が開いてしまいましたが。  ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2014年01月18日 16:21

» グリーン・ゾーン: アメリカ軍ゴルフ場地図 from マスコミに載らない海外記事
カリフォルニア州から、韓国の非武装地帯DMZまで、ペンタゴンはおよそ200箇所のゴルフ場を運営している Mother Jones2014年1月19日Mother... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2014年01月22日 10:18