【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 格言好きなわたしが、それらの格言を列挙してみました | メイン | 【お知らせ】「山谷から生活保護改悪を問う」~生活保護を利用する私たちの声~(東京・亀戸、2014年02月28日) »


2014年02月26日

【お知らせ】映画『オキュパイ・ラブ』上映会(東京・谷保「かけこみ亭」、2014年02月27日)

『オキュパイ・ラブ』予告篇


世界各地に広がる社会変革を描いた映画『オキュパイ・ラブ』(ベルクロウ・リッパー監督/カナダ/2013/予告編)の上映会が、2014年02月27日夜、東京・谷保の「たべ・のみ・スペース かけこみ亭」で行なわれます(JR南武線谷保駅北口徒歩5分/アクセス)。
20時~/22時~の2回上映。
参加費は500円(要オーダー/カンパ歓迎)です。

オキュパイ・ラブ』は人々に健康、幸せ、そして生き甲斐を提供するはずの現在の資本主義を基板とした古いパラダイムの社会システムが、経済的にも環境的にも崩壊していることを明らかにしていきます。現在人類が直面している危機は、「もうたくさんだ!」と、何百万人もの人々が目覚めるきっかけとなり、すべての生命が共生できる新しい世界を創造しようという行動のきっかけとなりました。
エジプトの市民革命、スペインの大衆反乱、そしてニューヨークのオキュパイ・ウォール・ストリート運動など、世界各地で急速に起こりはじめた社会変革を『オキュパイ・ラブ』は、芽生え始めた公共の愛の探求をしながら鮮明に描き出していきます。
本作には、ナオミ・クライン、ビル・マッキベン、ジェレミー・リフキン、チャールズ・アイゼンシュタインなど、新しい経済システムの創造、持続可能な暮らしへのシフトを訴える世界的な主要人物たちが登場します。


『オキュパイ・ラブ』上映会@かけこみ亭の情報

日時: 2014年02月27日(木)20時~/22時~の2回上映
会場: 東京・国立「たべ・のみ・スペース かけこみ亭
(JR南武線谷保駅北口徒歩5分/アクセス
参加費: 500円+カンパ歓迎(要オーダー)

オキュパイ・ラブ』公式サイト/予告編


※この上映会情報は友人の永瀬ユキさんに教えていただきました。
永瀬さん、ありがとうございます。

以下は弊ブログ(喜八ログ)の「かけこみ亭」関連記事です。

東京都国立市谷保「たべ・のみ・スペース かけこみ亭」を訪れました
(「喜八ログ」2012年06月14日)

「かけこみ亭」店内
たべ・のみ・スペース かけこみ亭


スポンサードリンク

関連ページ


Amazon : ナオミ・クライン


投稿者 kihachin : 2014年02月26日 20:00

« 格言好きなわたしが、それらの格言を列挙してみました | メイン | 【お知らせ】「山谷から生活保護改悪を問う」~生活保護を利用する私たちの声~(東京・亀戸、2014年02月28日) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/5152