【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 舛添要一氏に関するツイートまとめ | メイン | 「脱原発ショック・ドクトリン」「脱原発ファシズム」──やはり小泉純一郎氏を信用することはできない »


2014年02月07日

【動画】宇都宮けんじさん、辛淑玉さんの応援演説に涙をぼろぼろ流す

宇都宮けんじさんが、辛淑玉さん(しん すご/「のりこえネット」共同代表)の応援演説(2014/2/2@渋谷駅ハチ公前)映像を視聴して、人前もはばからず、ぽろぽろ涙を流しています。


宇都宮けんじ、街宣先でYouTubeを見てしまい...。

女性・男性にかかわらず「泣き顔」にはその人の品性が如実に現れる気がします。
わたしは「宇都宮さんの涙には品がある」と思いました。
ある意味「惚れ直し」ました(笑)。
俗に「女性の涙は強い」と言われますが、年の功を得たオジサンが本気で泣くのも「いいもの」だなあと思います。


辛淑玉さんの「魂の演説」です。


東京都知事選挙 渋谷フェス 宇都宮けんじ応援演説 辛淑玉

これはもう「歴史的名演説」と言ってよいのではないでしょうか。
電車に乗りながら視聴したら、涙が止まらなくなり、弱った」といった声が Twitter でも多く流れていました。
わたし(中村順)も、この動画を何度観ても、そのたびに泣けてきます。
特に《「人権」は好きだけれど、「当事者」が嫌いな人たちがいっぱいいました》の部分(5分45秒頃)で涙は滂沱(ぼうだ)と…。

宇都宮けんじ《選挙中、投票のことを度外視しても伝えなければいけないことがある。辛淑玉さんのスピーチがそうでした。彼女のスピーチを後で見て涙が出ました。選挙だからどうのという問題ではない、人間としての、人権の問題を訴えなければいけないんです》


都知事選全候補者の中で宇都宮けんじさんは智謀・胆力・品性・優しさ・しぶとさ・しつこさ・魂の熱さ…において勝っている。
群を抜いて、圧倒的に優位にある。
わたしはそう確信しています。

なお、わたしは宇都宮けんじさんの「家来」でも「信者」でもありません。
いかなる政党・党派にも属さない無党派の「一人勝手連」として、宇都宮けんじさんを勝手に応援しています。
以上は、くどいようですが…。
他の人に対して「信者」とか「~党員」といったレッテル張りを──無責任に無節操に──行なう人たちもいるので、念を入れてお断りしておきます。

わたしはわたしなりに「いのちと尊厳を大切にする」人間でありたいと思っています。
「正しい人」や「善人」になろうとは思わない。
ただ「いのちと尊厳を大切にする」人間でありたい。
だから、「いのちと尊厳を大切にする」実践を長年にわたって実践してきた人・宇都宮けんじを応援するのです。
これはまったくシンプルな話で、迷いはありません。


東京都知事選挙戦もいよいよ最終盤に入りました。
宇都宮けんじさん、サポーターの皆さま、涙・笑い・汗と共に、魂を込めて戦い抜きましょうね。

馬奈木昭雄(まなき あきお/弁護士として水俣病の被害者救済に長年取り組み続ける)《我々は決して負けない。なぜなら勝つまで闘うからだ


スポンサードリンク


関連ページ


Amazon : 宇都宮健児


投稿者 kihachin : 2014年02月07日 12:00

« 舛添要一氏に関するツイートまとめ | メイン | 「脱原発ショック・ドクトリン」「脱原発ファシズム」──やはり小泉純一郎氏を信用することはできない »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/5129