【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 【動画】ジャーナリスト田中宏治さん「いちばん大事なのは、新聞・テレビを信用せず騙されず、自分で情報を取りにいくことです」 | メイン | 【猫の写真】シマミさん親子 »


2014年03月08日

【猫の写真】レオさんの大脱走!/ホスピタル

うちの猫「二階堂レオ」さんの写真(大脱走!編/ホスピタル編)をアップロードします。
レオさんは2013年夏に某公園で生まれ、野良猫として育ち、2014年01月20日からは我が家の一員になっています(弊ブログ関連記事)。

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)


以下4枚の写真撮影はわたし(中村順=喜八)です。
写真はクリックすると大きくなります。

猫の二階堂レオさん

我が家のレオさんは「内猫」です。
お外には出さず、室内で飼っています。
しかし!
先日「大脱走」してしまいました。
家族の不注意で玄関のドアが開けっ放しとなり…。
レオさん、悠々とお外に「探検」に出かけたようです。
それが、昼の12時ごろ。
付近をさ迷うレオさんを、家族は捕まえることができず…。
午後8時に帰宅したわたしが、その後約1時間半かけて、レオさんを自宅に連れ戻しました。
近所のヤブの中・植え込み・公園・駐車場などをひらりひらりと遊び歩くレオさん。
わたしは空腹を抱え、寒空の下、レオさんお気に入りの玩具(おもちゃ)やご飯を手に、大(?)捕獲作戦を実施。
レオさんを無事に保護するまでは、たとえ徹夜することになっても、捜索し続ける!」という悲壮な(?)覚悟でした。
でも、1時間半ほどで連れ帰ることができました。
とにかく、ホッとしました…一安心。
写真はご帰宅して、ご飯をたっぷり食べて、すやすや寝始めたレオさんです(※レオさんの脱走中は、わたしに精神的余裕がなく、また夜間の捜索だったため、写真は撮れませんでした)。
まったく、ヒトの苦労も知らず…。


二階堂レオさん

「大脱走」翌朝のレオさん。
お気に入りの場所、電子レンジの裏側で日向ぼっこ中です。
ヒトの苦労も知らず…(笑)。


レオさん

別の日(大脱走より前)のレオさん、「S」動物病院の待合室で。
生後半年ほど野良猫だったレオさん、何度か病院に通って、検査等いろいろし面倒を見てもらいました。
ちなみに現在の体重4.5キログラム。
おなじ年頃のネコさんたちに比べて、ちょっと大柄です。
肥満しないように、気をつけてあげたいと思います。
夜はわたしの布団の上で寝ているので、レオさんがあまり大きくなると、わたしがつぶされそうなので…。


レオさん

移動用キャリアの透明壁に鼻を押し付けて、ちょっと「ヘン顔」になっている、レオさん。
こんなところに閉じ込められて、大迷惑だにゃー」と思っている…ようです。

でも「ヘン顔」も決まってしまう、ハンサムなレオさんです。
…とは、にゃんとも「猫バカ」なわたしでした…(汗)。


スポンサードリンク


当ブログの猫関連記事


Amazon : 岩合光昭


投稿者 kihachin : 2014年03月08日 12:00

« 【動画】ジャーナリスト田中宏治さん「いちばん大事なのは、新聞・テレビを信用せず騙されず、自分で情報を取りにいくことです」 | メイン | 【猫の写真】シマミさん親子 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/5164

このリストは、次のエントリーを参照しています: 【猫の写真】レオさんの大脱走!/ホスピタル:

» クリミア半島の紛争を収めるには“協議離婚”の方が合理的  田岡俊次(資料) from 逝きし世の面影
『ナチスに協力したステパン・バンデラの顕彰』 『オレンジ革命』で政権を掌握したウクライナのビクトル・ユーシェンコは、2010年の大統領再選時に支持率低迷を打... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2014年03月09日 10:12