【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 【お知らせ】《緊急院内集会『河野談話つぶしを許さない!』~NHK会長発言・新資料・元「慰安婦」16人の証言を中心に~》(衆議院第一議員会館、2014年03月07日) | メイン | 【お知らせ】公開シンポジウム《「アルコール依存症による自死」をなくすために》(群馬県生涯学習センター、2014年03月15日) »


2014年03月04日

【猫の写真】二階堂公園の猫たち

どんどんアップロードする猫写真
今回は「二階堂公園の猫たち」を紹介します。

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)


以下8枚の写真撮影はわたし(中村順=喜八)です。
写真はクリックすると大きくなります。

二階堂アンジェリナさん

二階堂公園」は「猫の二階堂さんがいる公園」という意味で、わたしが勝手に命名しました。
行政的にはなんとかという名称があるはずですが、よくは知りません。
というわけで、1枚目の写真は二階堂アンジェリナさんです。

以下「アンジェリナ(Angelina)」の由来をくだくだしく。
2001年に公開された映画『トゥームレイダー』で女性冒険家「ララ・クロフト」を演じた女優アンジェリーナ・ジョリーさん(※Googole による関連画像の検索結果)。
映画のララ・クロフトは身体能力が非常に高く、きわめて知的で、気品あるヒロインなんですね。
これは猫の二階堂さんと共通する特徴かな。
猫の二階堂さんと、アンジェリーナ・ジョリー=ララ・クロフトは似ている!
と、先の大雪の後、わたしはハタと気づきました。
さらにはハリイ・ハリスンHarry Harrison)のスラップスティック SF 小説シリーズ「ステンレス・スチール・ラット」のダークヒロイン「アンジェリナ」へのオマージュも加味し…。
それまではただ「二階堂」さんだったのですが、以後は「二階堂アンジェリナ」さんとなりました。
ただこれは長いので、ふだんは二階堂さんとお呼びしています。
それではなぜ「二階堂」か?
という説明は割愛します(笑)。

ともあれ、二階堂さんは当公園の「女王」のような存在です。
わたしが二階堂さんに初めて会ったのが、昨年(2013)春。
当時、彼女はまだ1歳にならなかったようです。
その後しばらくして、二階堂アンジェリナさんのお腹が大きくなっている(妊娠している)ことに、わたしは気づきました。


二階堂レオさん

二階堂レオさん。
二階堂アンジェリナさんの長男です。
2013年初夏、二階堂公園で生まれました。

わたしがレオさんと初遭遇したのは、彼が生後1ヵ月くらいのときだったと思います。
掌(てのひら)に乗るくらいの仔猫(写真)。
二階堂さんはそれが初出産だったはずですが、とても子育ての上手なお母さんでした。
レオさんはお母さんに守られ、また猫サポーターのヒトたち(わたしも含む)にも支えられ、すくすくと育ちます。
また二階堂さん親子はとてもとても仲がいいのでした。
無理に引き離すのは可哀想だと思いました。
そこで「親子離れ」の時期を慎重に見計らい、今年(2014)年01月20日、わたしの家に引き取りました(関連記事)。

2枚目の写真は公園時代のレオさんです。
低木に登って遊んでいます。
二階堂さん親子はともに木登りが好きで得意なのです。


オジサン

オジサン
二階堂アンジェリナさんの弟で、レオさんの叔父さん?
というのは、あくまで推定ですが…。
雄大な体格の猫さんです。
若くして(たぶんまだ満2歳にならない)、この付近のボス猫格となっているようです。
性格は温和で、特に仔猫さんたちには優しいオジサンです。


ハクさん

ハクさん。
お名前の由来は「お鼻の白がハクビシンのよう」だから。
右耳の先がカットされている、避妊手術を受けた女子猫さんです。
ハクさんは二階堂アンジェリナさんの「ライバル」的存在です。
レオさんが公園で育っていたとき、よくハクさんに迫害されていました。
すると二階堂母さんが怒って、ハクさんを追撃することもしばしば。
ハクさんは二階堂公園に隣接する大型商業施設の敷地内にねぐらがあるそうです。


ハルさん

ハルさん。
若い女子ネコさんです(二階堂さんとおなじくらいの年ごろ、2歳くらい?)。
ハルさんの初めて産んだ子供4匹が、ダイさん[黒白]・ヨシさん[サバ白]・キリさん[キジ白]・ミュウさん[キジトラ]でした(関連記事)。
このうちダイさん・ミュウさんはすでにヒトにもらわれていきました。

ハルさんは4匹の仔猫さんがまだ小さい頃、ねぐらから数百メートル離れた二階堂公園まで親子連れでやってくるような賢い猫さんです。
公園では猫好きのヒトたちからご飯をもらえるのです。
そんなハルさん親子もすでに「親子離れ」しているようです。
いまのハルさんは単独で、公園まで「美味しいもの」を求めてやってきます。

以下はハルさん親子に関する弊ブログ記事です。

【猫の写真】ハルさんファミリー
(「喜八ログ」)


ヨシさん

ヨシさん。
ハルさんのお子さまです。
出生時期は、二階堂レオさんよりやや後かもしれません。
ヨシさんは1人で、もしくはキリさんと連れ立って、二階堂公園には時々やって来ます。


キリさん

キリさん。
ヨシさんと共にハルさんのお子さまです。
キリさんのほうがヨシさんより内気、でもしっかり者という印象です。


ゴンちゃん

ゴンちゃん。
ごく最近、二階堂公園に「進出」してきた猫さんです。
左耳の先がカットされています。
避妊手術済のしるしでしょう。
大柄ですが、おとなしい子です。
ゴンちゃんが二階堂公園ではもっとも新しいメンバーです。
あまり歓迎されてはいないようですが…(笑)。


いまの公園では、二階堂アンジェリナさん・ハルさん・ハクさん・ゴンちゃんが「四天王」のような存在感です。
それぞれの関係は、
・二階堂さん vs ハルさん(比較的良好)
・そのほかの猫さん関係(おおむね険悪)
です。
二階堂さんは我が子レオさんをハクさんに苛められたことを忘れていないようで、特にハクさんに対しては強い警戒心を抱いているようです。

二階堂公園の付近は野良猫・地域猫・飼い猫さんたちが多く徘徊する「ネコ多発地帯」です。
公園は地理的・構造的にこの「ネコ多発地帯」の周縁部にあたると言えるでしょう。
二階堂さん・オジサン・ハクさんはもともと公園外で生まれ、長ずるにしたがって、公園や隣接する大型商業施設にねぐらを見つけました。
男子猫のオジサンはおとなになるとともに、再び公園の外にテリトリーを拡大しました。
ハルさんファミリー・ゴンちゃんは公園にはご飯を食べにやって来ます。
そして、わたしはほぼ毎日のように二階堂公園を訪れ、二階堂アンジェリナさんを「猫撫ぜ」し、ハルさん親子・ハクさん・ゴンちゃんたちともしばしば顔を合わせ(オジサンとはたまーに)、うちの猫となったレオさんと夜は一緒に寝ています。
また、公園の近所で野宿する男性、猫サポーターの女性「マリア」さんといった猫なかまのヒトたちとも、折々情報を交換しています(この記事ではそれらの情報を大いに活用させていただきました)。
「リア充」かどうかは知らねど、「ネコ充」であることは間違いない日々を送っています。


スポンサードリンク


当ブログの猫関連記事


Amazon : Nikon


投稿者 kihachin : 2014年03月04日 17:00

« 【お知らせ】《緊急院内集会『河野談話つぶしを許さない!』~NHK会長発言・新資料・元「慰安婦」16人の証言を中心に~》(衆議院第一議員会館、2014年03月07日) | メイン | 【お知らせ】公開シンポジウム《「アルコール依存症による自死」をなくすために》(群馬県生涯学習センター、2014年03月15日) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/5160

このリストは、次のエントリーを参照しています: 【猫の写真】二階堂公園の猫たち:

» 「東西対立」混迷するウクライナと世界経済 from 逝きし世の面影
(ウクライナ国内のロシア語の州別使用率。 ウクライナ全体では家庭内でウクライナ語のみを話す人は38.2%、ロシア語のみを話す人は40.5%、両方で話す人は16... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2014年03月06日 11:17

» 山科「二の講」と大蛇伝説(前編) @ 京都妖怪探訪(335) from 小路のヲタク草紙
[画像]  どうも、こんにちは。  シリーズ前回からまた間が開いてしまいましたが、ぼつぼつと再会していきたいと思います。  今回は、京都市山科区小山地域... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2014年03月06日 11:35