【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 【猫の写真】怪傑ゾロさん | メイン | 宮部みゆき「燔祭」 »


2014年04月22日

【お知らせ】《生活保護制度を考える 基準引き下げは厚労省のブラック指標!?》集会(埼玉県浦和市、2014年04月25日)

生活保護制度を考える 基準引き下げは厚労省のブラック指標!?》集会が、2014年04月25日(金)18時30分〜21時、埼玉県・浦和コミュニティセンター第14集会室で開催されます(アクセス)。
講師は白井康彦さん(「中日新聞」編集委員)。
どなたでも参加可》。資料代500円。
主催は「生活保護制度を考える会」です。

スポンサードリンク

生活保護制度を考える 基準引き下げは厚労省のブラック指標!?》集会講師の白井康彦さんは貧困問題に真摯なまなざしを向けるジャーナリストです。
STOP!生活保護基準引き下げ」アクションのなかまでもあります。
白井さんは生活保護基準引き下げにおける「生活扶助相当CPI(生活扶助相当消費者物価指数)」の《デタラメさ》を追求されています。

論文: 白井康彦「Q&A 絶対におかしい生活扶助相当CPI」『間違いだらけの生活保護「改革」』生活保護問題対策全国会議編、明石書店(2013)75-85頁

(※ビラ画像はクリックすると大きくなります)
生活保護制度を考える 基準引き下げは厚労省のブラック指標!?

(★転載開始★)

生活保護制度を考える 基準引き下げは厚労省のブラック指標!?

と き 4月25日(金)午後6時30分〜9時

ところ 浦和コミュニティセンター第14集会室 (浦和駅東口前パルコ10F/アクセス)

お 話 白井康彦さん(中日新聞編集委員)  資料代 500円

 7月から「改正」生活保護法が施行されるが、生活保護法成立以来、初めて条文に手を入れるという「大改革」だ。生活保護法は憲法25条の生存権に基づき、すべての国民に健康で文化的な生活を保障する法律。国民のナショナルミニマム(最低生活基準)であり、医療・介護保険、最低賃金、就学援助などの基準として、社会保障を支える岩盤の役割を果たしている。

 自民党の「生活保護に関するプロジェクトチーム」は2012年4月に「生活保護費一律10%カットや調査権限の強化」などの政策を発表し、参議院議員片山さつきらが「不正受給が蔓延、生活保護費は高すぎる」と、バッシングの論客として活躍、マスコミはそれを増幅させた。

 こうしたなか、生活保護費の大幅基準引き下げが、昨年8月から3段階に渡って実施されている。中日新聞編集委員の白井康彦さんは、基準引き下げについて「命を削る厚労省のブラック指標であり、前代未聞の算出式である」と指摘する。3年間かけて約670億円の削減がされるが、生活保護利用者の家計を直撃している。生活扶助費とは食費や水光熱費などの生活費を指す。

今回の基準引き下げは、厚労省が恣意的に創作した「生活扶助相当物価指数」というブラック指標で、物価下落が通常の物価指数の2倍以上になるというインチキなデフレ論。総務省の消費者物価指数では2.26%しか下落していないのに、厚労省方式では、生活保護世帯ではなんと4.78%も下落していることになった。早くから厚労省のデタラメを指摘し、中日新聞・東京新聞に記事を発表してきた中日新聞編集委員の白井康彦さんを招いて学習会を行う。ぜひ、ご参加を!

主催 生活保護制度を考える会

E:mail 25jeunokai@gmail.com TEL 070-5430-9958


(★転載終了★)

以下は弊ブログの生活保護関連記事(の一部)です。

Amazon : 生活保護


投稿者 kihachin : 2014年04月22日 08:00

« 【猫の写真】怪傑ゾロさん | メイン | 宮部みゆき「燔祭」 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/5211

このリストは、次のエントリーを参照しています: 【お知らせ】《生活保護制度を考える 基準引き下げは厚労省のブラック指標!?》集会(埼玉県浦和市、2014年04月25日):

» あわわの辻と二条城の夜桜 @ 京都妖怪探訪(346) from 小路のヲタク草紙
[画像]  どうも、こんにちは。  『京都妖怪探訪』と言いながら、このところ桜や梅とかの話ばっかりしているような気がするなー。  などと思えてきたので、こ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2014年04月22日 18:12