【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 【猫の写真】猫と犬がなかよく | メイン | 【猫の写真】「地下猫」さん »


2014年04月25日

【お知らせ】《生活保護緊急110番 ~生活保護基準引き下げ、消費税増税、生活苦SOS~》(電話相談および神奈川会場での面談相談、2014年04月27日)

生活保護緊急110番 ~生活保護基準引き下げ、消費税増税、生活苦SOS~》が、2014年04月27日(日)10時〜16時、実施されます。主催は全国青年司法書士協議会(全青司)です。

電話相談」および「面談相談
電話番号: 【0120-052-088】 (通話料無料・全国共通)
面談相談(神奈川会場のみ/予約不要): 神奈川県司法書士会館1階(〒231-0024 横浜市中区吉浜町1番地/JR根岸線「石川町」駅北口下車徒歩1分/アクセス


スポンサードリンク

全国青年司法書士協議会」のウェブサイトから転載させていただきます。

(★転載開始★)

生活保護緊急110番
~生活保護基準引き下げ、消費税増税、生活苦SOS~

【開催概要】
  日  時  平成26年4月27日(日)午前10時~午後4時
  電話番号  0120-052-088 (通話料無料・全国共通)
  相談方法  電話相談 及び 面談相談(下記会場のみ)
  面談会場  神奈川県司法書士会館1階
        〒231-0024 横浜市中区吉浜町1番地(予約不要)《アクセス

【開催趣旨】
 生活保護制度は、憲法25条に規定されている「生存権」を具体化し、すべての市民に対し、「健康で文化的な最低限度の生活」を保障する、文字通り「最後のセーフティネット」です。
 しかしながら、昨今の情勢を鑑みると、政府は、デフレによる物価下落などを理由として、昨年8月、生活保護基準の引下げを実際に強行し、さらに、今年の4月・来年の4月と2度にわたり、生活保護基準の再度の引き下げを予定しています。また、各地の福祉事務所において、相変わらず、いわゆる水際作戦などの申請権の侵害行為が見らます。
 政府の経済政策により、物価の全面的な上昇が見られ、さらに消費税率の8%へのアップがこの4月に実施され、再度の生活保護基準の引き下げにより、生活保護受給者の実質的な家計状況はさらに苦しくなり、受給者の不安が高まっています。

 当協議会においては、このような状況の中、毎年行っている全国一斉生活保護110番に加え、今回、「生活保護緊急110番~生活保護基準引き下げ、消費税増税、生活苦SOS~」の開催を企画いたしました。
 本110番においては、全国に住む生活困窮者(生活保護受給中の人を含む)を対象に、電話相談(一部地域は面談あり)を開設し、その後、要対応ケースについては、福祉事務所等への同行、審査請求・再審査請求などの諸手続の情報提供・申請サポート等の支援を行います。

 これまで当協議会が実施する全国一斉生活保護110番は、昨年で10回を迎えましたが、相談支援や同行支援などの場面で一定の成果を出し続けてきております。
 今回の生活保護基準の引き下げと受給者・困窮者の生活への生活不安に対し、安心して法律専門職能に相談できる窓口を設けることにより、憲法で保障された市民の生存権を守りつつ、生活保護制度の改悪を食い止めていきたいと思っています。

(★転載終了★)

以下は弊ブログの生活保護関連記事(の一部)です。

Amazon : 生活保護


投稿者 kihachin : 2014年04月25日 08:00

« 【猫の写真】猫と犬がなかよく | メイン | 【猫の写真】「地下猫」さん »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/5214