【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 深尾葉子さんのウェブコラム「タガメとカエルの男女関係学」短期連載(全4回)完了! | メイン | 「死に魅入られた政治家」安倍晋三は必ず負ける »


2014年05月18日

【犬の写真】Big ワンコさん

散策の途中で出会った Big なワンコさんの写真をアップロードします。

スポンサードリンク

以下4枚の写真撮影は喜八(中村順)です。
写真はクリックすると大きくなります。

ワンコさん

ちょっと大回りの散策中、大柄(とっても!)なワンコさんに遭遇しました。
日差し・雨よけのタープを張ってもらって、くつろいでいます。
タープの骨組みは建築資材の鉄パイプ、水飲み容器はバケツというスケールの大きさです。
離れた距離から恐る恐る写真を撮らせてもらっていると…。


ワンコさん

そこに飼い主らしきダンディな男性が登場しました。
むむ、あやしい男(※わたしのこと)がいる。愛犬の危機かも?」と心配されたのかもしれません(すみません)。
わたしはすかさず男性に挨拶をして、「かわいいワンコちゃんですね〜」とお愛想も言います。
そしてその方の了承を得て、Big ワンコさんに接近し、更に撮影を続けました。


ワンコさん

近くで見ると、やっぱり迫力ある Big ワンコさん。
体重は人間の成人男性並み、あるいはそれ以上かもしれません。
お顔の大きさは、ほとんどのヒトより大きいでしょう。


ワンコさん

飼い主さんにうながされて「待て」「おすわり」を実行するワンコさん。
意外に可愛い感じもありますが…やっぱり「怖い!」ですね(汗)。
でも、おとなしい子でした。
飼い主さんが登場する前も後も「吠える」「うなる」ようなことは一切ありません。
わたしは明らかに「ニャンコ系」人間ですが、犬さんたちも好きで、ところどころのおうちのワンコさんたちと(勝手に)仲良くなる、という趣味も持っています。
また近いうちに、大回りの散歩をしつつ、Big ワンコさんに会いにいきたいと思います。

まだまだ少ない弊ブログの【犬の写真】シリーズ。

Amazon : Nikon


投稿者 kihachin : 2014年05月18日 08:00

« 深尾葉子さんのウェブコラム「タガメとカエルの男女関係学」短期連載(全4回)完了! | メイン | 「死に魅入られた政治家」安倍晋三は必ず負ける »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/5240