【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 【猫の写真】鉄ちゃん | メイン | 【猫の写真】表情ゆたかな二階堂さん »


2014年05月29日

【お知らせ】《第2回 日隅一雄・情報流通促進賞表彰式》(東京・日比谷、2014年06月12日)

第2回 日隅一雄・情報流通促進賞表彰式》が、2014年06月12日(木)18時45分〜20時15分、東京・日比谷コンベンションホール・大ホール(東京都千代田区日比谷公園1-4〈旧・都立日比谷図書館〉/アクセス)で行なわれます。入場無料です。

日隅一雄・情報流通促進賞2014大賞決定!

スポンサードリンク

日隅一雄さん(ひずみ かずお/弁護士/1963-2012)は産経新聞記者を経て弁護士となり、インターネット新聞「News for the People in Japan」編集長などの活動を通じて、市民社会に多大な貢献をされました。
特に2011年03月12日の東京電力原発過酷事故発生以降は、東京電力・政府・「原子力ムラ」の責任を厳しく追求。末期がんで「余命半年」と宣告された後も、日隅一雄さんは前にも増して精力的な活動を展開されました。
わたしは2008年頃、知人から「日隅さんの働きぶり──弁護士として、市民活動家として──は誰にも真似できないほど猛烈なので、周囲の人たちは彼が早死するのではないかと、かなり本気で心配している」とお聞きしたことがあります。
残念ながら、その危惧は当たってしまいました。
日隅一雄さんは2012年06月12日逝去され(享年49歳)、その2周年の日に《第2回 日隅一雄・情報流通促進賞表彰式》が行なわれます。

(★転載開始★)

第2回 日隅一雄・情報流通促進賞表彰式
2014年6月12日 於日比谷コンベンションホール(大ホール)

(転送、転載大歓迎)

日隅一雄・情報流通促進賞は、表現の自由、情報公開、国民主権の促進に生涯を捧げた日隅さんの理念を基に、日隅一雄・情報流通促進基金によって2012年に設立されました。公正な情報の流通の促進をし、真の国民主権の実現に貢献している個人や団体を顕彰し、支援を行うことを目的としています。
このたび、選考委員による選考を経て本年度の受賞者を決定し、下記のとおり、日隅さんの二周忌である6月12日に表彰式と選考委員のミニ講演会を開催いたします。

多彩な受賞者のみなさまからスピーチをいただくとともに、今後の日本社会のあり方をみなさまとともに考えたいと思います。
みなさまのご参加をお待ちしております。

●プログラム

<選考委員による講演>
「壊す、拾う、創る」 落合恵子(作家)
「秘密保護を越えて開かれた政府へ」 三木由希子(情報公開クリアリングハウス理事長)

<表彰式(かっこ内は贈賞項目・理由等)>
・大賞
満田夏花・阪上武
(フクロウ・FoEチャンネルによる福島原発事故の被害者支援や情報発信活動等)

・奨励賞
日野行介
(書籍「福島原発事故 県民健康管理調査の闇」)
海上ヘリ基地建設反対・平和と名護市政民主化を求める協議会
(米軍基地建設に反対する運動)

・特別賞
福島原発事故記録チーム
(書籍「東電テレビ会議 49時間の記録」)
秘密保全法に反対する愛知の会
(秘密保護法成立反対及び成立後の廃止のための活動)

●日時
2014年 6月12日(木)午後6時45分~8時15分(開場 午後6時15分)

●会場
日比谷コンベンションホール(大ホール)
東京都千代田区日比谷公園1-4(旧・都立日比谷図書館)
東京メトロ 丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」C3(※C4出口工事中)・B2出口より徒歩約5分
都営地下鉄 三田線「内幸町駅」A7出口より徒歩約3分
東京メトロ 千代田線・日比谷線「日比谷駅」 A14出口より徒歩約7分《アクセス

●参加費
無料

●主催
日隅一雄・情報流通促進基金

●共催
NPJ(News for the People in Japan)

【問い合わせ先】東京千代田法律事務所 03−3255−8877

(★転載終了★)

(※ビラ画像はクリックすると大きくなります/PDFファイル〈表・裏〉はこちらです)
第2回 日隅一雄・情報流通促進賞表彰式

Amazon : 日隅一雄


投稿者 kihachin : 2014年05月29日 08:00

« 【猫の写真】鉄ちゃん | メイン | 【猫の写真】表情ゆたかな二階堂さん »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/5251

このリストは、次のエントリーを参照しています: 【お知らせ】《第2回 日隅一雄・情報流通促進賞表彰式》(東京・日比谷、2014年06月12日):

» 大飯原発「運転差し止め」は最高裁原発訴訟特別研究会の成果 from 逝きし世の面影
『福井地裁判決に影響したのか』5月23日付け共同通信記事  【原告勝訴の大飯原発差し止め訴訟】 (資料) 『福島事故に向き合う裁判官 背景に最高裁研究会』 ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2014年05月29日 11:30