【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 【お知らせ】生活保護制度を考える集会情報(2014年05月下旬) | メイン | 【お知らせ】「大阪市の生活保護行政を考える市民集会~区役所交渉でなにがわかったのか~(仮称)」(大阪市エルおおさか、2014年05月28日) »


2014年05月24日

【猫の写真】レオさん、謎の回廊をゆく(公園時代)

元野良猫レオさん(母親は二階堂さん)。レオさんは生後約半年間は二階堂公園ですくすくと育ち、2014年01月20日からはウチの子になりました。彼の公園時代に撮影した、一風変わった写真です。

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)

スポンサードリンク

以下3枚の写真撮影はわたし(中村順=喜八)です。
写真はクリックすると大きくなります。

二階堂レオさん

SF映画の一場面のような、レオさん。
画家の知人からは《教会の廻廊を襲撃する猫」の図に見えますね。「逃げ惑うネズミの司祭達」と言う、コラージュを付けたくなります》というコメントもいただいた写真です。
さて、ここは何処?
周囲に見えるものは何でしょうか?


二階堂レオさん

タネ明かしをしますと、公園入り口に設置された「蛇腹式開閉ゲート(折りたたまれている状態)」の中に潜り込んだの図です。
わたしは撮影しつつ「アブナイ! 出てきなさい!」と言いまくりでした。
もし変な落ち方をしたら、中で身動きできなくなる危険性があったと思います。


二階堂レオさん

このときに限らず、アブナイ遊びが大好きなレオさんです。
思えばこの頃から「レオさんを早くウチに引き取ろう」という決意が急激に高まっていったんですね。
この5日後、わたしはレオさんを公園から連れ帰りました。
そうして、レオさんは晴れて我が家の子となったのです(関連記事: 二階堂レオさん、うちの子になる)。

「喜八ログ」の二階堂さんたち関連記事です。

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)

Amazon : Nikon


投稿者 kihachin : 2014年05月24日 08:00

« 【お知らせ】生活保護制度を考える集会情報(2014年05月下旬) | メイン | 【お知らせ】「大阪市の生活保護行政を考える市民集会~区役所交渉でなにがわかったのか~(仮称)」(大阪市エルおおさか、2014年05月28日) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/5246

このリストは、次のエントリーを参照しています: 【猫の写真】レオさん、謎の回廊をゆく(公園時代):

» 東寺観智院・五大の庭 @ 京都妖怪探訪(352) from 小路のヲタク草紙
[画像]  どうも、こんにちは。  平安京時代初期から京都を守護するために創建された真言宗総本山・東寺。  JR京都駅の近く、京都市の中心部にあるこの古刹... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2014年05月27日 11:48