【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 【夢の話】夢の中でも猫を撮る(ヒトの美女も) | メイン | 深尾葉子さんのウェブコラム「タガメとカエルの男女関係学」短期連載(全4回)完了! »


2014年05月16日

【猫の写真】二階堂さん&レオさん親子(その2)

レオさん(今はうちの子)、母親二階堂さんの2ショット写真@二階堂公園その2です(その1)。

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)

スポンサードリンク

以下6枚の写真撮影は喜八(中村順)です。
写真はクリックすると大きくなります。

二階堂さん親子

母・二階堂さんに舐めてもらうレオさん。
二階堂親子はどちらも愛情深いニャンコさんたちです。
レオさんは生後半年頃からウチの子になりましたが、「情が濃い」感じがします。


二階堂さん親子

小雨が降る中、二階堂親子のそろい踏み。
繊細な感じの縞模様が似ていますね(特に背中)。
しっぽも含めて全身で「パフォーマンス」しているようです。


二階堂さん親子

ギョッ!」とした表情のレオさん。
このとき幼稚園児数十人が先生に引率されて公園を訪れたのでした。
ニャンコを見つけた園児たちが歓声を上げて駆け寄ってきます。
すかさずサッサと避難するお母さん。
レオさんもこの後すぐ植栽の中に逃げ込みました。
ヒトのお子さまがたは「猫がもっとも苦手とする集団」かもしれません(笑)。


二階堂さん親子

二階堂さん親子。
ここは二階堂公園に隣接した別の公園です。
ホームグラウンドの公園で植栽の手入れが行なわれているため、親子で避難中。
こういうところは実に賢い二階堂母さんです。


二階堂さん親子

二階堂さん親子は揃って「小顔」です。
耳も大きめ(特にレオさん)。
そのためオトナになっても、仔猫のようなお顔に見えます。
レオさん、目のまわりの毛が黒くて「アイシャドー」をしているみたいです。
男子ですけれど。


二階堂さん親子

公園時代、レオさんの鳴き声はとても小さいものでした。
しわがれたような声で「ぎぎ」と鳴きました。
お母さんの二階堂さんも、他のネコ(主にハクさん)と喧嘩をするとき以外は、あまり声をだしません。
野良猫さんは一般に「無口」な子が少なくないようです。
うちに来てから、レオさんは普通に鳴くようになりました。
特に動物病院に行く時などは、「迷惑じゃー!」と言っているらしく、盛大にニャーニャー騒ぎます…。

二階堂さん&レオさん親子(その3)に続きます。

「喜八ログ」の二階堂さんたち関連記事です。

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)

Amazon : 鐸木能光


投稿者 kihachin : 2014年05月16日 08:00

« 【夢の話】夢の中でも猫を撮る(ヒトの美女も) | メイン | 深尾葉子さんのウェブコラム「タガメとカエルの男女関係学」短期連載(全4回)完了! »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/5238

このリストは、次のエントリーを参照しています: 【猫の写真】二階堂さん&レオさん親子(その2):

» 益々加熱する「美味しんぼ」騒動 from 逝きし世の面影
『美味しんぼ 広がる波紋』 毎日新聞5月15日朝刊では1面と3面で『美味しんぼ 広がる波紋』『鼻血描写 閣僚ら異例の批判』と題して大きく報道している。 4月... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2014年05月16日 10:17