【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 【猫の写真】ヨシさん・ハルさん親子の寸劇 | メイン | 【猫の写真】二階堂さん&レオさん親子(その3) »


2014年06月03日

【お知らせ】写真展「けせらん ぱさらん」《写真:うてつ あきこ 詩:めげぞう》(東京・飯田橋、2014年06月07日・14日・21日)

写真展「けせらん ぱさらん」《写真:うてつ あきこ/詩:めげぞう》が、東京・飯田橋の「サロン・ド・カフェこもれび(※)」で開催されています。
残りの展示日時は、2014年06月07日・06月14日・06月21日の各土曜日11時〜17時です。
入場無料(※可能ならばカフェでのオーダー[100円〜]をお願いします)。
なお、21日は『もやい13周年&こもれび荘10周年記念パーティー』だそうです。

(※「サロン・ド・カフェこもれび」は「NPOもやい」が運営するコミュニティカフェです/東京都新宿区新小川町8-20/地図

スポンサードリンク

写真展「けせらん ぱさらん」

写真展「けせらん ぱさらん
写真:うてつ あきこ 詩:めげぞう
展示日時:サロン・ド・カフェこもれび開店日
6/7、6/14、6/21
午前11時~午後5時
展示場所:こもれび荘1階 《東京都新宿区新小川町8-20/地図

【うてつあきこさんより】
山形の郷土資料館で見た、ケセランパサラン。
空から降ってくるふわふわした綿毛のような、伝説の生き物で、幸せを運ぶと言われています。
うてつが東京の片隅でケセランパサランを探すように、毎日少しずつ撮り続けた写真たち。
今回、豊かで繊細な感性を持つ、めげぞうさんの詩とともに展示させていただくことになりました。

【めげぞうさんの詩】

『ひねくれもののうた』

後ろを向いてあるこう
背後からせまる
悲しみの色を
見失わぬように

下を向いてあるこう
崩れ落ちたそこが
私の底だから
何度でも 何度でも
底に沈もう

目を閉じてあるこう
こころの中の私は
同じ気持ちだろうか

横を向いてあるこう
大切なあの人は
笑顔の下で 
何を想うのだろう

上を向いてあるこう
あちらの人も私も
いつかは同じなのだから

前を向いてあるこう
目に映る景色を
愛しいものたちを
忘れぬように

以下は「NPOもやい」ウェブサイトの関連記事です。

Amazon : 猫の写真集


投稿者 kihachin : 2014年06月03日 08:00

« 【猫の写真】ヨシさん・ハルさん親子の寸劇 | メイン | 【猫の写真】二階堂さん&レオさん親子(その3) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/5256

このリストは、次のエントリーを参照しています: 【お知らせ】写真展「けせらん ぱさらん」《写真:うてつ あきこ 詩:めげぞう》(東京・飯田橋、2014年06月07日・14日・21日):

» 全員がまったく同じ「間違い」を犯す場合 from 逝きし世の面影
『一流科学者の罵倒芸「神は妄想である」』 『利己的な遺伝子』の著者である生物学者リチャード・ドーキンスは、『ある一人の人物が妄想にとりつかれているとき、それ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2014年06月03日 09:59