【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 【お知らせ】生活保護問題対策全国会議設立7周年記念集会「”生活保護バッシング”は何をもたらしたのか」(東京・四谷、2014年07月20日) | メイン | 【猫の写真】剽軽なポンさん »


2014年06月16日

写真展「けせらん ぱさらん」と「第7回ゆんたく高江」に行ってきました

2014年06月14日(土)は写真展「けせらん ぱさらん」(NPOもやい・こもれび荘)と「第7回ゆんたく高江」(新宿NPO協働推進センター)を訪れました。

スポンサードリンク

以下10枚の写真撮影はわたし(中村順)です。
今回は写真をクリックしても大きくなりません。

こもれび荘とクマタロウ

写真展「けせらん ぱさらん」(写真:うてつ あきこ 詩:めげぞう)が開催されている、「NPOもやい」こもれび荘にやって来ました。
向かって左側の建物がこもれび荘です。
中央に鎮座するはクマタロウさん。


うてつあきこさん

うてつあきこさん。
今回展示された写真の撮影者です。
うてつさんは「もやい」のコミュニティカフェ「サロン・ド・カフェ こもれび」の初代コーディネーターです。
現在はある女性施設の生活相談員として勤務されています。
またDV(ドメスティック・バイオレンス)支援者のためのサロンを定期的に主催しています。


こもれび荘室内

カフェの壁に、うてつあきこさんの写真と、めげぞう(ぐり)さんの詩が展示されています。
じっくり拝見させていただきました。
シンプルな写真の額がお洒落です。
としっかりチェック…。


めげぞう(ぐり)さん

めげぞう(ぐり)さん、今回の展示で詩文を担当されています。
ぐりさんは「サロン・ド・カフェ こもれび」の二代目コーディネーターです。
つまり今回の展示はサロンの初代&二代目(現)担当者2人のコレボレーション企画なのでした。


週替りランチ

「サロン・ド・カフェ こもれび」の週替りランチ。
三色丼・冷奴・なめことわかめの味噌汁》飲み物付き350円を美味しくいただきました。
ご馳走さまでした!


「M」さんのオブジェ

M」さん制作のオブジェが、サロンの前に飾られていました。
「M」さんは毎月第3土曜日に「NPOもやい」で「女性限定リラクゼーション」のボディケアを担当されています。
06月第3土曜の21日には「もやい13周年&こもれび荘10周年記念パーティー」が開催されるため、繰り上げて14日に「女性限定リラクゼーション」が行なわれました。


山本由里子さん

山本由里子さんが「M」さんのボディケアを受けに来ました。
山本さんはメッセージクロス作者「M」さんのお友だちです。
今回写真を掲載させていただいた、うてつさん・ぐりさん・山本さんたちの生き方は立派だなーと、わたしはつくづく思い、尊敬しております。
とは、いささか大袈裟な表現かもしれませんが…(汗)。
こういうことはシンプルに正直に発言しよう、とこの頃のわたしは思っています。
なお、3人の方たちには弊ブログへの写真掲載許可をいただいています。


新宿NPO協働推進センター

こもれび荘には予定よりちょっと長く午後5時近くまで滞在しました。
その後「第7回ゆんたく高江」にやって来ました。
同じ東京都新宿区内(ただし地下鉄で3駅離れた)の新宿NPO協働推進センターが会場です。


第7回ゆんたく高江

第7回ゆんたく高江
2014年6月14日(土)
会場:新宿NPO協働推進センター
(高田馬場駅下車徒歩15分)
   12:00開場 12:30開演(19:00終演予定)
※入場無料(カンパ歓迎!)
沖縄県東村高江は、豊かな水と森に囲まれた小さな集落です。
2007年7月に米軍の軍事訓練のためのオスプレイパッド建設工事が開始されてから、高江では静かな暮らしと自然と平和を守るため、座り込みによる抗議が続いています。
ドキュメンタリー映画『標的の村』の全国上映により、多くの人が高江の座り込みについて知ることになりました。
高江が抱えている問題を一人でも多くの方々に知ってもらいたい!
住民の暮らしを守りたい!そして、ぜひ高江に足を運んでほしい。
高江からのゲストによるトークと出し物、音楽ライブやおいしいフード、資料の展示などを通して、ゆったりと高江を感じることができるイベントにしたいと思っています。
お気軽にお越し下さい。

※「第7回ゆんたく高江」の詳細はこちらで。

わたしは「ゆんたく高江」の人たちを何年も前から尊敬しています。
と、これもシンプルに正直に…。


「第7回ゆんたく高江」には主に「たべ・のみ・スペース かけこみ亭」 (東京都国立市谷保)のぼけまるさんに挨拶させていただくため訪れました。
写真はぼけまるさんたちが用意された、スタッフのための食事です。
向かって左側、発砲スチロール箱にはお握りが用意されています。
お勧めいただいたのをいいことに、遠慮なくご馳走になるわたし。
ご馳走さまでした!
ぼけまるさんと共通の知人は、マナさん、U子さん、鈴木雅子さん、永瀬ユキさん…。
これらの方たちはぼけまるさんのことをとても信頼されているようです。
それでわたしも「たまには、ぼけまるさんに直接お目にかかって挨拶しておこう」と思い立ったという次第でした。

というわけで06月14日は──ふだん猫とばかり会話しているわたしとしては珍しく──多くの方たちに挨拶させていただき、お話させていただきました。
皆さま、ありがとうございました!

Amazon : Nikon


投稿者 kihachin : 2014年06月16日 08:00

« 【お知らせ】生活保護問題対策全国会議設立7周年記念集会「”生活保護バッシング”は何をもたらしたのか」(東京・四谷、2014年07月20日) | メイン | 【猫の写真】剽軽なポンさん »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/5269