【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« ワシーリー・グロスマン『人生と運命』 | メイン | 【お知らせ】研修会「今、改めて生活保護と扶養義務のあり方を考える~生存権保障が空洞化する前に~」(兵庫県・神戸クリスタルタワー、2014年07月12日) »


2014年06月20日

【猫の写真】公園時代のレオさん(その1)

二階堂レオさんの「公園(野良猫)時代」写真です。

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)

スポンサードリンク

レオさんは野良猫二階堂さんの子どもとして、某公園で生まれました(関連記事: 【猫の写真】仔猫さんたちと二階堂さん)。
その後、2014年01月20日に生後約6ヵ月のレオさんをウチに引き取りました(関連記事: 二階堂レオさん、うちの子になる)。
今は我が家で大変にのさばっています(笑)。
以下6枚の写真撮影はわたし(中村順=喜八)です。
写真はクリックすると大きくなります。

二階堂さん&レオさん親子

二階堂母さん(キジトラ)とレオさん(キジ白)親子。
猫サポーターのヒト(男性)から猫缶&ドライフードをもらっています。
写真では分かりにくいのですが、レオさんが口をつけるまでは、ご飯を食べようとしない二階堂さん。
多くの母猫さんは(およびヒトの母も)、子どもが飢えていても、自分の食欲を優先させるようですが…。
二階堂さんはそうではなくて、相当に賢いニャンコさんです。


レオさん

にゃにゃにゃー!」と興奮するレオさん。
視線の先には二階堂さんのしっぽが…。
お母さんのしっぽが格好の「おもちゃ」なんですね。


レオさん

二階堂公園のグリーンベルトには日当たりのいい場所、(もちろん)日陰、雨宿りできる場所などもあるようです。
二階堂さん親子は普段ひっそりと隠れています。
猫好きのヒトを確認すると姿を現すこともあり…現さないこともあります。
その辺はニャンコらしく、気まぐれです。


レオさん

レオさん、上の写真だと左右の目の大きさが異なって見えますが…。
これは、目のまわりの黒いアイラインみたいな毛並みのための「効果」のようです。


レオさん

この写真を撮った時、レオさんが男子だと初めて分かりました!
それまではずっと女子ネコさんだと思っていました。
わたしだけでなく、多くの方が同様の勘違いをしていました(動物病院の先生も)。


レオさん

レオさん、大きくなってきました。
この頃、生後およそ3ヵ月くらいだと思います(レオさんは2013年07月中旬に誕生〈推定〉)。
それにしても、賢そうでかわゆいレオさん。
わたしも二階堂さん親子を家に連れて帰りたいと思いつつ…。
なかなかそこまで踏み切れず、優柔不断に悩んでいました。

公園時代のレオさん(その2)に続く。

「喜八ログ」の二階堂さんたち関連記事です。

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)

Amazon : Nikon


投稿者 kihachin : 2014年06月20日 09:30

« ワシーリー・グロスマン『人生と運命』 | メイン | 【お知らせ】研修会「今、改めて生活保護と扶養義務のあり方を考える~生存権保障が空洞化する前に~」(兵庫県・神戸クリスタルタワー、2014年07月12日) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/5273

このリストは、次のエントリーを参照しています: 【猫の写真】公園時代のレオさん(その1):

» 浄福寺・護法大権現 @ 京都妖怪探訪(356) from 小路のヲタク草紙
[画像]  どうも、こんにちは。  今回は天狗伝説の遺されている京都市内の古刹と、天狗が祀られている境内社を紹介します。    長い歴史の中で、京都はいく... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2014年06月20日 19:26