【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 【お知らせ】写真展「けせらん ぱさらん」《写真:うてつ あきこ 詩:めげぞう》(東京・飯田橋、2014年06月07日・14日・21日) | メイン | 自宅ラーメンの具について »


2014年06月04日

【猫の写真】二階堂さん&レオさん親子(その3)

二階堂さん&レオさん親子の写真その3です([その1]・[その2])。

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)

スポンサードリンク

以下6枚の写真撮影はわたし(中村順=喜八)です。
写真はクリックすると大きくなります。

二階堂さん、レオさん

レオさん、二階堂公園の水飲み場で。
不安定な体勢です(笑)。
お母さんの二階堂さんが向かって右側の植栽に潜んでいます。


レオさん

じつは木登りが好きな、レオさん。
細い枝がいまにも折れそう…。
レオさん、わたしが近くにいると、よくこの木に登るようです。


二階堂さん

お母さんの二階堂さんも負けじと(?)木登り。
二階堂さん親子は揃って木登りニャンコ。
レオさんはお母さんのマネを、だいたい何でもします。


二階堂さん、レオさん

二階堂さんとレオさんはとても仲のいい親子です。
とはいえ、この頃すでに「親子離れ」が進行していました…。


二階堂さん、レオさん

二階堂さんとレオさん親子、ちょっと高いところに上がって、日向ぼっこ。
狭いところに、ちょこんと並んでいます。
時間帯によって陽のあたる場所が変わっていき、二階堂さんたちも移動していきます。


二階堂さん、レオさん

レオさん(手前)と二階堂さん親子。
植栽の中、陽だまりでノンビリ…。
こうやって見ると、ずいぶん大柄なレオさんです(※当時まだ半歳弱)。
でも、身体を触ってみると、「ひよひよ」とした頼りない感じです.
レオさんにに触れる回数が増えるに従って、「早くうちに引き取ろう。でも仲のいい親子を裂くのは可哀想」という逡巡も深まります。
この頃、二階堂さん親子見守りネットワーク(仮称)の人たちにも根回しをして、「親子離れが何時訪れるか?」毎日チェックしていました。

「喜八ログ」の二階堂さんたち関連記事です。

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)

Amazon : Nikon


投稿者 kihachin : 2014年06月04日 08:00

« 【お知らせ】写真展「けせらん ぱさらん」《写真:うてつ あきこ 詩:めげぞう》(東京・飯田橋、2014年06月07日・14日・21日) | メイン | 自宅ラーメンの具について »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/5257