【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 写真展「けせらん ぱさらん」と「第7回ゆんたく高江」に行ってきました | メイン | 【転載】「北限のジュゴン調査チーム・ザン」沖縄防衛局と海上保安庁への要望書 »


2014年06月17日

【猫の写真】剽軽なポンさん

ふだん撮影している猫写真を徐々にアップロードしています。
今回は「ポン」さんの登場です。

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)

スポンサードリンク

以下4枚の写真撮影はわたし(中村順=喜八)です。
写真はクリックすると大きくなります。

ポンさん

ポンさん、とあるおうちの門前に佇(たたず)むの図。
剽軽で、人なつこく、活動的な子です。
ポン」というお名前に特に由来はなくて、お顔を見ていたら、自然に思いつきました。
──で、勝手に名付けさせていただきました(ちゃんの場合と同じです)。


ポンさん

ポンさんの写真を撮影中、高齢男性(ヒト)が通りかかりました。
そして、地面に這いつくばって写真を撮るわたしを、しげしげと眺めていました。
ネコ好きな方なのか?
はたまた「ネコも猫写真家も困ったものだ!」と、忌々(いまいま)しく思われている方なのか?
こういう判別はむずかしい…。
結局、その男性は沈黙のまま歩み去って行きました。
ネコ好きの方、と思うことにします。


ポンさん

この「すりすり」ポーズ、にゃんともかわいいですね。
剽軽なだけでなく、なかなかハンサムなポンさんです。
「ぬいぐるみ」っぽい雰囲気もあります。


ポンさん

ポンさんはハルさん・ヨシさん・キリさんのご近所さんです。
また夜になると、数百メートル離れた二階堂公園を訪れ、公園で寝泊まりしているヒトたちにご飯をねだるそうです。
はたしてポンさんは「野良猫」さんなのか? 「地域猫」さんなのか? 「家あり猫(飼い猫)」さんなのか?
その辺の判別も困難です。
もっとも、多くのにゃんこさんたちは「周縁的」で「無境界」な存在ですから、人間の側が無理にカテゴリ分けする必要もないのかもしれません…。

Amazon : 鐸木能光


投稿者 kihachin : 2014年06月17日 08:00

« 写真展「けせらん ぱさらん」と「第7回ゆんたく高江」に行ってきました | メイン | 【転載】「北限のジュゴン調査チーム・ザン」沖縄防衛局と海上保安庁への要望書 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/5270